ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《世紀末ゼンアク》考察 -超強い神様の降臨【デュエルマスターズ】

GPのようなあんな大舞台で戦いたいものです。ポフルです。

全国大会で勝てばその夢も現実になるのですが。

 

さて、そんな5thGPの会場で行われたゴールデンパックの先行開封にて、1枚のカードとなった「ゼン&アク」である《世紀末ゼンアク》が明らかになっております。

 

ゴールデンベスト発売前の考察は今回のこれが最後になりますね。

 

元となったゼンアクとの違い、強さ等、考察していきましょう。

 

 

カード情報


世紀末ゼンアク

光/水/闇文明 クリエイター

コスト9 パワー17000

■マナゾーンに置く時、このクリーチャーはタップして置く。

■ブロッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

■自分のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻してもよい。


 

考察

冒頭で示した通り、ゴッドである「ゼン&アク」が一枚のカードとなったクリーチャーです。

 


究極神アク

水/闇文明 ゴッド

コスト7 パワー9000+

■マナゾーンに置く時、このクリーチャーはタップして置く。

■W・ブレイカー

■自分のゴッドが破壊される時、そのゴッドを墓地に置くかわりに自分の手札に戻してもよい。

■G・リンク 《超絶神ゼン》の左横

■このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。



超絶神ゼン

光/自然文明 ゴッド

コスト7 パワー8000+

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■G・リンク《究極神アク》の右横

■このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得、自分のターンの終わりにアンタップされる。


↓この2体がリンクすると↓


光/水/闇/自然文明 ゴッド

コスト14(7+7) パワー17000(9000+8000)

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■ブロッカー

■W・ブレイカー(表記されているのみで実際には下の「Q・ブレイカーが優先」)

■Q・ブレイカー

■自分のゴッドが破壊されるとき、そのゴッドを墓地に置くかわりに自分の手札に戻してもよい。

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。

■自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。


 

 

リンク後ゼン&アクと《世紀末ゼンアク》との違い

リンク後ゼン&アクと比べた時、《世紀末ゼンアク》は、

 

  • コストが大幅に下がった。
  • 自然文明が無くなった。
  • Q・ブレイカーからT・ブレイカーとなり、打点が下がった。
  • ゴッド以外のクリーチャーも破壊時に手札に戻る効果(通称モヤシ効果)を得るようになった。

 

となっています。全体的に小型化した感じですが、モヤシ付与が強力になっていますね。

リンクの事も考慮するなら、

  • リンクしていないため、完全に場を離れやすくなった。
  • 片方がブロッカーでは無かった分、「ゼン&アク」はヘブンズ・ゲートで出せなかったという点が解消された。
  • 「ゼン&アク」は両方コスト7だったので数多くの踏み倒しに対応していましたが、こちらはその踏み倒しを使えない。
  • コスト9の光文明なので九極サポートを受けることが可能。

 

と、色々な違いを挙げることができますね。

 

「ゼン&アク」がゴッドのサポートや、その(《世紀末ゼンアク》と比べれば)低いコストを活かしたサポートカードを駆使して場に光臨させるのに対し、《世紀末ゼンアク》は基本的に《ヘブンズ・ゲート》での降臨が基本になりそうですね。もしくは《極まる侵略 G.O.D》による展開が基本になるでしょうか。

 

 

コストパフォーマンスに優れた高いスペック

パワー17000のクリーチャーが攻撃しながらクリーチャーを破壊し、攻撃後にアンタップして殴り返しを受けず、相手の攻撃をそのままブロッカー能力で受けとめ、除去されてもまた手札から帰ってくるという、全ての効果がかみ合ったそのスペックは凶悪の一言ですね。

これが《ヘブンズ・ゲート》1枚から降臨するのでたまったものではないです。

 

《ヘブンズ・ゲート》からこの子と《時の秘術師 ミラクルスター》を出し、墓地の《ヘブンズ・ゲート》など手札に戻す事で、相手の除去が飛んできてもまた唱えてバトルゾーンに出す事ができるので安心ですね。相手にとっては悪夢ですね。

 

流石にゼニスのようなエターナルΩは持ち合わせていません。当然ですが。

そのため、マナ送りやデッキバウンスなどで対処したいところですね。

 

とはいえ、ヘブンズ・ゲートなどでの踏み倒しを前提とした場合、一度手札に戻された後にもう一度場に出す事に苦労しそうではあります。この辺りのリカバリー方法は考えなくてはならないですね。

 

モヤシ付与について

このモヤシ付与ですが、自分のクリーチャーすべてにこの効果を与えます。

 

