ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《サッヴァークDG》考察―このタイトル部分書くの忘れてました。【デュエルマスターズ】

 

熱、下がりました。ポフルです。

ただし、薬で下げているという感じですので風邪自体が治っているのかはちょっとわかりません。

 

まあ、そんな話は置いておくとして。

 

やっと《サッヴァークDG》の考察ができそうです。

メタリカ使いにとっては無視できないこのクリーチャー。早速考察していきましょう。

 

 

カード情報

 


サッヴァークDG

無色 マスター・DG/メタリカ

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーが出た時、山札の上から3枚を表向きにする。その中から、メタリカ、ドラゴン、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■自分のターンの終わりに、自分の手札から裁きの紋章を1枚コストを支払わずに唱えてもよい。

■自分のターンの終わりに、すべてのシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚以上なら、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、光のドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。


 

 

考察

新種族、マスター・DGを持つ新たなDGクリーチャー、そして新たなマスターカードになりますね。マスターカードにしては、マスターと名の付く専用能力を持っていませんが、そこは気にしないでおきましょうか。

 

3つの能力はそれぞれ強力なもので、1つ目は出すだけで最大3枚の手札補充、2つ目は裁きの紋章の踏み倒し、3つ目は自身を犠牲に光のドラゴンを踏み倒す能力になっています。

 

手札補充については特に説明する必要も無いと思えるくらいにシンプルに強力です。

メタリカを加えて後続の確保、裁きの紋章を加えて2つ目の能力の補助。「ジョーカーズ参上」が発売されて以来、一切のサポートが無かったドラゴンもサポートに含まれている為、デッキ構築の際に3番目の効果を無理矢理使えるようにした感を薄めてくれそうです。

 

裁きの紋章の踏み倒しもなかなか強力です。

なるべく早期にシールドゾーンに送っておきたい裁きの紋章を、クリーチャーを展開しながら唱えやすくするこの効果は心強いですね。裁きの紋章自体、防御に向いた効果ばかりなので、上手く使って相手の動きを妨害したいところです。

シールドゾーンのプレッシャーを高めつつ、同時にクリーチャーの展開を行うためのサポートとして見るのが良いでしょうか。

裁きの紋章についてはこちら↓

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

さて、3番目の効果。

「光のドラゴン」という《ドラゴンズ・サイン》もびっくりの踏み倒し能力です。

その発動条件は、「全てのシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚以上ある時」と、やや特殊な物になっていますね。

これはシールドゾーンに表向きで置かれる裁きの紋章との併用を前提とした効果になりますね。

 

この手の効果にしては珍しく進化クリーチャーもバトルゾーンに出せるので、幅広い光のドラゴンを出す事が可能になります。

 

単純に《支配の精霊龍 ヴァルハラ・ナイツ》や《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》のような《ドラゴンズ・サイン》でも出せてメタリカとの相性も良い強力クリーチャーを出すのも良いですが、ここはやはりドラゴンズサインでは出せないクリーチャーを出してみたいところです。

例を挙げるなら、

  • 完全に呪文を封じる《偽りの王 ナンバーナイン》や《光神龍 スペル・デル・フィン》
  • 私のお気に入り《神曲の法皇 ミラダンテ》
  • 裁きの紋章と相性の良い《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》
  • 最早ネタ気味ですが、タップインと攻撃強制がメタリカに合う《星龍グレイテスト・アース》

あたりが挙げられそうですね。

他にも色々なクリーチャーが挙げられるので探してみてはいかがでしょうか。

 

なお、ドラゴン踏み倒しの条件ですが、相手のシールドゾーンも参照します。

相手が赤青ブランドで《海底鬼面城》を貼った際に重要なことになるので忘れないようにしましょう。

 

総じて、DGデッキの動きを円滑にするためのキーカードとしての役割ができそうです。

他のマスターカードの例に漏れず強力なカードだと言えそうですね。

 

 

DGデッキ以外での活躍は微妙な所です。

一応、呪文を3枚手札に加えるという点から2枚目以降の《天雷の導士アヴァラルド公》としてみる事も可能ですし、ドラゴンデッキにおいての手札補充として見てもいいのかもしれませんが、前者は水文明に2コスト低い呪文《王立アカデミー・ホウエイル》が存在している事、後者はこの子自身がドラゴンサポートを受けることができない事が問題点として挙げられるでしょう。

「呪文主体かつドラゴンをフィニッシャーにするデッキ」にする等やりようはありますが……。

 

普通のメタリカで手札補充として使うのも一考ですが、バーナインや天鎖で十分という声もありそうですね。

 

 

まとめ

今後のDGデッキにおいて重要な役割を持ちそうな強力な効果を3つも揃えている、マスターカードにふさわしいスペックを持ったクリーチャーですね。

DGデッキ以外での活躍は難しそうですが、DGデッキを作る方は複数持っておきたいクリーチャーだと言えそうです。

 

 

以上。明日悪化してなければいいなあ。ポフルでした。