ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《キャタピラ親方》考察 ―汎用性の高いジョーカーズがきましたよ【デュエルマスターズ】

なんだか、誤字脱字が多すぎるので、慎重に更新しなきゃなぁとか思いつつ、そういうの面倒だなあと思ってちゃちゃっと書いちゃいたいと思う自分がいて色々あれ。ポフルです。

 

火文明ジョーカーズも、次の構築済みデッキ「集結!!炎のJ・O・Eカーズ」でかなり充実しそうですね。

優秀な相棒に恵まれなかっただけで、効果自体は優秀だったフィニッシャーの《メラビート・ザ・ジョニー》の買い時は今かもしれませんよ??と煽るだけ煽っておきましょう。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

さて、今回紹介するのはそんな構築済みデッキに収録される新たな火文明ジョーカーズ《キャタピラ親方》ですね。

 

 

カード情報


キャタピラ親方

火文明 ジョーカーズ

コスト5 パワー5000

■J・O・E 1(このクリーチャーを、コストを1少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)

■スピードアタッカー

■いずれかのプレイヤーがコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。


 

 

考察

ジョーカーズにおける踏み倒しメタカードですね。

スペックとしては1コスト大きくなった代わりにパワーとJ・O・E1を得た《早撃人形マグナム》といったところでしょうか。

 


早撃人形マグナム

火文明 デスパペット/エイリアン

コスト4 パワー3000

■スピードアタッカー

■いずれかのプレイヤーが、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。


 

基本的にはコストが軽い方が優先されるので、《早撃人形マグナム》の方が優先されそうですが、ジョーカーズである点と「J・O・E」を持つ点を活かす事ができる構築であればキャタピラが優先される事もあるでしょう。

 

そのジョーカーズデッキでも、基本的にコスト踏み倒しへのメタとしては《洗脳センノー》が、S・トリガー対策としては《単騎連射マグナム》が優先されます。

 


洗脳センノー

無色 ジョーカーズ

コスト3 パワー4000

■相手は、自身のターン中、召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出せない。



単騎連射 マグナム

火文明 アウトレイジ

コスト3 パワー3000

■自分のターン中に、相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時そのクリーチャーはバトルゾーンのかわりに持ち主の墓地に置かれる。


 

 

相手ターンでの踏み倒しも自分のターンでの踏み倒しも対策できる事がキャタピラの利点にはなりますが、置換効果による除去でない事が足を引っ張る事もあり、器用貧乏感が強いです。

何かしら明確な使い道を考えない事には採用は難しそうですね。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》との相性は、使い方次第といったところでしょう。

 


メラビート・ザ・ジョニー

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につきカードを1枚引く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。


 

キャタピラがJ・O・Eを持つ事から、マスター・W・メラビートによる踏み倒しに対応しています。

《メラビート・ザ・ジョニー》と《超Z級 ゲキシンオー》で打点を揃えつつ、他にジョーカーズが2体あれば相手のクリーチャーを全て破壊、そしてキャタピラを一緒に出せば、相手のS・トリガー獣による反撃の芽を摘むことが可能と、完全では無いにせよ、ゲキシンオーの弱点をある程度カバーする事に繋がるのは大きいですね。

 

と、相性が良さそうに見えますが、予めキャタピラを出している状態でメラビートによるコスト踏み倒しを行ってしまうと、キャタピラの効果が自分に火を噴くことに注意が必要です。

《洗脳センノー》と役割が被るとは言いましたが、むしろ序盤の妨害はセンノーに任せ、センノーが対応できない自分のターンでの踏み倒しはキャタピラに任せるという方向性で運用するのが良いのかもしれませんね。

 

《単騎連射マグナム》の存在は大きいですが、ジョーカーズのカードのみで相手にメタを貼ることができるようになったという事を評価すべきでしょうか。

 

《単騎連射マグナム》が使えないブロック構築において、ジョーカーズでのトリガー対策カードとして需要があるかもしれません。阿修羅ムカデ?知らない子ですね。

 

まとめ

中途半端な感じこそありますが、ジョーカーズにとっては待望の、自分のターンでの踏み倒しメタ、不完全とはいえS・トリガーメタとしての活躍が期待できるクリーチャーです。

 

火文明ジョーカーズを使う方にとっては有用な、メタ効果持ち「J・O・E」持ちジョーカーズだったりもして、今後の活躍が期待できるクリーチャーだと言えるでしょう。

 

 

以上。多分誤字脱字は無い……筈。ポフルでした。