ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《オヴ・シディアDG》考察―禍々しさが消えた気がする。【デュエルマスターズ】

そういえば、彼女が「私《オヴ・シディア》怖いから嫌い」なんて言っていた事を思い出しました。ポフルです。

まあ確かに、メタリカの一部クリーチャーは、単眼な所とか、どこか色使いが毒々しいところとか、ちょっと怖いと思わせる部分がありますね。

 

キラードンは可愛いという彼女の言葉なので色々あれですけれど。

 

相変わらず独特な感性をお持ちで、私の感性が一般受けする感性なのか不安になってきますね。まぁ独特な感性を持っている事は良いことだとは思いますけれど。

 

 

さて、そんな《オヴ・シディア》が、DG化してしまいました。《オヴ・シディアDG》です。

マスターカードだった彼(彼女?)がDG化によって単なるSRになり、噛ませ犬感というか真のラスボスの引き立て役のような感じが拭えないのですが、とにかくその強さはどうなったのか、考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報


オヴ・シディアDG

無色 メタリカ

コスト8 パワー12000+

■T・ブレイカー

■相手のターンのはじめに、自分のシールドを1つ手札に加え、その後、自分の山札の上から2枚を裏向きのまま新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。(こうして手札に加えたシールドカードの「S・トリガー」を使ってもよい)

■ラビリンス:自分のシールドの数が相手より多ければ、自分のメタリカのパワーを+5000する。


 

考察

相変わらずのコスト8というサイズに、相変わらずのシールド追加能力、そしてラビリンス能力によるパンプアップ効果を持っています。

 

シールド追加能力は、単なる追加ではなく、シールド回収能力も付いてきました。そしてそのS・トリガーは暴発可能と、《DG ~ヒトノ造リシモノ~》及び裁きの紋章とセットで使えとでも言うべき効果ですね。

 

 


DG ~ヒトノ造リシモノ~

無色 メタリカ

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時またはタップした時、自分と相手のシールドを1つずつ選ぶ。このクリーチャーは選ばれたシールドをブレイクする。

■自分のシールドゾーンから手札に加えるメタリカまたは裁きの紋章全てに「S・トリガー」を与える。


 

www.dmasters-pohu.com

コスト8と重いこのクリーチャーの召喚サポートとしても使えなくもないこの子との相性は最高です。

造リシモノの効果で減っていく自身のシールドを、オヴ・シディアで回復。回復したシールドを使って造リシモノの効果でまた展開……と、なかなか頭おかしい事をしてくれます。

 

 自身の効果でシールドを増やす事ができるので、ラビリンスの達成も比較的容易です。その能力はメタリカを5000のパンプアップ。はっきり言って、コスト8のクリーチャーのラビリンス能力としては地味な物。DGクリーチャー限定なら《DG ~裁キノ刻~》が同じ5000のパンプアップができる点もあって、この能力を目当てに採用される事はまず無いと言って良いでしょう。

 

ただ、いざ適用されれば、自身のパワーが17000とトンデモパワーになるので、あって困る効果というわけでもなさそうです。

小型を並べるメタリカにとって、全体火力に強くなれる事もうれしいところです。うまく早めの降臨に成功すれば、天敵の《メガ・マグマ・ドラゴン》も怖くなくなります。

 

欠点

DGデッキではかなりの活躍が期待できそうなクリーチャーになりますが、欠点を挙げるなら、本家《オヴ・シディア》でもよく話題にされていた通り、ヒトノ造リシモノが無ければ「ただシールドを増やすだけの置物」に成り下がる事でしょう。

 

シールド回収もできるという点、手札が減らないという点が本家と違う点ですが、前者はそもそもヒトノ造リシモノで回収ができる事、シールド追加自体は他のメタリカクリーチャーでも十分できるという事が挙げられます。

コスト8も支払ってできる事がこれだけというのもなんというかという感じです。

 

また、メタリカクリーチャーを考察する際に何度も言っている事ですが、「劣勢をひっくり返すカードでは無い」という点にも注意です。

 

 

 

反面、ここで挙げた欠点のほぼすべてを、ヒトノ造リシモノとの組み合わせによって全て解決してしまうクリーチャーです。

この2体が揃えば、かなり強力な制圧能力を誇る事になるので、基本的にはヒトノ造リシモノとのコンボが前提となったクリーチャーだと言えそうですね。

 

 

まとめ

 基本的に《DG ~ヒトノ造リシモノ~》によるコンボを前提としているクリーチャーだと言えます。

この2体が揃えば、その基本スペックを大きく上回る制圧力を見せてくれることでしょう。

 

ただし、単体ではそこまで強いとも言い辛い物がありますね。

 

 

 以上。怖いって何だろう(哲学)ポフルでした。