これは自分のクリーチャー軍団が除去に強くなるだけでなく、自分のクリーチャーを破壊する事によるコンボを狙う事も可能ということになります。

これは極端な例ですが、

 

フィールド上に《世紀末ゼンアク》マナにカードが14枚の状態から。

  1. 《無双と竜騎の伝説》を唱える。
  2. 《ボルバルザーク・エクス》でマナをアンタップする。
  3. 《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を出し、《無双と竜騎の伝説》を唱える。
  4. エクスとサイクリカが《無双と竜騎の伝説》で破壊されるが、《世紀末ゼンアク》で手札に帰る。
  5. 1から4を繰り返す。

なんてことが可能です。

……まぁこのコンボ自体は《「戦慄」の頂 ベートーベン》でできる上に、色的にはそちらの方が安定するのですが。……ちなみにベートーベンを使ったこの無限ボルバルコンボは下の記事で解説しています。

 

www.dmasters-pohu.com

……だれかこのコンボ、5色フェアリー・ミラクルみたいなデッキでつくってくださいませんかね……。

 

 

また、《光牙忍ハヤブサマル》と《光牙王機ゼロカゲ》のような「ブロッカー持ちシノビ」との併用により、「自身よりもパワーの高い相手クリーチャーに対する無限ブロッカー」として扱う事も可能です。

他にも、《霞み妖精ジャスミン》による無限マナブースト、《特攻人形ジェニー》による無限ハンデス、これら自壊サイクルを利用し、隣に《天下統一シャチホコ・カイザー》を立ててサイキッククリーチャーの大量展開、《魔龍バベルギヌス》で手札消費無しでの蘇生など、そのコンボ性は考えだせばキリがありません。

 

とにかく、手札に戻して出た時効果の再利用、破壊時効果の再利用など、色々なコンボに使える可能性を秘めたカードになります。ゴッドの「ゼン&アク」は、リンクによる耐性と高打点から単体での制圧力に期待するフィニッシャーというイメージなのに対して、こちらのゼンアクはフィニッシャーとしてもコンボパーツとしても考えられる、大型でありながら小回りの利く面白いクリーチャーですね。

 

 

九極侵略での利用法

光のコスト9ということで、九極侵略に採用するという選択肢もあります。

とはいえ、九極侵略の制圧力については既に《真実の聖霊王 レオ・ザ・スター》や《超九極チュートピア》、《サファイア・ウィズダム》が強力な物にしており、ゼンアクの「クリーチャーのモヤシ化」という耐性の付け方はやや中途半端になりがちです。

 

使うのであれば、マナ基盤としての採用が主になるでしょうか。

光でコスト9かつ闇マナを出せるカードは、

  • オラクル進化であるが故にマナ基盤としてしか使えない《破獄のマントラ ゾロ・ア・スター》
  • 5色であるが故にマナを支払えない《ウルトラミラクル・ピッピー》
  • 上記2枚の致命的欠点こそ無いものの、効果がほぼ飾りとなる《天罪堕将 アルカクラウン》

 のみです。

そんな中で、ブロッカーであるが故に《ヘヴンズ・ゲート》での展開に対応し、効果も他には劣るものもありますが基本的に腐る事は無い物ばかりのこの子の有用性は高めです。

闇マナを出す利点としては、

  • ハンデス対策と多少の耐性を持つ《墓守の使徒 ベルリン》
  • S・バック持ちの《二極シヴァイーヌ》との相性が良い《福腹人形コダマンマ》
  • 《奇跡の玉ミラク》との併用で上記コダマンマと同じ役割が期待できる《邪魂創世》や《デッドリー・ラブ》

以上のカードの存在が挙げられます。

現在の九極の一番メジャーな型は恐らく設計図型であり、その構築に入る事は少ないですが、他の型を考察する余地ができたというのは利点かもしれないですね。

 

まとめ

「ゼン&アク」の合体と、このゴッドを使ってきた人ならば喜ぶ……のでしょうか。その辺りは分かりませんが。とりあえず懐かしいクリーチャーの登場です。

効果は「ゼン&アク」と似ていますが、微妙な違いからやや違った運用法を求められるカードだと言えそうです。

 

フィニッシャーとしても良し、コンボの核にしても良しの、ファッティにしてはなかなかユーティリティなカードですね。

個人的には、強さとか関係なく今回のパックで一番使いたいカードです。

 

以上。大舞台とかじゃなくても、デュエマ動画とかそんな感じの事してみたいなぁなんて事も思うポフルでした。