ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《絶対の畏れ 防鎧》考察―メタカードが多いメタリカの新たなメタカード【デュエルマスターズ】

(2017/10/23現在)風邪ひきました。ポフルです。

 

……皆様も、身体に違和感感じたら気を付けてくださいね!!

 

ということで、本来であれば《サッヴァークDG》の考察をする予定だったのですが、既存のカードとの比較ができるために考察しやすい《絶対の畏れ 防鎧》を考察します。楽しみにしてくださった方は申し訳ありません。

 

 

 

カード情報


絶対の畏れ 防鎧

光文明 メタリカ

コスト3 パワー3500

■相手がマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそれを山札の一番下に置く。

■相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、自分の手札は捨てられない。


 

 

考察

《制御の翼 オリオティス》と《聖鐘の翼 ティグヌス》の能力を同時に持つメタリカクリーチャーです。

ただし、ブロッカーは失われました。

 

 


制御の翼 オリオティス

光文明 ジャスティス・ウィング

コスト2 パワー2500

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■相手が、自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそのクリーチャーを自身の山札の一番下に置く。



聖鍾の翼 ティグヌス

光文明 ジャスティス・ウィング

コスト2 パワー3000

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■自分の手札は、相手の呪文またはクリーチャーの能力によって捨てられない。


 

 

これでメタリカは「マナブースト」「デッキからの踏み倒し」「呪文」「ハンデス」「踏み倒し」に対してのメタができるようになりました。

多すぎないか。

 

オリオティスもティグヌスもメタカードとしては優秀な効果であり、その2枚の能力を同時に持っているというのはかなりの脅威です。

デッキのスロットを圧迫する事無くハンデスと早期踏み倒しの両方を対策できるのは、優秀なクリーチャーが多いメタリカにとってうれしい点ですね。

 

基本的に、オリオティスやティグヌスが入っていたデッキに入れることが可能です。具体的にはサザンルネッサンスでしょうか。

当然、メタリカである事を活かして既存のメタリカに投入も可能ですね。

 

特に厄介なことに「白緑メタリカ」との相性は抜群です。

ハンデスはできる限り避けたかった白緑メタリカにとって、《一番隊クリスタ》《龍装者 バーナイン》の恩恵を受けることができない《聖鐘の翼 ティグヌス》よりも腐りづらいのは利点です。

 

ただし、オリオティスやティグヌスと比較する場合、コスト1の違いが壁になりそうです。

《一番隊 クリスタ》と被らないコストというのは利点ですが、その分2ターン目に出す事ができない事が怖いです。特に成長バスターやブランド系統のデッキに対してより素早く立てる事ができないのは怖いところです。パワーの関係上《ナグナグ・チュリス》が怖くなくなりますが、《スチーム・ハエタタキ》が怖いのが欠点ですね。《正義の煌き オーリリア》で守ろうにも、コスト的にターンを跨がなければならない点がもどかしいです。

またハンデスに対しても、《特攻人形ジェニー》《ブレイン・タッチ》等の2~3コストハンデスに叩き落とされるリスクも覚悟しなければなりません。

 

白緑ならばオリオティスよりも優先して良いと思いますが、そうでないメタリカの場合、種族シナジーと寄り広い範囲へのメタを優先するか、素早い対応力を求めるのかを判断して採用を考える必要がありそうです。

 

また、ブロッカーを持たないので、マナの溜まった終盤やハンデスを使わない相手に対してはバニラ同然となる事も覚悟しておきたいところですね。《エール・ライフ》等のブロッカー対策に引っかからないのは利点ですが。

 

総じて、メタ能力そのものはかなり高く、デッキの対応力を上げるカードになり得ますが、コストの違いから器用貧乏になる事もあり得るカードと言えそうです。

 

あ、オリオティスもティグヌスも使えないブロック構築においてはかなり役に立つカードです。

黒系のコントロールが幅を利かせている現状、この子を維持することができれば勝利が近づきそうですね。

 

 

まとめ

スペック自体はかなり高く、是非とも採用したいカードなのですが、今の環境や自身のデッキとの相談結果によってはオリオティスやティグヌスが優先されそうです。

 

ブロック構築においては、流行りのデッキへの解答になり得るので、要チェックのカードになりそうです。

 

私も体調が整い次第、今のメタリカに入れるかどうかを考えなければなりませんね。

 

以上。明日の更新は自分の体調も見て考えます。