ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「ロージアミラダンテ」を組む決心をした話【デュエルマスターズ】

ちょっと休憩がてら、最近の自分の話でも。

 

 

つい最近、近所……と言うには少し遠い気がするカードショップにてCSが開催されるという情報を手に入れました。

 

非公認やデュエマフェスには何回か顔を出し、グランセクトで準優勝、メタリカで優勝していた私ですが、CSという、競技性のより高い大会には出た事ないなあと思いまして。

 

あ、グランセクトとメタリカについてはこちらをご覧ください。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

あ、でも、それなりに競技性の高い大会である全国大会2017にビートジョッキーで出て優勝したことはあります。一応。

 

www.dmasters-pohu.com

 

自分の成績を振り返るのはこの辺りにして、そろそろガチな人たちの中に紛れて戦うという経験をした方が良いのではないかというのが私の考えですね。

 

で、そのCSに出るデッキとして、「ロージアミラダンテ」を使ってみようかという考えが出てきたわけです。

 

 

そもそも「ロージアミラダンテ」とは

《時の法皇 ミラダンテⅫ》のファイナル革命を5ターン目に使う事を意識して組まれたデッキですね。

 


時の法皇 ミラダンテⅫ

光/水文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

コスト8 パワー12000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■革命チェンジ:光または水のコスト5以上のドラゴン

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしなければ、カードを1枚引く。

ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次の相手のターンの終わりまで、相手はコスト7以下のクリーチャーを召喚できない。


 

 

 

 

このミラダンテへの革命チェンジを、《ドラゴンズ・サイン》で早出しした《真・龍覇 ヘブンズロージア》を、《龍魂城閣 レッドゥル》でスピードアタッカー化することによって5ターン目に行うというのが基本的な動きになりますね。

 


ドラゴンズ・サイン

光文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■光のコスト7以下の進化でないドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーにブロッカーを与える。



真・龍覇 ヘブンズロージア

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウィング/ドラグナー

コスト7 パワー5500

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下のドラグハートを1枚、または光のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウェポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)

■マナ武装5:自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーすべてに「シールド・セイバー」を与える(自分のシールドがブレイクされる時、かわりに「シールド・セイバー」を持つクリーチャーを破壊してもよい)



龍魂城閣 レッドゥル

火文明 コスト3 ドラグハート・フォートレス

■このドラグハートをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「スピードアタッカー」を得る。

■スーパー龍解:バトルゾーンにある自分の《龍魂教会 ホワイティ》《龍魂要塞 ブルニカ》《龍魂宮殿 ブラックロ》《龍魂遺跡 グリーネ》があれば、5枚すべてをそれぞれ1枚ずつ裏返し、このドラグハートとリンクして、タップしていない1体のクリーチャーとする。


 

相手ターンにドラゴンズサインがトリガーした場合や、その時の盤面によってはは、他のドラグハートを出す事によって対応力を上げるなど、とにかく小回りの利くデッキだということが特徴の一つですね。

 

 

何故数あるデッキの中で「ロージアミラダンテ」なのか

ここで、「現環境的にロージアが一番刺さります」とか言えればカッコいいのですが、別にそんなことは無く。

今まで「ウィズダムミラダンテ」という、ロージアミラダンテとは別の方向でつくられたデッキでありながらやってることそこまで変わらないミラダンテのデッキを、去年の夏頃から使っていまして、その影響もが大きいですね。

「せっかくなら今のミラダンテⅫをもっと輝かせたい」と思った事が大きいです。

 

www.dmasters-pohu.com

 次点で、前にデッキの紹介で「多くのデッキにメタを貼ることができる」と言ったメタリカなのですが、やはり自分の中で暴言吐かれたことが少し心に残っているのでしょう。ガチの場に持っていくのがなんか嫌なんです。自信が無いわけでは無いのですが。

 

そして、「何故現環境に置いてトップと言えるモルネクやバイクを組まないのか」ですが、モルネクは、友達のモルト「王」的なドラゴンデッキを借りた際、いつまでたっても《フェアリーの火の粉祭》を手札に持ってこれないという事故が多発し、一勝もできなかったという新たなトラウマを植え付けられたので、これは駄目。バイクは単純にパーツを持っていない事が挙げられます。

 

そう、単純に言ってしまえば、

「手持ちのカードを見たら、ロージアが一番パーツが揃ってて組みやすかった」

というのが一番の本音です。

だらだらとそれっぽい建前並べてすいませんでした。

 

で、組んでみた時の問題点

ひとまず、

「テンプレそのままで組むよりも、テンプレを参考にして自分が動かしやすいように構築した方が手に馴染む」

という持論があるので、色んな方々の構築を参考にした結果、以下のようなデッキが脳内で組みあがりました。

 

光文明

真・龍覇 ヘブンズロージア 3枚

龍聖霊ウィズダムフェウス 3枚

音感の精霊龍 エメラルーダ 3枚

ミラクル・ストップ 1枚

ドラゴンズ・サイン 4枚

ヘブンズ・ゲート 2枚

Dの天牢 ジェイルハウスロック 2枚

 

水文明 4枚

コアクアンのおつかい 4枚

 

多色(光/水)

時の法皇 ミラダンテⅫ 4枚

時の秘術師 ミラクルスター 3枚

青寂の精霊龍 カーネル 3枚

魂と記憶の盾 1枚

レインボー・スパーク 2枚

ドレミ団の光魂Go! 1枚

アルカディア・スパーク 3枚

 

超次元は一旦保留。

 

 

おそらくロージア使いの方々には色々突っ込まれそうですが、ひとまず飲みこんでいただきたい。

これは今まで「ウィズダムミラダンテ」を使ってきた私なりに、「こんな感じの構築なら使いやすいだろうか」とイメージして構築しただけの話で、ここから実践を通してより自分の手に馴染むように構築していくつもりなので、ここで色々意見されても正直直しようがないのです。

ひとまず、この形が「私にとっての理想形」である事を承知していただきたい。

 

で、実際に手元にあるカードだけで組んでみたのですが。

 

 

私の「ウィズダムミラダンテ」において一番のお気に入りかつ最高の相棒だった《サファイア・ウィズダム》をスリーブから外す事ができない事件が発生。

 

 

サファイア・ウィズダムは確かに強力ですが、今回のデッキでは踏み倒す能力も、前のデッキのようなしぶとく戦い続ける能力もないために、確実に腐るという欠点が存在しています。

 

よって、今回の構築に置いてはお守り以上の役割は期待できず、抜く事しか考えられない。

 

しかし抜く際に、

  • ビッグマナの脅威をこの子1体で対処することができた事。
  • ループデッキに対して妨害を続けてこの子で完封した事。

この辺りの思い出が頭をよぎる……。

 

サファイア「いいんだ。私の知識をもってしても、私を抜いたほうが君は強くなるという結論が出ている」

 

わたし「わかってる。わかってるけど……!」

 

わたし「私はお前と一緒に戦いたいんだよ!!!!」

 

 

 

結論

私は、デュエマを競技としてとらえる事に向いていないのかもしれない。

 

とりあえず、サファイア・ウィズダムを別の形で活躍させることができるデッキを開発できない限り、ロージアを組むことはできませんね。だめだこりゃ。

 

 

もし、CSに出るとしたら、

赤単ビートジョッキーで脳死速攻します。

 

 

以上。色々駄目なポフルでした。