ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《第七神帝サハスラーラ》考察―ロマンの塊のこの子をもっとじっくり味わいましょう【デュエルマスターズ】

久しぶりにゴッドの話でも。ポフルです。

 

「ゴールデン・ベスト」にて新規収録された、久しぶりに登場した神帝であり、久しぶりに登場したゴッドサポートでもある《第七神帝サハスラーラ》。

 

かなり前にゴッドについての記事を書いていたり、ゴッド・ノヴァOMGを使っていたり神帝に憧れたりと、何かとゴッドが好きな私が何故今までこの子の考察を書いていなかったのかと言えば単純に「難しいから」だったのですが、いま改めてこの子を見てみると、色々面白い使い方が浮かんでくるなぁと思う次第です。

 

あと、

彼女がこの子の事をかわいいと言っていたので、この子を使ったデッキ考える必要が出てきたというのも大きいです。

むしろそっちの方が……いや、なんでもないです。

 

今回はこの子の強さについて言及しつつ、どんなデッキで使えそうなのかを書いていきたいと思います。

 

そして最初に断わっておきますが、

過去最高の文字数になります。

ご注意ください。

 

途中、この文字色で、私が現状思っている事をつぶやいています。

 

 

カード情報

 


第七神帝サハスラーラ

闇文明 クリエイター/オリジン

コスト10 パワー21000

■進化:自分のゴッド1体の上に置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札を2枚選び、捨てる。その後、クリーチャーを2体、自分の墓地から手札に戻してもよい。

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-8000する。

■このクリーチャーの攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。


 

 

考察

カードのスペック

神帝が《神帝ヴィシュ》《神帝スヴァ》を含んだ4体リンクを成功させた時のスペックとほぼ同じになっています。

違いとしては、

  1. 種族がゴッドからオリジンになった。
  2. コストが19(3+4+5+7=19)から10へと下がった。
  3. アンタップする能力が、「攻撃またはブロックする時」から「攻撃の終わりに」へと変わった。
  4. パワーが1000上がった。
  5. 自身の墓地のゴッドの数だけ自身を強化する能力が無くなった。
  6. ゴッドを進化元に指定する進化クリーチャーになった。
  7. 特殊敗北条件が無くなった。

の5つです。

 

1によってゴッドのサポートが受けられなくなりました。

神帝として考えた場合、《ゴッド・ガット》《プロジェクト・ゴッド》あたりの優秀なサポートが受けられなくなった事がやや痛いでしょうか。

 

2はコストの低下ですが、さすがに一つのカードとして扱う時に19というかなり大きなコストは現実的では無かったのでしょう。進化クリーチャーになったことで大幅なコスト軽減に成功したという事でしょう。

 

3は一長一短です。

《Dの牢閣メメント守神宮》によって、ブロッカーの付与が容易になった現状、無限ブロックができなくなった事は、トリガーを踏んだ時のリカバリーとして使えなくなったとも取れますが、元々ブロッカーを持っていないこの子にとってはどうでも良いと考える事も出来ます。

むしろ、「攻撃する時」から「攻撃の終わりに」となったことで、スパーク系のトリガーで止まらなくなったという利点の方が大きいでしょう。

 

4と5のパワーの違いですが、正直そこまで気にする事は無いです。元々膨大なパワーとパワー低下能力を持っているので、オーバーキルにしかならないです。

どうせあっても、

ドルマゲドンXやドキンダムXには及ばないので。

神とは。

 

色々差別点を書いてきましたが、正直、

6の、ゴッド指定の進化クリーチャーになったことで、ゴッドを採用しているデッキで使えるようになった事。

7で理不尽な死の心配がない事。

が大きな利点となっています。

 

総合的に見て、というか7のおかげで、かなり魅力的なクリーチャーになったと言えます。無難になったともいえる。

 

出せばほぼ勝ちというオーバーキル感は健在で、さすがは種族指定の大型進化クリーチャーといったところですね。

ただし、ゴッドリンクによってある程度の除去耐性があったゴッド版神帝と違い、こちらは一回の除去で終了です。

ある程度のトリガー対策は必要となるでしょう。

 

《神の裏技ゴッド・ウォール》の能力を進化元に適用してから進化すれば、ゴッド・ウォールの能力をサハスラーラが引き継ぐので、

場から離れる事のない無限アタッカーの完成です。

これでトリガー対策はばっちりですね!!!!

