ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《無双と竜騎の伝説》考察 -あの時の悪夢をもう一度【デュエルマスターズ】

 ちょっと久々に身体を動かしたんです、ポフルです。

 

今回は《無双と竜騎の伝説》ですね。

名前からして嫌な予感しかしないのですが、とにかく考察してみましょう。

 

 


無双と竜騎の伝説

火/自然文明 コスト7 呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■パワー6000のクリーチャーを全て破壊する。

■このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

■追加ターンにこの呪文を唱えることはできない。


 

 

考察

ただ唱えるだけでエクストラターンを得ることができるという、どう好意的に考えてもブッ壊れている呪文ですね。

 

前半のパワー6000のクリーチャーを全て破壊するという、元となった《無双竜騎 ボルバルザーク》と同じ効果についてはかなり限定的な効果なので良い意味でも悪い意味でも気にする必要はなさそうです。これが6000以下全て破壊とかなら本当に「何故刷った」レベルの代物です。

メインはやはりエクストラターンを得る効果になるでしょう。

 

数あるエクストラターンを得るカードの中でもその獲得条件が唱えるだけとかなり実用的。他のカードと比べると、デッキ内容をエクストラターン獲得のために特化しなくても良いことはかなり嬉しいところですね。

 

ただし、7マナ溜まった時点で即唱えたいかは考えどころ。元となった《無双竜騎ボルバルザーク》と違いこのカード自体に打点は無いので、自身のクリーチャーの打点が揃っている時、次のターンに勝つことが確定している時などにしたいです。

もちろん、そういった事を考えずとも膨大なアドバンテージを獲得することは可能ですが、できればこのカードを使って余ったマナで何かしらのアドバンテージを得る事ができるようにしたいですね。

《龍素記号Srスペルサイクリカ》はこのカードを唱えつつ打点を確保できるカードですが、パワー6000のクリーチャーなので破壊されてしまいます。

……あれ、調整うますぎない?

 

連続で唱えて、何回もエクストラターンを獲得してしまいたいところですが、追加ターンに唱える事ができないという制限が邪魔をします。

……ちなみにこのデメリット、案外良い調整かもしれません。このカードを何枚もデッキに積んでしまうと、マナを大量に溜めないと同名カードが手札で腐ってしまうデメリットも抱えています。

一度に何ターンものエクストラターンを獲得したい場合、獲得したエクストラターン中にこのカードを唱えることができない以上、この呪文を1ターンの間に何枚も唱える必要がありますね。

 

何かしらの無限ループに巻き込みたいところですが、その辺りについては私疎いので他の先導者の存在を待ちましょう。

 

《龍素知新》で5ターン、《王機聖者 ミル・アーマ》も含めて4ターンで使う事ができます。色的にもできる事的にもそのターン数で唱える必要性は微妙ですが、覚えておいて損はなさそうです。ジャスティスループなんかで無限にこの呪文を唱えてエクストラターンとかできませんかね。色的にきつそうですが。

 

このカード単体でも強いことには変わりないのですが、ポテンシャルを最大限に生かすためにはコンセプトを考えた上で使いたいところです。

《無双竜騎ボルバルザーク》の二の舞にはならなさそうです。……恐らく。

 

デッキを選ばずにエクストラターンを得ることができるということで、マナをそこそこ伸ばせるデッキで色さえ合えば採用することが可能ですね。

ビッグマナ系のデッキでは、マナブーストのためのターンを1ターン余分に獲得できる事から採用される可能性もありそうですね。

《メンデルスゾーン》の安定性を考慮しないのであればモルトNEXTもありですかね。

 

 

まとめ

名前のインパクトに負けない、トンデモ効果ですね。

緩過ぎる条件でエクストラターンを得ることは可能ですが、できれば何かしらの工夫はしたいところです。とはいえ「このカードを使って次のターンに勝ち筋を見つけて勝ち」という状況も、一枚一枚のカードパワーが高くなった現環境ではあり得るので、やはりかなりスペックの高い呪文だと言えるでしょう。

 

このカード1強という環境は無い……と信じたいですね。

 

 

以上。《キング・ボルバルザーク》を強いと言っていた自分が懐かしい。ポフルでした。