ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《超Z級 ゲキシンオー》考察―顔面に行けばいいんです。【デュエルマスターズ】

復活。ポフルです。

 

ひとまず熱が下がり、手足の違和感も無くなったので、完全復活と言って良いでしょう。心配してくださった方々ありがとうございます。

 

さて、今回は《超Z級 ゲキシンオー》を考察していきましょう。

 

 

カード情報

 


超Z級 ゲキシンオー

火文明 ジョーカーズ

コスト9 パワー8000

■J・O・E 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札のの一番下に置く。下に置いたらカードを1枚引く)

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のジョーカーズ1体につき相手のシールドを1つブレイクする。


 

 

考察

J・O・E持ちの火文明ジョーカーズです。……このイラスト、昔別のカードゲームやってた時にたまに戦っていた友達がすごい好きそうなビジュアルだなあって思いますね。

このロマンあふれるロボットな感じが……。

 

出た時に自分のジョーカーズの数だけ相手のシールドをブレイクする能力を持っていますね。

自分のジョーカーズの数だけシールドをブレイクできるクリーチャーということで《超特Q ダンガンオー》を思い出しますが、こちらは出た時の能力によってブレイクするという点で少し違いますね。

 


超特Q ダンガンオー

無色 ジョーカーズ

コスト6 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃でき、バトルゾーンにあるジョーカーズ1枚につきシールドをさらに1枚ブレイクする。


 

この子自身も数えられるので、フィールド上にクリーチャーが4体並んでいる状態でこの子を出せば、相手のシールドを5枚一気にブレイクしつつトドメまで向かうことが可能です。

 

その他に特に目立った部分も無く(異常なコストの高さは挙げられそうですが)正攻法で相手を狙いに行く事に特化したクリーチャーだと言えそうです。

 

 

メラビートとの相性の良さ

《メラビート・ザ・ジョニー》との相性はなかなかのものです。

 


メラビート・ザ・ジョニー

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につきカードを1枚引く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。


 

 

クリーチャーが5体揃えば全体除去を放つことができるジョニーと、同じく5枚揃えば5枚ブレイクできるゲキシンオー。

ジョニーの効果でゲキシンオーを出し、両者の効果を発動できれば、

相手のシールドとクリーチャーを全て破壊する

という、どこかの無色コンボと同じような事を実現可能です。

 

相手のデッキタイプを考慮しないのであれば、《ビギニング・ザ・メラビート》と併用しても相手にトドメを刺す事ができる程度の打点を容易に確保できるという事も忘れてはいけませんね。

 


 ビギニング・ザ・メラビート

火文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー5000

■スピードアタッカー

■マスター・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。


 

欠点

単体で使っても、メラビートとの併用で使っても、相手のシールドを大幅に削ることによって自分を勝利に近づけてくれる良いカードなのですが、例によってトリガーに弱いという点は考慮すべきでしょう。

 

ブレイク能力はジョーカーズの数だけブレイクする事が強制なので、スーパー・S・トリガー対策のために「ジョーカーズは5体いるけど4枚だけブレイクしよう」という選択はできないので、スーパー・S・トリガーにはどうしても弱くなります。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》の全体除去をブレイクの後に待機させておくなど、被害を最小限に抑えるような工夫は必要になるかもしれませんね。ただし、この方法での対策は《終末の時計 ザ・クロック》に妨害されてしまうので注意が必要です。

 

まとめ

 

 とにかく相手を直接狙う事に特化したクリーチャーと言えそうです。

メラビートと共に、突然相手の場を壊滅に追いやる事も狙ってみたい、火文明ジョーカーズの新たな切り札になりそうですね。

 

 

以上。またこれからもよろしくお願いします。ポフルでした。