ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《アクアン・メルカトール》考察 -4枚ドローは確かに強いが……?【デュエルマスターズ】

メタリカの研究に夢中で頭がオーバーヒートしそう。ポフルです。

 一応、非公認でマッチでは無いとはいえ白t青メタリカで非公認優勝を飾れたので、そして実は昨日のデュエマフェスで準決勝まで行けたので、私としてはやや満足です。後は全国大会ですね。

 

さて、全国大会とは関係ないカードの考察になってしまいますが、今回判明した新しいカード《アクアン・メルカトール》を考察しましょう。

 

 

カード情報


アクアン・メルカトール

水文明 サイバーロード

コスト4 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにしてもよい。その中から光、闇、火、自然のカードをそれぞれ1枚ずつ選んで手札に加える。その後、残りを墓地に置く。


 

考察

プレミアム殿堂入りカード《アクアン》の再来ですね。誰もが度肝をぬかれたことでしょう。

 


アクアン

水文明 サイバーロード

コスト4 パワー2000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を表向きにしてもよい。その中から光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、残りを自分の墓地に置く。


 

とはいえ、前回のように5枚ものカードをドローできるわけではなく、最大4枚のドローを狙おうにも水以外の文明1枚づつしか手札に入れることができない……とかなりの調整が施されています。

 

今までのアクアンシリーズのように、デッキの中身を光や闇のカードで固めれば大量ドローできるような性能では無く、4枚ドローを狙おうとすれば必然的に5色デッキ、もしくはそれに近いデッキでの使用が主となります。それでも、《セブ・コアクマン》や《王立アカデミー・ホウエイル》の事を考えると、1体のクリーチャーを残しつつ3枚ドローというだけで破格の性能と言えそうです。むしろ2枚でも十分なくらいです。そのついでで4枚のドローが狙えると考えるとやはりぶっ壊れた印象がありますね。

 

大量ドローを狙わずとも、例えば序盤から墓地にカードを貯め込み、《百万超邪 クロスファイア》の召喚を狙う墓地ソースに置いて、手札調整と墓地肥やし、そして打点要因を兼ねるような使い方もできますね。単純に「自分のデッキの上から4枚を見て、その中の水以外の文明を持つカードを1枚手札に加える。それ以外を墓地に置く」というような、「コンボパーツを集めるためにデッキを4枚掘り進めつつ、墓地肥やしもできるクリーチャー」として扱う事が可能です。

 

 むしろ、最大4枚ドローを狙おうと思うとどうしてもデッキ構築の面で縛られてしまうので、ある程度のドローが狙えるデッキでパーツ集めを目的として採用した方が良い気もしますね。

「クローシス剣」等それなりに多くの文明が揃っているデッキで、5ターン目に動く前の準備用として採用するのが良さそうな気がします。

 

 

 欠点としては、このカード自身を含む水単色のカードを手札に加える事ができない事でしょうか。元祖アクアンでも同じことが言えることや、そもそも多色カードばかりでデッキを揃えていればそこまで関係のない事だったり、この子を入れる時点でデッキ構築に気を使うはずなので、欠点になりにくい現状はありますが。

また、環境の高速化が進んだ現状、4マナでこれをプレイする余裕があるのかどうかも気になります。

そんな事言ってたらキリがないですけどね。

 

 

総じて、コンボデッキ、5色デッキ、4色以上を含んだデッキの安定性を高める良カードと言えそうです。正直世間で騒がれている程ぶっ壊れとは思えないのですが、高いカードパワーを持っている事は間違いないでしょう。

 

 

まとめ

《アクアン》の後継と言えそうなクリーチャーですが、効果は今までのアクアンシリーズとは一線を画すクリーチャーになっています。最大4枚ドローというポテンシャル、そうでなくても墓地肥やしやサーチとして扱える能力と、かなり汎用性の高いクリーチャーだと思われます。

 

これが今後、《アクアン》と同じように環境を一色に染め上げるのか、こうご期待といったところですね。たぶんないと思う。

 

以上。今回の大会で色々気になるカードが手に入ったので、全国用デッキの制作に着手しましょう。ポフルでした。