クロック?あぁ。はい。

 


神の裏技 ゴッド・ウォール

無色 コスト5 呪文

■G・ゼロ―バトルゾーンに自分のゴッドがあれば、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。

■バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選ぶ。それがゴッドであれば、自分の次のターンのはじめまで、そのクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、離れるかわりに留まる。ゴッドでなければ、自分の次のターンのはじめまで、そのクリーチャーが破壊されるとき、墓地に置かれるかわりにバトルゾーンにとどまる。


 

コストの重さ、進化元の問題等考える事は多いですが、一度出せば、劣勢をひっくり返す切り札になり得る強さを持っていますね。

 

 

使い方を考えよう。

魅力的なクリーチャーですが、重いコストと進化元の指定から、どんなデッキでも扱えるわけではありません。

また、ゴッドを扱うデッキでも、10コストという重さを考えると、今までの構築に適当にポイしただけで扱える代物でもありません。

 

ひとまずここでは、相性の良い踏み倒しカードや、相性の良いゴッドを考えていきましょう。

 

相性の良いカード

色々な踏み倒しカードがありますので、個別に考えていきましょう。

なお、これ以降、ゴッドリンクについての知識があった方が読みやすくなると思うので、こちらの記事を読んでおくことをお勧めしておきます↓

www.dmasters-pohu.com

母なる星域

母なる星域

自然文明 コスト3 呪文

■自分の進化でないクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

 

進化クリーチャーを扱うなら、真っ先に挙げられるカードですね。

コスト10のカードを3コストで出せる事は十分な利点になりますが、9マナ(星域の効果でクリーチャーをマナに置かないコンボを前提とするなら10マナ)は貯めないと出す事ができないので、ある程度のマナブーストが可能なゴッドデッキで扱う事になるでしょう。また、自然文明も必要です。

《ゴッド・サーガ》等、自然のゴッドサポートを入れていたデッキならば採用可能でしょう。

 

ヒラメキ・プログラム

ヒラメキ・プログラム

水文明 コスト3 呪文

■自分のサイキックでないクリーチャーを1体破壊する。その後、自分の山札の上から、その破壊されたクリーチャーよりコストが1大きいクリーチャーが出るまで、カードを全てのプレイヤーに見せる。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。


 

 

コンボデッキのお供。

コスト9のクリーチャーが必要になりますが、ゴッドリンクでクリーチャーのコストを増やす事ができるので、速い段階での踏み倒しが可能です。

コスト4+コスト5でリンクできるゴッドが一番現実的でしょう。

また、コスト10のクリーチャーをサハスラーラだけにしておけば、事前にデッキからサハスラーラを引き出す必要が無いという点も大きいですね。

水文明ですが、元々《プロジェクト・ゴッド》という優秀なサポートの存在もあるので色の心配もなさそうですが、一番の問題としてはこのカードが殿堂入りであるという点です。

このカードだけに頼ったデッキ構築にするのではなく、他の踏み倒しカードと共に、もしくはサハスラーラ無しでも戦えるようなデッキに採用し、隠し味のような感覚で扱うのが良いでしょう。

 

転生スイッチ

転生スイッチ

水文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。その後、そのプレイヤーは、選ばれたクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーを1体自身の手札から選び、バトルゾーンに出してもよい。


 

 

防御用トリガーとしても扱える魅力的なカードです。

こちらはコスト11のクリーチャーを作る必要があるのでやや難易度は高いです。

場合によっては3+4+5など3体リンクで作る必要も出てくるでしょう。2体の場合一番楽なのは5+6でしょうか。

《超神類 イズモ》もコスト軽減持ち12コストゴッドということで有用に見えますが、この子を出せるということは横にリンク済みのゴッドが存在するという事なので、そちらを種にした方が早い疑惑もあります。

難易度はやや高いですが、防御用トリガーとしても使えるために癖は少ない方なので、安定を求めたいならこちらを軸に組んでみてはいかがでしょうか。

 

Dの悪意 ワルスラ―研究所

Dの悪意 ワルスラ―研究所

水文明 コスト5 D2フィールド

■自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

■Dスイッチ:自分のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき同じコストのクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。


 

 

 

ある程度軽いクリーチャーが多く、リンクシステムの都合上展開が必要なゴッドにとって、有用な置きドロ―能力と相手の厄介なD2フィールド対策としても利用可能ですが、Dスイッチによってフィールドのクリーチャーと同コストのクリーチャーを場に出す事が可能な効果がサハスラーラと相性が良いです。

