ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《カラフル・ナスオ》考察 -おしゃれダンディーなこの子は効果もダンディー【デュエルマスターズ】

彼女に「ポフルって《カラフル・ダンス》好きだよね」と言われるくらいには《カラフル・ダンス》について話したことがあります。ポフルです。

 

ゴールデンベスト新規収録の《カラフル・ナスオ》。このカードも彼女に「絶対好きやん」と言われました。

名前から《ダンディ・ナスオ》と《カラフル・ダンス》を意識したものになっている事は明白ですね。

早速考察していきましょう。

 

 

カード情報

 


カラフル・ナスオ

自然文明 ワイルド・ベジーズ

コスト4 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚をタップしてマナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンのカードを4枚、墓地に置く。


 

 

考察

《ダンディ・ナスオ》よりも《カラフル・ダンス》を意識したクリーチャーになっていますね。マナがタップインする事やマナに置く枚数と墓地に置く枚数の違いがあるので、クリーチャー版調整後《カラフル・ダンス》と捉えても良さそうです。

 


カラフル・ダンス

自然文明 コスト4 呪文

■自分の山札の上から5枚を、マナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンのカードを5枚、墓地に置く。



ダンディ・ナスオ

自然文明 ワイルド・ベジーズ

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選んでマナゾーンに置き、マナゾーンからカードを1枚選んで墓地に置く。その後、山札をシャッフルする。


 

 

基本的には調整後《カラフル・ダンス》なので、強い部分も弱い部分もほぼ《カラフル・ダンス》と同じです。マナの調整と墓地の調整ができるこのカードは、墓地を使うデッキとの相性、そしてマナを使うデッキとの相性が良さそうですね。

 

《カラフル・ダンス》と違う点の中で大きいものは、クリーチャーである事とマナがタップインされる事です。

クリーチャーなので打点や進化元として扱える事、タップインする事から、この子を出したターンと同一ターンに他のカードを使うという行動がやりにくくなっています。《カラフル・ダンス》が「マナのカードを起き上げつつ墓地を肥やす呪文」として扱えたという問題点がこのテキストで調整されていますね。

 

《カラフル・ダンス》がコンボデッキで活躍できるスペックである通り、こちらもコンボデッキで扱いたいところです。

スペースチャージによる大量のアドバンテージ獲得、《再誕の聖地》を使った大量マナブースト等。単純に墓地に特定のキーカードを落としたいデッキでのある程度確実な墓地肥やし要員、マナのカードを墓地に落とす事による疑似的なマナ回収要員として扱うのも良さそうですね。

 

元々カラフル・ダンスでできた事を紹介するのもアレなので、《カラフル・ナスオ》にしかできない事で考えましょう。

マナと墓地を同時に整える効果、そしてフィールドにクリーチャー、つまり進化元が残る事から《マイト・アンティリティ》との相性は抜群です。

 


マイト・アンティリティ

 自然文明 グランセクト

コスト6 パワー8000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを2体、自分の墓地からマナゾーンに置く。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

  KP-コスト4以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

出た時の効果によって、墓地に置いたカードをマナに置き直し、調整したマナを《マイト・アンティリティ》のキズナプラス効果で有効活用という方法が可能です。

マナカーブ的には4→6と繋がらないのですが、《狂気と凶器の墓場》や《インフェルノ・サイン》と併用する事で4→5と綺麗に動くことが可能です。

カラフル・ナスオ自身も《マイト・アンテリティ》の効果で出す事が可能ですが、そこまでしたいかはデッキと相談ですね。

 

また、マナのカードの質に左右される緑系のコンボデッキにおいて、マナを整えるために採用される事もあるかもしれません。

コスト4のクリーチャーということで《邪帝斧 ボアロアックス》系統のドラグハートによってマナから呼び出す事ができる事も利点でしょう。新たに置かれるカードがタップインであることが響きそうではありますが。

 

とにかく相性の良いデッキとはとことん相性が良いカードなので、色んなデッキを考案してみたいですね。

 

 

欠点

《DG ~裁キノ刻》との相性は最悪の一言です。

 


DG 〜裁キノ刻〜

無色 メタリカ

コスト2 パワー2000

このクリーチャーは攻撃できない。

名前に《DG》とある自分の他のクリーチャー全てのパワーを+5000する。

いずれかの山札からマナゾーンまたはバトルゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを自身の山札の一番下に置く。


 

 

カラフルナスオの効果は全て強制効果なので、この子を出すだけでマナのカードが4枚吹き飛ぶだけのカードになってしまいます。出さなければいい話なのですが、下手にマナに置いてしまうと《父なる大地》で引っ張り出される危険性もあります。

現状、DGが入るデッキで環境にあるデッキは白緑メタリカが主、そのデッキタイプに「相手のマナからクリーチャーを引っ張り出すカード」の採用は稀なので、そこまで身構える必要は無さそうですが、メタカード1枚で機能停止するという危険性は覚えておくべきでしょう。

コスト4で墓地肥やしをしたいなら《白骨の守護者ホネンビー》もいます。あちらはマナを整える効果こそありませんが、ブロッカーを持っているためにビードダウンに強いという利点があります。その辺りも考慮する必要がありそうですね。

 

 

 まとめ

《カラフル・ダンス》のクリーチャー版とでも言うべき効果を持ったクリーチャーです。

どんなデッキにも入るとは言えませんが、相性の良いコンボデッキの構築に役立ちそうですね。

 

以上。個人的にこのカードはアクミに入れたい。ポフルでした。