ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《緑知銀 イーアル》考察 ―生きた《グローリー・スノー》……って前にもいたような(2017/10/31いろいろ追記)【デュエルマスターズ】

メタリカのネーミングは間違えやすい。ポフルです。

ほら、フェイウォンとかルヴォワとか。

 

2017/10/31追記)で、実際に緑知銀なのに「緑地銀」って記述している件について。

コメント欄で報告してくださった名無し様ありがとうございます。

「もうメタリカの研究止めたら??」というコメントが憑く前に修正します。申し訳ありませんでした。

 

 

フェイウォンについては恐らくすべてのページで修正済みになっていますが、ルヴォワについてはまだ確認できていないので、また時間がある時に確認しておきます。

見つけたらコメント欄で煽っていただけると助かります。(他の閲覧者をあおったり、他の事で煽ったらだめですよ?)

 

さて、今回はそんなメタリカの銀の民から《緑知銀 イーアル》を考察しましょう。

 

 

カード情報


緑知銀 イーアル

光文明 メタリカ

コスト4 パワー1000

■スーパー・S・トリガー(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。その時自分のシールドが1枚もなければ、このクリーチャーにS能力を与える)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のマナゾーンのカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。

 S-このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。


 

考察

《SMAPON》と同じく初めてのスーパー・S・トリガー獣ですね。

 能力は《グローリー・スノー》と同じもの。あちらが強力で合ったようにこちらも強力です。

 


グローリー・スノー

光文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■相手のマナゾーンにあるカードの数が、自分のより多い場合、自分の山札の上から2枚を、自分のマナゾーンに置く。


 

 

クリーチャー版《グローリー・スノー》と言えば、過去に《天星の玉 ラ・クルスタ》が存在していました。

あちらはトリガーを持っていなかったので微妙に違った使用感になっていましたが、それでも天門などの相性の良いデッキには採用されていた1枚です。

 


天星の玉 ラ・クルスタ

光文明 ジャスティス・オーブ/革命軍

コスト4 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のマナゾーンにあるカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。


 

 ターボ系デッキへの間接的な対策としてだけでなく、S・トリガーを持つ事から速攻デッキに先行を取られた時の対策にもなり、相手の攻撃でうまくトリガーできれば、相手よりも先に大量のマナを獲得でき、ブレイクによって増えた手札を有効活用して相手の攻撃を受ける盤面を構築する助けになります。

おまけのように付いたスーパーボーナスも、2体のクリーチャーの攻撃を止めることができるので、腐りにくく優秀な効果です。

総じて、これから先の光文明にとって基本的なカードの1枚として考慮されることが考えられる優秀な1枚と言えそうです。

 

単純にメタリカとして見ても優秀です。

中盤でのコントロールが得意なメタリカにとって、マナを伸ばしてくれるこの子の存在はありがたいものがあります。

クリスタでコスト軽減しつつ、わざとマナチャージせずにこの子のブースト条件を無理矢理満たすと言ったプレイングも考えられるようになるでしょう。

溜まったマナで、クリスタとバーナインによる大量展開や、大型クリーチャーの早期召喚等、一気に制圧する準備を整えておきたいですね。

 

 

欠点

メタリカで運用する場合、同じメタリカの《DG~裁キノ刻~》との相性は言うまでもなく最悪です。

 


DG 〜裁キノ刻〜

無色 メタリカ

コスト2 パワー2000

このクリーチャーは攻撃できない。

名前に《DG》とある自分の他のクリーチャー全てのパワーを+5000する。

いずれかの山札からマナゾーンまたはバトルゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを自身の山札の一番下に置く。


 

 

 

どちらもマナブーストに対するメタカードなので、共存させる利点はそこまで感じませんが。

 

基本的に、マナブーストに対してのメタ性能は、直接干渉ができる《DG~裁キノ刻~》の方が優秀です。ただし、速攻相手に先行を取られた時の対策としても扱え、いざという時にスーパーボーナスが獲得できる《緑知銀 イーアル》の方が幅広い相手に対応できるとも言えます。

 

メタリカで扱う場合、どちらを優先させるか少し考えなければなりませんね。

 

 

また、発動条件がやや相手に依存する事もあり、チャージャーや緑のマナブーストを使った方が安定することは確実です。コスト4という中途半端な重さもやや足を引っ張りそうでしょうか。

白単のデッキで扱う、爆発力が欲しいなど、この子を採用する何かしらの理由付けは欲しいですね。

 

 

まとめ

2017/10/31)まとめ書いてないじゃん。

 

もうなんというか。おバカ。疲れてるのかしらん。

 

とにかく普通に光の汎用カードとして見ても優秀な効果で、これからの光文明にとっての新たな基本カードになり得る存在です。

ちょっと自分のデッキを見て速度が足りないと思ったり、マナブーストが欲しいと思ったりする時は採用してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。ちょっと一回休憩入れようかしらん。ポフルでした。

 

こんなうっかり管理人ですが、これからもよろしくお願いします。