ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《奇跡の革命 ミラダンテF》考察 -何故だ。何故この子は注目されていない【デュエルマスターズ】

やっぱりミラダンテ。ポフルです。

 

ゴールデンベストの情報解禁、フラゲ。先日の夜は不眠によって眠れませんでしたが、その代わりにパックの情報が色々ありました。

 

正直一番面白いデッキを組めそうだと思ったのはこの子だったり。

《奇跡の革命 ミラダンテF》。この子の考察をしていきましょう。

 

 

 

カード情報


奇跡の革命 ミラダンテF(フォルテ)

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍

コスト8 パワー13500

■進化:自分のドラゴン1体の上に置く。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。それらは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。

■革命0:自分のシールドが1枚もなければ、相手はクリーチャーを召喚できない。


 

考察

フォルテとは音楽記号で「強く演奏する」。

普通に見てしまえば《時の革命 ミラダンテ》と同スペック。ただ進化元の縛りが変わっただけです。フォルテ要素はいずこへ。

 


時の革命 ミラダンテ

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍

コスト8 パワー13500

■進化―自分の光のクリーチャー1体の上に置く。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。それらは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。

■革命0―自分のシールドが1枚もなければ、相手はクリーチャーを召喚できない。


 

例外こそ増えたとはいえ、ドラゴン自体が基本的に重いクリーチャーであり、進化させるくらいなら革命チェンジで強力なファイナル革命を使った方が良いと考えられがち。

あぁ、単なる数合わせ、ここにSR枠当てたのがおかしい。基本的に時の革命の下位互換。あ、ダーウィンで墳墓避けできるね。はい終了。

なんて事にはならないのがデュエマ。そしてこのブログのクォリティー(自画自賛)。

 

ややハードル上げ過ぎた感はありますが、この進化元の違いが物を言うのです。

 

相性の良いドラゴン

おそらくこの先考察が進むにつれて他にたくさんの相性の良いドラゴンは出てくると思いますが、一番最初に思いつきたいのがこの子。《黒神龍ブライゼナーガ》

 


黒神龍ブライゼナーガ

闇文明 ドラゴン・ゾンビ

コスト6 パワー9000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを全て手札に加える(その「S・トリガー」を使ってもよい)

■W・ブレイカー


 

こんな子の名前が出てくる時点で碌な事しないわけですが、ここにダメ押しで《星龍の記憶》を混ぜてみましょうか。

 

 


星龍の記憶

光文明 コスト3 呪文

■S・トリガー

■次の自分のターンの終わりまで、自分の手札に加えるシールドカードはすべて「S・トリガー」を得る。


 

さて、きな臭さが出てきましたね。

この呪文の効果でシールドにトリガーを付与した場合、理想の行動としてはこんな感じになります。

  1. ブライゼナーガを召喚し、シールドが全て手札に。以下、S・トリガー。
  2. 《奇跡の革命 ミラダンテF》をブライゼナーガに重ねて進化。
  3. 《ファイナル・ストップ》または《ミラクルストップ》を唱えましょう。
  4. 駄目押しに《憎悪と怒りの獄門》(自分と相手のシールド数が同じになるように相手のシールドをブレイクする。つまり相手のシールドが20枚あろうがすべて消し飛ぶ)を放っておきましょうか。
  5. 呪文とクリーチャーのトリガーを止め、メメントでブロッカーを得ているクリーチャーはミラダンテでフリーズ、ニンジャの召喚も許さずトドメ。

 

ね?簡単でしょう?

構築難度はかなりシビアになりますが、《星龍パーフェクトアース》も使えそうですね。

 

 

このデッキは、「ブライゼシュート」というデッキですでに開発されているデッキですが、そのブライゼシュートがここまでの爆発力を得ることができたのは、《奇跡の革命ミラダンテ》のおかげでしょう。

《時の革命ミラダンテ》でもできなくはないのですが、ブライゼナーガの他に光のクリーチャーを用意しなければならなくなるので安定性は奇跡の革命に一歩劣る事になりそうです。

 

他文明のドラゴンを進化元にできるという時点で十分な差別点です。

意外と《時の革命 ミラダンテ》にできない事も出来るようになるかもしれませんね。

 

 

その他の効果については本当に《時の革命ミラダンテ》と変わらないので割愛。

全体フリーズがそもそも強力なので、ドラゴンデッキの新たなお供としての採用も考えて良いのかもしれないですね。

 

まとめ

単純に進化元の制限が変わっただけの《時の革命ミラダンテ》ですが、それだけでも違った動きが可能となります。

種族の違いによって強さが変わる、デュエルマスターズの奥深さを物語ってくれる一枚ですね。

 

以上。こういうピーキーなデッキ大好き。ポフルでした。