コスト10ということは5+5、このフィールドを展開することを考えると4+6ならコスト5のこのカードとうまく繋げる事ができるでしょう。

 

難易度は比較的優しめですが、D2フィールドという都合から相手に除去されやすい点と、発動タイミングが自分のターンのはじめという不安定性が少し目につきますね。

 

蝕王の晩餐

蝕王の晩餐

闇文明 コスト3 呪文

■自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、それよりコストが1大きいクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

 

新章デュエルマスターズにて出てきた踏み倒しカードで、密かに悪用されるのではないか疑惑を抱いていた私ですが、そうでもなかったこの子。

発動前に墓地を肥やす必要があることが足を引っ張るのでしょう。

とはいえ、必要なクリーチャーはコスト9のクリーチャー。ヒラメキと同じく4+5で出せる事、《プロジェクト・ゴッド》で墓地肥やしとリンクを同時にこなせるので、なかなか良い感じですね。

ある程度の墓地肥やしを同時にこなす神帝およびゴッド・ノヴァOMGなら特に相性が良さそうです。

 

 

 

総括すると、

  • かなり使いやすいものの、殿堂入りなので依存し過ぎは危険な《ヒラメキ・プログラム》
  • 同じく使いやすいものの、結局マナブーストは必須の《母なる星域》
  • 全体的に腐りにくいものの、要求するゴッドのコストは一番大きい《転生スイッチ》
  • 踏み倒しのタイミングやD2フィールド特有の不安定さはあるものの、腐りにくく優秀でかつリンクの補助としても使える置きドロ―と、D2フィールド特有のメリットが光る《Dの悪意ワルスラ―研究所》
  • 要求コストは低く使いやすいものの、事前の墓地肥やしが必要な《蝕王の晩餐》

といったところでしょうか。

 

一応、《緊急再誕》も考えたのですが、使いにくいので却下。

一部ゴッドとの相性が良いかもしれませんが、他のカードに勝る部分が少ないので、ここでは考えません。マナを伸ばせて、同じく手札から展開できる《転生スイッチ》を使える水を使えず、かつサハスラーラを手札に加えれるような構築を目指さなければなりませんね。

 

 

そろそろ文字数がえぐくなってきたのでアイス食べます

相性の良いゴッド

上で相性の良いカードを見つけたので、その相性の良いカードと相性の良いゴッドを探してみましょう。

 

大前提として、ゴッドと言うのは基本的に「ゴッドリンクに成功すれば勝ち」といっても良い程のスペックを持っており、上記の相性の良いカード群は、そのリンクを前提とした考えの元で考えています。

つまり、「上記の相性の良いカードはあるものの、いちいちサハスラーラに進化させる旨みが少ない」という事もあります。ヘヴィ&デス&メタルがいい例でしょうか。

 

ここでは、「リンク後ゴッドがオーバーキル過ぎるもの」を外して考えるので、ここに挙がらなかったゴッドも、サハスラーラと上記サポートを加えたら、「デッキ全体を見た時に面白いデッキになった」という事も十分にあり得ます。自分でも探してみてください。

 

G・A・ペガサス&G・E・レオパルド 

G・A・ペガサス

光文明 ゴッド/アポロニア・ドラゴン

コスト5 パワー3000+

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から自然の呪文を1枚選び、手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

■G・リンク《G・E・レオパルド》の右横

■このクリーチャーがリンクしていて、相手がクリーチャーを選ぶ時、相手はこのクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)



G・A・レオパルド

自然文明 ゴッド/アースドラゴン

コスト6 パワー4000+

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から光のクリーチャーを1体選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

■G・リンク《G・A・ペガサス》の左横

■このクリーチャーは、リンクしている時「W・ブレイカー」を得る。


 

 

 

元々ゴッドリンクの難易度が低く、ペガサスが自然の呪文をサーチするために《母なる星域》をサーチできる点が良いですね。

更に、コストの合計が11なので、《転生スイッチ》でサハスラーラを出す事が可能です。

《ディメンジョン・ゲート》をサーチできる事もあって、サハスラーラをデッキから引き出す事も容易、リンク後のアンタッチャブル能力もあり、2体でリンクする事やお互いがお互いをサーチしてこれる事から、比較的安定したデッキが組めそうです。

 

ただし、肝心のペガサスレオパルドがやや淡泊なので、現環境では爆発力に欠けそうです。他のデッキよりも比較的自由にデッキを構築できる点をうまく活かしたいですね。

 

