ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

彼女と最大級VS最軽量のデュエマをした話【デュエルマスターズ】

《サファイア・ウィズダム》の転職先が一応決まりました。ポフルです。

 

この週末、彼女と遊んでいたのですが、その時のデュエマの話を少々。

 

一応、《サファイア・ウィズダム》のその後についても書けますのでそれもお楽しみに。

 

 

彼女と「コスト最高VSコスト最低」デュエマ

 

この話を書く前に、私が一番好きなクリーチャーとして結論が出た《サファイア・ウィズダム》の話を。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

サファイア・ウィズダムの転職先

結局、うだうだ文句を言いながら、元々作ってあった「九極侵略」の中に組み込むことにしました。

とはいえ、今まで組んでいた白単型ではなく、白青黒の通称「ドロマー九極侵略」となっております。

 

とはいえ、《コアクアンのおつかい》や《デモンズ・ライト》等のドロー補助を連発して《超七極 Gio》の早期召喚をサポートし、そこから《極まる侵略 G.O.D》に侵略する……という、今現在広く広まっているタイプの物とは違い、《時の玉 ミラク》を《デッドリー・ラブ》や《学校男》で破壊に巻き込み、エスケープでコスト9のカードを手札に加える時、《二極 シヴァイーヌ》のS・バックを発動するという、所謂スーサイド型のデッキになっています。

何かに特化すると途端に事故る私の性質を考えて組んでおります。

 


超七極 Gio

光文明 エンジェル・コマンド/侵略者

コスト9 パワー11500

■進化―自分の光のクリーチャーの上に置く。

■このクリーチャーを召喚する時、自分の手札にある他のコスト9のカードを好きな数、相手に見せてもよい。こうして見せたカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■ブロッカー

■W・ブレイカー



極まる侵略 G.O.D

光文明 エンジェル・コマンド/侵略者

コスト9 パワー15500

■進化―自分の光のコスト9のクリーチャー

■侵略―光のコスト9の進化クリーチャー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト9のクリーチャーを9体まで、自分の手札かマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。



時の玉 ミラク

光文明 ジャスティス・オーブ/革命軍

コスト2 パワー1500

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■エスケープ(このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のシールドをひとつ手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない)



デッドリー・ラブ

闇文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、相手のクリーチャーを1体破壊する。



学校男

闇文明 ヘドリアン/エイリアン

コスト2 パワー8000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のクリーチャーを2体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。

■W・ブレイカー



二極 シヴァイーヌ

光文明 エンジェル・コマンド/侵略者

コスト9 パワー5500

■S・バック―コスト9の光のカード(コスト9の光のカードを自分のシールドゾーンから手札に加える時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、コストを支払わずにこのクリーチャーを召喚する)

■ブロッカー


 

 

詳しくはまだテスト段階のデッキなのでまた次の機会になりますが、G.O.Dへの侵略よりも、優秀な耐性持ちの《超九極 チュートピア》への侵略を重視したタイプのデッキになりますね。正直、《サファイア・ウィズダム》の効果の事を考えたら、ドローに特化した方が良い気もしますが、そこはまた考えましょう。

 

 

九極VSミルクボーイ

この、テスト中の九極侵略を引っ提げ、彼女とのデュエマに臨んだわけですが、彼女の使うデッキは「緑白t黒ミルクボーイ」。

このデッキについては、過去に彼女が準優勝した記念の話として別記事に書いているのでそちらを参照してほしいです。

 ただし、多少構築が変わっています。

www.dmasters-pohu.com

 

 

なんと、ミルクボーイというコスト1のクリーチャー、すなわち最低コストのクリーチャーを主体としたデッキVS、九極の侵略者という、コスト9という超大型クリーチャーを主体としたデッキとの対決。すなわち

「最軽量VS最大級」

というなかなかロマンな対決となったのです。

 

 

そんなこの2つのデッキの対決。私側からしてみれば、「G.O.Dへの侵略を決めて、手札を3つくらい維持しながらサファイアを出しておけば完封可能」という結論が出ていたので、正直勝ちやすいと思っていました。

