ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《無双と竜騎の伝説》の無限使用による無限エクストラターンデッキ解説【デュエルマスターズ】

 ゴールデンベスト欲しいいいいいい!!!!ポフルです。

 

さて、このお祭りパックの発売日が近づいてまいりましたが、皆様欲しいカードは決まっているのでしょうか。また、新規カードの研究は進んでいるでしょうか。

 

 今回は私、情報発表と同時に「ボルバルマスターズの再来」と言わしめたカード《無双と竜騎の伝説》のデッキを考えてきました。

 (実は明け方までカラオケで遊んで帰ってきた時の、徹夜明けかつ少量のアルコールによってボロッボロになった思考能力で研究されたデッキですが)

 

今回はそのデッキの解説をしていきたいと思います。

 

 

今回のデッキの大前提、核になるコンボ。

 

今回のデッキは《無双と竜騎の伝説》による無限エクストラターンを得る事を目標としたデッキになります。

 

www.dmasters-pohu.com

 


無双と竜騎の伝説

火/自然文明 コスト7 呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■パワー6000のクリーチャーを全て破壊する。

■このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

■追加ターンにこの呪文を唱えることはできない。


 

 

 

このカードを無限に唱えるにあたって考えた事は、「前半のパワー6000クリーチャーを全て破壊する効果を有効活用できないか」という点です。

このカードと相性の良い《龍素記号Srスペルサイクリカ》がパワー6000なので、《無双と竜騎の伝説》で場から離す事ができます。この時、サイクリカを手札に戻す機構を作ることができれば、この2枚のカードで何度もループが可能になるという算段です。

 


龍素記号Srスペルサイクリカ

水文明 クリスタル・コマンド・ドラゴン

コスト7 パワー6000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト7以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。そうした場合、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の手札に加える。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。


 

その、サイクリカを手札に戻すためのカードとして《「戦慄」の頂 ベートーベン》を採用しました。

 


戦慄」の頂 ベートーベン

無色 キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス

コスト10 パワー13000

■このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、ドラゴンまたは無色呪文を合計3枚、自分の墓地またはマナゾーンから手札に戻す。自分の山札の上から3枚をマナゾーンに置いてもよい。その後、このクリーチャーをタップしてもよい。

■T・ブレイカー

■バトルゾーンにある自分のドラゴンとコマンドはすべて「エターナルΩ」を得る。(エターナルΩを得たクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに手札に戻す)


 

さらに、《ボルバルザーク・エクス》も同じパワー6000。

 


ボルバルザーク・エクス

火/自然文明 アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター

コスト7 パワー6000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー


 

これらを活かす事によって以下の方法でループが可能になります。

 

 

フィールド上に《「戦慄」の頂 ベートーベン》、マナにカードが14枚の状態から。

  1. 《無双と竜騎の伝説》を唱える。
  2. 《ボルバルザーク・エクス》でマナをアンタップする。
  3. 《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を出し、《無双と竜騎の伝説》を唱える。
  4. エクスとサイクリカが《無双と竜騎の伝説》で破壊されるが、ベートーベンで手札に帰る。
  5. 1から4を繰り返す。

 

 となります。

 

無限ターンを手に入れたら、《「戦慄」の頂ベートーベン》のエターナルΩの存在もあって基本的にどんなトリガーを踏んでも問題はありません。そのまま殴り倒してしまいましょう。

問題は相手が予想以上に粘って自分のデッキが無くなる事くらいですが、そこまで粘る事ができるデッキもそうそうないでしょう。

 

とはいえ、このコンボは「マナを14枚貯める事」「サイクリカとエクスを集める(しかもエクスは殿堂入り)」という問題点もあります。

 この辺りの課題をクリアするにはどうしたらいいのか考えた結果、以下のようなデッキが組みあがりました。

 

 デッキ内容

 

無色 2

「戦慄」の頂 ベートーベン 2

 

多色 26枚

闇/火/自然 1枚

偽りの王 ヴィルヘルム 1

 

水/闇/火 2枚

ニコル・ボーラス 2

 

火/闇  1枚

赤龍喚士ソニア 1

 

火/自然 13枚

悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス 1

ボルバルザーク・エクス 1

無双竜鬼ミツルギブースト 4

爆砕面ジョニー・ウォーカー 4

無双と竜騎の伝説 3

 

闇/自然 6枚

月の死神ベル・ヘル・デ・スカル 2

 

ダーク・ライフ 4

 

水/闇 3枚

テック団の波壊Go! 3枚

 

単色 12枚

自然 6枚

獅子王の遺跡 4

セブンスタワー 1

再誕の社 1

 

水 2枚

龍素記号Srスペルサイクリカ 2

 

闇 4枚

魔龍バベルギヌス 1

白骨の守護者 ホネンビー 3

 

 

デッキ解説

大前提として紹介したコンボを、エクスと同じくパワー6000でマナのカードをアンタップするカード《赤龍喚士ソニア》でもできるようにしたものです。これにより、「エクスのシールド落ちが心配」という問題点をある程度解消することが可能です。

