ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《奇石 マクーロ》考察【デュエルマスターズ】

最近の流行りは九極。ポフルです。

 

メタリカから浮気してんじゃねぇよとか言われそうですが、えぇ。あんな楽しいデッキ手放せませんよ。

 

 

そんなメタリカですが、メガ盛りプレミアム7デッキ「キラめけ!! DG超動」収録の新カードがなかなかのぶっ壊れだという噂がありますね。

《奇石 マクーロ》。早速考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


奇石 マクーロ

光文明 メタリカ

コスト3 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からメタリカを1体または呪文を1枚、相手に見せてから手札に加えてもよい。残りを好きな順番で山札の一番下に置く。


 

 

考察

 

メタリカ待望のサーチカードといった性能です。

今まで《一番隊クリスタ》や《龍装者 バーナイン》に依存しがちだったメタリカにとって、不確定とはいえこの2枚を手札に入れやすくなった事はかなり嬉しいですね。

 

単純にキャントリップとして見ても優秀で、《龍装者 バーナイン》がいなくても手札を減らさずに展開できる事は、大量展開が持ち味のメタリカに合った能力と言えそうです。

 

呪文もサーチ対象に入っているのは、裁きの紋章を有効活用するためとみて間違いないでしょう。DGを主とするメタリカにも入る性能と言えますね。

 

おそらく皆さんが気になっている白緑メタリカとの相性ですが、《緑地銀 フェイウォン》よりも優先して入れて良いのかもしれません。フェイウォンもキャントリップ持ちですが、1ドローのためにはクリーチャーをタップしなければならないので、ジャックですぐにタップする事ができません。

呪文もサーチできるので、キーカードの《ジャスト・ラビリンス》や《攻守の天秤》を拾う事も可能と、白緑メタリカの安定性の増強に使えそうですね。

凄いですね。はやくジャック規制かかれ

 

総じて、これからのメタリカデッキにおいて、新たな必須カードとなり得るクリーチャーだと言えそうです。

 

敢えて弱点を挙げるなら、出た後は完全にバニラ状態になってしまう点でしょうか。

他のメタリカが高パワーで攻撃曲げとの相性が良かったり、強力なシステムを持っていたりで、ただ小型を並べるだけのデッキでは無い事が特徴だったメタリカですが、この子には目立つシステムは無く、パワーも最低ランク。

汎用性の高い効果を持っていて、低コストという点がすでに優秀なので、確実に気になりませんが。

 

まとめ

メタリカのサーチカードという、メタリカどころか他の種族もこぞって欲しがりそうな性能です。

 

これから、どんな形のメタリカでも使おうと思っている方は、メガ盛りプレミアム7デッキ「キラめけ!! DG超動」、見逃せませんね。

 

 

以上。メタリカ推しに少し戸惑うポフルでした。