ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《エメスレム・ルミナリエ》考察―コンボ性の高そうなカード【デュエルマスターズ】

なんだか近所のカードショップでCSが開催されるそうなので、出てみようか迷うポフルです。

 

 メタリカの新規サポートカード《エメスレム・ルミナリエ》が少し前に公開されています。

今回はこのカードの考察をする事にしましょう。

 

 

カード情報


エメスレム・ルミナリエ

光文明 コスト7 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の光のクリーチャーを4体タップしてこの呪文を唱えてもよい。

■コスト8以下のメタリカを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、それをタップしてもよい。


 

 

考察

7コストにして、コスト8の大型メタリカをフィールドに出す事ができる呪文です。

それだけでは正直微妙な性能ですが、この呪文の真価は、光クリーチャーを4体タップすることによって踏み倒す事が可能な点にあります。

メタリカはクリーチャーの大量展開に長けた種族の為、5ターン目くらいにはこの呪文を踏み倒す事も考えられるでしょう。今まで大型を出すのに《星の導き 翔天》や《ジャスティ・ルミナリエ》のような、やや癖のあるカードを使う必要があったメタリカにとって、この呪文の登場はかなり嬉しいですね。

 

今までよりも素早くメタリカの盤面を構築できるのは素晴らしいです。

 

注意したい事は、4体のクリーチャーを用意しなければならない点です。

それも、《紅の猛り 天鎖》のように自身をタップしなければならないクリーチャーは勘定に入れることができず、《緑地銀 フェイウォン》のように自身をタップしてメリット効果を得るクリーチャーの能力の発動は控えたりと、やや工夫しなければならない事もあります。

デッキの構築やプレイングにはやや注意が必要なカードだと言えそうです。

 

この呪文を主体にして大型メタリカを出す事を軸にしたデッキを組む場合、できれば小型メタリカで揃えて《一番隊 クリスタ》《龍装者 バーナイン》による展開を最大限に活かすデッキにしておき、《星の導き 翔天》のような中型クリーチャの採用は控えめにしたいところですが、この呪文と《星の導き 翔天》との相性が良いという事が引っかかりますね。

とりあえず、この呪文を使う場合、デッキ構築がやや難しくなるということは覚悟しておく必要があるでしょう。

 

 

欠点

基本的には、自分のクリーチャー4体をタップして唱える能力を主に使うと思われますが、序盤から自分のクリーチャーを処理してくる相手には滅法弱いです。

 

ガンブルマンが一番隊を焼き払いながら突撃してきた

レッドゾーンにバーナインが轢かれた

 

現環境では十分にあり得る光景なので、その辺りは頭に入れておきましょう。

 

まとめ

 4体のクリーチャーを必要とする以上、プレイング及び構築に注意が必要なこのカードですが、発動できれば強力なカードです。

使い手自身が欠点や利点をしっかりと意識して、そのポテンシャルを開花させてやりたいですね。

 

 

以上。CS出るならメタリカかビートジョッキー。ポフルでした。