邪道神キキ&外道神カイカイ

邪道神キキ

水文明 ゴッド

コスト5 パワー3000+

■ブロッカー

■このクリーチャーがブロックする時、カードを1枚引いてもよい。

■G・リンク《外道神カイカイ》の左横

■このクリーチャーは、リンクしている時、「W・ブレイカー」を得る。



 

外道神カイカイ

闇文明 ゴッド

コスト5 パワー4000+

■相手が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。

■G・リンク《邪道神キキ》の右横

■このクリーチャーがリンクしていて、自分がカードを引いた時、引いた枚数と同じ数の手札を相手は選んで捨てる。


 

ハンデスとドローによって、相手を追い詰めるデッキです。

ゴッド自体との相性は微妙ですが、色が合う事と、合計コストが10になる事から《Dの悪意ワルスラ―研究所》との相性が良いです。研究所自身がドロー能力を持っている事もうれしいですね。

ハンデスによって相手のD2フィールドを展開前に叩くことができれば、ワルスラの欠点を補えますね。

サハスラーラを出した後は相手へのハンデスができなくなるという点も、キキとカイカイが同じコスト5なので、研究所の効果でリンクし直す事は容易です。

 

全体的に研究所との相性が目立つゴッドですね。

 

 

崇高神ケミカル&無上神アンダーワールド

崇高神ケミカル

水/闇文明 ゴッド

コスト5 パワー5000+

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを2枚引いてもよい。そうした場合、手札を1枚捨てる。

■G・リンク《無上神アンダーワールド》または《極上神プロディジー》の左横

■このクリーチャー、はリンクしている時、「W・ブレイカー」を得る。



無上神アンダーワールド

火/自然文明 ゴッド

コスト4 パワー3000+

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ゴッドを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■G・リンク《至高神オービタル》または《崇高神ケミカル》の右横

■このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。


 

手札交換とマナ回収によって、色の多さにさえ目を瞑ればリンクしやすいゴッドです。

コスト9という点とその色の多さから、星域、蝕王、ヒラメキとの相性が良いです。

内、蝕王はケミカルの効果で手札のサハスラーラを墓地に落とせるので、そこそこの相性と言えそうです。《プロジェクト・ゴッド》が使える点もうれしいですが、ケミカルとリンクできる《極上神プロディジー》も一緒に入れない限り確実なリンクは難しい上に、プロディジーとリンクした際は相性の良いカードが変わる点にも注意が必要です。どちらかと言えば、上記呪文を回収できる《アクア呪文師 スペルビー》や、クリーチャー回収を兼ねる《白骨の守護者 ホネンビー》の方が相性が良いかもしれません。

 

崇高神ケミカル&極上神プロディジー

極上神プロディジー

光/水文明 ゴッド

コスト5 パワー5000+

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■ブロッカー

■自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のブロッカーを持つクリーチャーをすべてアンタップしてもよい。

■G・リンク《至高神オービタル》または《崇高神ケミカル》の右横

■このクリーチャーがリンクしていて、自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーが破壊される時、そのクリーチャーを墓地に置くかわりに手札に戻してもよい。


 

上のケミカル&アンダーワールドとは、コストが違い、合計コストが10です。ワルスラ研究所ですね。

ブロッカーにモヤシを付与し、ターンの終わりにアンタップする能力を与えるので、軽量ブロッカーを並べるデッキであることが多く、5枚目以降の《知識の精霊ロードリエス》としての採用ができます。ただし、コスト5のカードが多くなってしまう事には注意が必要です。

防御型のデッキになり、リンクした際の能力もフィニッシャーとして見ると今一つなので、サハスラーラとの兼ね合いも十分です。

軽量ブロッカーに防御を任せ、チャンスを見計らってサハスラーラを召喚。攻めあぐねているクリーチャーをパワー低下で除去しながら一気に攻めていけます。

 

神帝

神帝ムーラ

闇文明 ゴッド/オリジン

コスト3 パワー3000+

■G・リンク《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の左横、《神帝アージュ》の下側

■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、ゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻す。



神帝マニ

水文明 ゴッド/オリジン

コスト4 パワー4000+

■G・リンク《神帝ムーラ》の右横、《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の下側

■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、カードを1枚引いてもよい。



神帝ヴィシュ

闇文明 ゴッド/オリジン

コスト4 パワー3000+

■G・リンク《神帝ムーラ》の右横、《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の下側

■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。



神帝スヴァ

闇文明 ゴッド/オリジン

コスト5 パワー6000

■G・リンク《神帝アージュ》の右横、《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の上側

■このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるゴッド1体につき+2000される。

■このクリーチャーが《神帝アージュ》とリンクしていて攻撃するとき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-8000される。