だが世界はそこまで甘くない。

 

序盤、ミラクを出してミルクボーイの猛攻を防ぐ体制に入った私。

メリーボーイラウンドと《D2B バブール》《ベイB ソーター》を揃え、攻撃準備完了になった彼女は、果敢に攻撃を仕掛けてきました。そこでシールドから手札に加わったG.O.DとGio。

 


D2B バブール

自然文明 ミルクボーイ/マスター・イニシャルズ

コスト1 パワー5000+

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、タップする。

■バトルゾーンに自分のD2フィールドがなければ、自分のターンのはじめにこのクリーチャーはアンタップしない。

■このクリーチャーがアンタップした時、そのターン、自分のクリーチャーはすべて、パワーを+5000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。



ベイB ソーター

自然文明 ミルクボーイ/イニシャルズ

コスト1 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーをタップする。

■自分のターンのはじめに、このクリーチャーはアンタップしない。

■自分のターン、1枚目のカードを引く時、自分のマナゾーンのカードを3枚タップしてよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップする。



Dの揺籠 メリーボーイラウンド

自然文明 コスト1 D2フィールド

■コスト1のクリーチャーは、それよりパワーの高いクリーチャーに攻撃されない。

(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

■Dスイッチ:自分のターンに、1枚目のカードを引いた時、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、自分のクリーチャーを全てアンタップする。


 

 

マナには序盤に引いていた《サファイア・ウィズダム》。そして《世紀末ゼンアク》。

完璧でした。はい。あの時は完璧だと思っていました。

 

G.O.Dへの侵略を完了、サファイアとゼンアクが立った。負ける要素など無い。

メリーボーイラウンドでコスト1のクリーチャーには攻撃できないのでシールドをブレイク。

そして現れる《ZEROの侵略 ブラックアウト》

無残に死にゆくゼンアク

突撃するベイB達

殴られる私

手札維持のためにブロッカーを立てれず死に行く私

 


ZEROの侵略 ブラックアウト

闇文明 ソニック・コマンド/侵略者ZERO

コスト6 パワー7000

■W・ブレイカー

■侵略ZERO:相手のターンの終わりに、そのターン相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出していたら、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

■このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンに自分のD2フィールドがあれば、相手のパワーが一番大きいクリーチャーを1体破壊する。


 

その後の戦いも悲惨なもので

その後も、何戦かしましたが、

サファイア・ウィズダムを立てれず、《オリオティス・ジャッジ》に有罪判決を受ける九極達

ハックルキリンソーヤとバブール2体の恩恵により、ゼンアクを除去しながらGioをすり抜けるブラックアウト

そもそもハックルキリンソーヤとベイBでミラクが機能不全に陥る状態

 


密林の提督ハックル・キリンソーヤ

自然文明 ドリームメイト

コスト3 パワー5000

■マナ進化―自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。

シールド・フォース

 SF―自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。



オリオティス・ジャッジ

光文明 コスト3 呪文

■S・トリガー

■各プレイヤーは、自身のマナゾーンにあるカードの枚数以上のコストを持つクリーチャーをすべて、好きな順序で山札の一番下に置く。


 

 

とにかくあれです。

メタカード多すぎ問題。

 

《サファイア・ウィズダム》がいる状態で手札を3枚以上にしつつ、《超九極 チュートピア》で破壊耐性を与えられたGioかゼンアクでブラックアウトに睨みを利かせ、ごり押しで死なない程度のブロッカーを展開する事が、このデッキの勝ち筋ということに。

 

ええ。

大きいことが正義とは限らない。

なんていうか、これで何か一本お話がかけそうなくらいありふれた結論が出ましたとさ。

どこかのグランセクトに聴かせたい話でしたね。

 

とりあえず、

《デモンズ・ライト》入れてドロー特化型にしてやろうかしらん。

 

以上。設計図型は絶対に事故る。ポフルでした。