ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《メラメラ・ジョーカーズ》考察―ジョーカーズ専用の手札交換札は……?【デュエルマスターズ】

熱がまだ微妙ですが、ひとまず更新。ポフルです。

 

DGやメタリカばかりに目を向けていますが、火のジョーカーズにも動きがあります。そのうちの1枚が《メラメラ・ジョーカーズ》ですね。

 

とにかくシンプルなこのカードを考察していきましょう。

 

 

カード情報


メラメラ・ジョーカーズ

火文明 ジョーカーズ コスト1 呪文

■ジョーカーズを1枚、自分の手札から墓地に捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。


 

考察

コスト1の呪文にして、《勇愛の天秤》に似た手札交換が可能な呪文になりますね。捨てるカードはジョーカーズ限定になってはいますが。

 


勇愛の天秤

火文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■次のうちいずれかひとつを選ぶ。

 →手札を1枚捨て、その後、カードを2枚引く。

 →相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

 

他のカードとの連携がとりやすいコスト1である点はありがたいのですが、コストの違いやジョーカーズである事などを踏まえても、基本的には火力と使い分けができてかつS・トリガーを持つ《勇愛の天秤》の方が使いやすいです。

 

そもそも、ジョーカーズの1コスト呪文には既に《ジョジョジョ・ジョーカーズ》という優良カードがすでに存在しています。こちらは手札に他のジョーカーズを要求せず、山札をより多く掘ることが可能です。

 

駄目押しのように、このテキストだと「手札が捨てれない状況で発動してデメリット無し2枚ドローとして扱う」ということが不可能です。

総じて、悪くは無いのですが、少々残念なカードだと言えそうです。

 

採用するにしても、基本的には5枚目以降の疑似《ジョジョジョ・ジョーカーズ》と考えた方が良いかもしれませんね。

一応、火文明を持つ事はメリットにもつながるので、デッキ内の火文明の比率が少ないと感じた場合には入れてもいいかもしれません。

 

ボロクソに言ってしまいましたが、単純に「1コストの手札交換カードを最大8枚積むことができる」と考えると、ジョーカーズの安定性がより凶悪な物になったと考えられそうです。

ジョーカーズは2ターン目にヤッタレマンを立たせたいデッキなので、それをある程度安定させるこのカードの需要はなんだかんだ高くなりそうですね。

 

まとめ

比較対象が多いためにどうしても悪いところが目立ってしまいますが、使ってみるとそこまで悪いものでは無い……と思います。

火文明ジョーカーズを使う場合は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

以上。このまま熱がひどくなったら火文明になっちゃうポフルでした。

そんなことはたぶんない