■自分の、カード名に《神帝スヴァ》と書かれているカードがバトルゾーンを離れた時、自分はゲームに負ける。



神帝アナ

水文明 ゴッド/オリジン

コスト5 パワー5000+

■G・リンク《神帝アージュ》の右横、《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の上側

■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、相手にバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選ばせ、持ち主の手札に戻してもよい。


 

 

サハスラーラの元となっている神帝ですが、ディスカード能力で墓地を肥やせ、マニorヴィシュ+スヴァorアナでリンクすることでコストが9になるため、蝕王及びヒラメキと相性が良いです。

ただしリンク解除能力が無いので、先にムーラとマニorヴィシュとリンクしてしまうと、蝕王もヒラメキも使えなくなってしまう事には注意です。

その代わりに《転生スイッチ》は使えるようになります。

 

また、

サハスラーラに進化させる事を前提にするなら、基本的に《神帝スヴァ》はいらない子として見て良いでしょう。

 

一度スヴァを進化元にサハスラーラに進化してしまえばデメリットは気にならなくなりますが、基本的にはアナで十分です。

スヴァを採用するのは、よっぽど闇文明で統一したい場合くらいですね。転生スイッチ使えませんが。

 

起源神

6体リンクのゴッドです。

関係性が難しいですが、《起源神クォーク》と《起源神エレクトロン》の2体リンク時にコスト9になるため、ヒラメキや蝕王と相性が良くなります。その他《起源神プロトン》と《起源神レプトン》で研究所との相性が良くなりますが、基本的に《起源神ニュートロン》+《起源神クォーク》+《起源神レプトン》を早期にリンクさせることで戦況を優位に進める事ができるゴッドで、その合計コストは11になるので、《転生スイッチ》を使う事を前提に考えた方が良さそうです。そもそもデッキの大半を起源神が占める事になるので、そこまで多くのギミックを作れません。トリガー枠としてもある程度の働きができるスイッチの方が良いでしょう。

よってカード情報もその3体に絞らせていただきます。手抜きではなく効率を求めただけです。ほんとです。インディアンウソツカナイ。

 


起源神ニュートロン

闇文明 ゴッド/オリジン

コスト3 パワー3000+

■G・リンク《起源神レプトン》の左横、《起源神クォーク》の右横、または《神帝アトム》の下側

■このクリーチャーは、リンクしている時、シールドをさらに1枚ブレイクする。

■このクリーチャーがリンクしている時、自分のターンの終わりに、自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。



起源神クォーク

水文明 ゴッド/オリジン

コスト4 パワー3000+

■G・リンク《起源神ニュートロン》の左横、または《起源神エレクトロン》の下側

■このクリーチャーがリンクしている間、自分のターンの終わりに、そのターン自分が手札に加えたシールド1枚につきカードを1枚引いてもよい。



起源神レプトン

光文明 ゴッド/オリジン

コスト4 パワー2000+

■G・リンク《起源神ニュートロン》の右横、または《起源神プロトン》の下側

■このクリーチャーがリンクしている時、自分の手札に加えた、名前に《起源神》とあるシールドカードはすべて「S・トリガー」を得る。


 

シールド回収によってサハスラーラのシールド落ちを気にすることが無くなるので、そこそこ相性が良いのですが、6体リンクが存外狙いやすい事、6体リンク時の効果が強烈な事を考えると、サブウェポン、もしくはリンクがうまくいかない時の解決策としての採用が良いでしょうか。

それでも、シールド落ちを気にしなくても良い事は起源神でサハスラーラを扱う利点なので、そこが気になる方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ゴッド・ノヴァ

無色のクリーチャーによるゴッドデッキで、ゴッドリンクが自由自在でリンクしやすいという利点が大きいこのデッキですが、全体的にコストが高いゴッドが多いので、相性が良いのは《母なる星域》のみです。一応、コスト9のゴッドが単体で存在するのでヒラメキや蝕王との相性は良いのですが、闇や水を追加し、コスト9のクリーチャーを素出ししてまでそれをしたいかは良く考えたいところです。

 

基本的に無色を中心に構築され、《フェアリー・クリスタル》の2ブーストを狙うのが基本戦術の為、有色のサハスラーラとの相性は少々悪いのですが、クリスタルと《妖精左神パールジャム》によるブースト能力によって、大量のマナブーストをゴッドの展開と同時に行える事が主な利点です。