 


赤龍喚士ソニア

闇/火文明 アーマード・ドラゴン/デーモン・コマンド

コスト6 パワー6000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにある闇のカードと火のカードをすべてアンタップする。


 

エクスと違い、アンタップするカードは火か闇を含むカードのみになるので、13枚のカードをアンタップできるよう、デッキの4分の3、つまり30枚のカードを火または闇のカードで構成しています。

 

ソニアでのコンボは以下の通り。

フィールド上に《「戦慄」の頂 ベートーベン》、マナに火または闇のカードを13枚以上、内1枚以上は水も含むカードの状態から。

  1. 《無双と竜騎の伝説》を唱える。
  2. 《赤龍喚士ソニア》でマナをアンタップする。
  3. 《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を出し、《無双と竜騎の伝説》を唱える。
  4. ソニアとサイクリカが《無双と竜騎の伝説》で破壊されるが、ベートーベンで手札に帰る。
  5. 1から4を繰り返す。

 

 赤龍喚士ソニアを疑似ボルバルザークエクスとして扱えるよう、デッキの大半が闇または火のカードで構成されたデッキになります。

基本的には2マナブーストから4コストのカードにつなげるという最近のブースト系デッキにおける基本的な動きと同じですが、多色カードが多めの構成なのでうまくいかない可能性もあります。

7マナになれば《無双と竜騎の伝説》で追加ターンの内に準備を整える、《ニコル・ボーラス》で相手の足を引っ張る等してコンボにつなげましょう。

 

コンボパーツのベートーベン、エクスまたはソニア、サイクリカ、《無双と竜騎の伝説》がそれぞれ複数積みな事、墓地回収とマナ回収が豊富、そもそもベートーベンがマナ回収効果を持っている事からマナが溜まった後のコンボ成功率は高めと言えそうです。

 

その他パーツについての紹介をしていきましょう。

 

ニコル・ボーラス 偽りの王 ヴィルヘルム

マナ基盤となるクリーチャーになります。

とはいえ、マナ基盤としてだけでなくそのまま投げても十分な活躍をしてくれるクリーチャーで、前者は実質全ハンデスによる相手の妨害と、アタックトリガーによる除去効果での盤面制圧が可能で、後者はランデスとクリーチャー破壊、そしてそれに反応するマナブーストが可能です。

特に後者は、マナが大量に必要なこのデッキにおいてそのブースト能力とランデス能力によって、相手の行動を妨害しつつマナブーストが可能とこのデッキに合う動きをしてくれます。

マナコストが高いのでピン刺しにしていますが、場合によっては数を増やしても問題ないかもしれませんね。

 

 無双竜鬼ミツルギブースト

マナブーストと6000火力を同時に放つクリーチャーです。

6000火力は、《ベイBジャック》の対策になる範囲。そういったループ対策になり、なおかつブーストして次のターンには《無双と竜騎の伝説》へと繋げる事ができます。

 

月の死神ベル・ヘル・デ・スカル 白骨の守護者ホネンビー 魔龍バベルギヌス

全て墓地回収ができるクリーチャーです。

ハンデス対策になる他、《ダーク・ライフ》やホネンビー等で墓地に送ったカードを後々回収するためのカードとしても使えますね。

月の死神はマナ回収も兼ね、ホネンビーは墓地肥やし、バベルギヌスはコンボの始動時にエクスかサイクリカの代わりとして使えると言った利点もありますね。当然、ベートーベンを蘇生するのもアリですが、その場合は出た時の効果が使えない事に注意です。そして肝心のソニアは、手札からの召喚時にしかアンタップ効果を発動できないので蘇生しても無意味です。

 

テック団の波壊Go!

トリガー枠です。このデッキの数少ない妨害系トリガーになります。このカード自体の強さは説明不要ですが、このカードにした理由として、

  • 青+赤または黒のカードが欲しかった(ソニアでサイクリカ召喚に必要な水のカードをアンタップする)ため。
  • 大量のカードに触れることができるため。

の二点が挙げられます。

このデッキでソニアの効果でアンタップできる水のカードはこのカードとニコルボーラスのみになるので、トリガーを別のカードにする場合でもなるべく水/闇、もしくは水/火の多色カードにしておきたいです。

 

このデッキの弱点

トリガーが薄いので、とにかく速攻されると脆いです。

打点が揃っていない2~3ターン目から積極的に殴っていくようなデッキが相手の場合、ベルヘルデスカルや獅子王の存在もあってまだ楽な方ですが。

 

 ベートーベンさえ出せればそこからの展開は楽な方なので、何とかそこまで漕ぎつけましょう。

 

まとめ

《無双と竜騎の伝説》のデッキを考察、そして解説しましたが、いかがだったでしょうか。

このカードの他にも今回のゴールデンベストの新規カード達は、新しいデッキの可能性を開いてくれるカードが多く揃っているので、ぜひとも今回のパックは手に入れておきたいですね。

 

以上。明日も変態デッキ一つ紹介します。ポフルでした。