ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》考察―露骨な白緑メタリカの玩具【デュエルマスターズ】

まぁそのうち《ベイBジャック》は殿堂しますよ。ポフルです。

 

今回のゴールデンベストは本当に面白いカードがいっぱいですね。皆様無事購入できたでしょうか。

 

今回、おそらくこの情報を見た色んな方が驚いたであろうこの子《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を紹介しましょう。

 

紹介じゃなくて考察なんだけど、もうなんか、今回に限っては紹介で良いよねってなってます。

 

 

 

カード情報


無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース

光文明 フェニックス

コスト7 パワー17000

■超無限進化:自分のクリーチャー1体以上の上に置く。

■T・ブレイカー

■メガメテオバーン10:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚、墓地に置いても良い。そうしたら、自分はゲームに勝つ。


 

考察

《究極銀河ユニバース》のリメイクでしょう。《聖霊龍王ジーク・キャヴァリエ》と同じ勝利条件を持っていますね。名称は違いますが。

 


究極銀河ユニバース

光文明 フェニックス

コスト5 パワー17000

■進化―自分のフェニックス1体の上に置く。

■メテオバーン―このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そのカードが最後の1枚でフェニックスならば、自分はゲームに勝利する。

■T・ブレイカー


 


聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト6 パワー11500

■ブロッカー

■進化―自分のブロッカーを持つクリーチャー1体の上に置く。

■W・ブレイカー

■自分の他の「ブロッカー」を持つ光のクリーチャーが破壊されるとき、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。

■メテオバーン―このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、自分はゲームに勝つ。


 

 

ジークキャヴァリエと違う点は、コストが1重くなった代わりに好きな数のクリーチャーを進化元にできるようになったので、他のカードとのコンボ前提のキャヴァリエよりも勝利条件が緩くなった事が利点ですね。

これから先種族の違いやブロッカーであること、自身の効果で進化元を補充できる事を活かせない限りユニバースの方が使われるようになりそうですね。

 

突然ですが、白緑メタリカというデッキがあります。

あのデッキ、コロコロチャンネル内でデッドマン氏が公開したデッキはタテブエヤッホーで進化元を集め、その上にキャヴァリエを乗せて勝利するというデッキでした。

 

今ではシャコガイルにその勝利手段を譲っているわけですが、キャヴァリエでも特殊勝利が狙えるのであればこちらのユニバースでも勝利できなければおかしいという話です。

 

今でも各所でデッキの開発が行われている事でしょう。

大量展開できるデッキかつ光文明を採用しているデッキならば、このカードで容易にエクストラウィンを狙えるようになりました。

あ、前回紹介したカラフルナスオ……というか《屍術師インフェルノ・カイザー》のデッキのフィニッシュ手段をこの子にしても良いですね。

www.dmasters-pohu.com

 

なんだかここまでエクストラウィンが容易になってくると、基本的に殴り合いたい私としては複雑な気分です。

 

 

フェニックスという点を活かすのであれば、《ポッポ・ジュヴィラ》を使った構築も良さそうです。

 


神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ

闇/火文明 ファイアー・バード/ドラゴン・ゾンビ

コスト4 パワー4000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。

■自分の進化フェニックスを召喚する時、バトルゾーンにあるクリーチャーのかわりに自分の墓地にあるクリーチャーの上に置いてもよい。


 

 

ただし、《究極銀河ユニバース》の存在は忘れてはいけません。エンド・オブ・ユニバースがクリーチャー10体を要求するのに対し、普通のユニバースはフェニックス1枚で済んでしまいます。

速度の面、そしてデッキ構築の自由度では確実にあちらの方が優っているので、その辺りをどう考えるのかがデッキビルディングの腕の見せ所でしょう。

 

 

色々書きましたが、

しっかりとデッキを考えて組めばかなり強いカードであることには間違いないです。

 

ジャックが殿堂入りしたら少しは落ち着きますかね。

 

 

まとめ

 ユニバースの名を持つにふさわしい、豪快なエクストラウィン持ちクリーチャーですね。

正直、この子が流行る環境はご遠慮願いたいのですが、腕に自信のある方はジャックを使わないで組んでみてください。

 

 

以上、白単メタリカに搭載してやろうかと企むポフルでした。

 

www.dmasters-pohu.com

 

明日からはDGの考察に入りましょうか。