《聖霊左神ジャスティス》で《母なる星域》などの呪文をコスト踏み倒しすることも面白そうです。

 


フェアリー・クリスタル

自然文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。そのカードが無色であれば、自分の山札の上からさらに1枚、マナゾーンに置く



妖精左神パールジャム

無色 ゴッド・ノヴァ/スノーフェアリー

コスト6 パワー6000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■W・ブレイカー

■左・G・リンク

■このクリーチャーがリンクしている時、このクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。


 

問題点を挙げるならば、優秀なアタックチャンス呪文《黄泉秘伝トリプル・ZERO》を唱える場合、ゴッドリンクしたゴッド・ノヴァで早期に殴る事を考えた方が良いという点でしょうか。

 

ゴッド・ノヴァOMG

自分が使っているからとかそういう身内びいき的なものを抜きにしても、1位2位を争う相性の良さだと思っています。

基本的には《真滅右神ラウドパーク》→《光器左神サマソニア》と繋げる事を意識するデッキなので、4+5=9とヒラメキ、蝕王を狙う事ができ、そのラウドパークで墓地肥やし、サマソニアが置きドロ―なのでコンボの成功率もやや高めです。

 

 


真滅右神ラウドパーク

闇文明 ゴッド・ノヴァOMG/ドラゴン・ゾンビ

コスト4 パワー3000

■ブロッカー

■このクリーチャーは、リンクしていなければ、攻撃できない。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、ゴッド・ノヴァOMGを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。

■右G・リンク


 


光器左神サマソニア

光文明 ゴッド・ノヴァOMG/メカ・デル・ソル

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーまたは自分の他のゴッド・ノヴァOMGをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

■左G・リンク


 

 

5+5もしくは4+6を狙う事ができるので研究所も使え、《転生スイッチ》もお手の物。

研究所は、コスト9のゴッドがいるなら《「黒幕」》や《無法神類 G・イズモ》を狙う事も可能と、相性の良いカードととことん相性が良いです。

そこにサハスラーラというサブウェポンを搭載できると考えるとかなり恐ろしいものがありますね。

 

一応、自分のシールドをやりくりする能力もありますが、それを目当てにするならば起源神の方が使いやすいでしょう。

 

 

 

最初に断わっておいた通り、他のゴッドとも相性が良いので、色々考えてみてください。

ただし、殆どのゴッドがすでに絶版という点には注意してください。

 

これ後でカード情報書き加えなきゃじゃん。めっちゃ多いじゃん。

おまけ。ダーウィンについて

ダーウィンとは、式神イノセント等、種族を指定する進化クリーチャーにならどんな進化クリーチャーにも進化できるクリーチャーやサポートカードを駆使し、幅広い進化クリーチャーを利用して戦うデッキの総称です。

 

実際のところ、

ダーウィンという名前のクリーチャーは存在しないのです。

 

ダーウィンとは、進化論の提唱者である科学者、チャールズ・ダーウィン氏からつけられた名前で、ダーウィンという名前どころかチャールズの名前を持つデュエマのカードも存在しないので、

この名前を出して相手に伝わらないからと言って相手の知識不足を嘆くのはお門違いだという事は分かっていただきたい。

これを世間の一般教養だと言い張るならば、義務教育の内容全般が全てできるくらいにはなってほしいところです。

私は無理です。

 

さて、そんなダーウィンとの相性はもちろん良いです。身もふたもない話ですが。

各種ゴッドは既に絶版なので、この子を使いたいけどゴッドを持っていないという方はいかがでしょうか。

まぁ、どんな種族のクリーチャーにも進化できるクリーチャーの中でも優秀なクリーチャーはすべて絶版ですけれど!!!

 

新規泣かせなカードですね。サハスラーラ。

彼女のデッキどうやって組もう

まとめ

 1万文字くらいの文章量で、サハスラーラについての考察を繰り広げましたが、いかがだったでしょうか。

10コストで種族指定進化の超大型クリーチャーらしく、すさまじいスペックを誇るクリーチャーなので、できれば良い感じに使ってあげたいですよね。

 

色んな踏み倒し方法、色んなゴッドを紹介しましたし、ここに挙げた以外にも魅力的なゴッドはたくさんいるので、その辺りでデッキを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。

明日はこれだけ書いた反動からちょっとあっさりめになりそう。

ポフルでした。