ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《はずれポンの助》考察―うわぁ……。【デュエルマスターズ】

財布事情が心配。ポフルです。

 

昨日は明らかな強カードを紹介したので、今日はゆっくり外れカードを紹介するよ!!!

 

私、あまりカードの事を「はずれ」とか言いたくない人です。めちゃくちゃ意外に見えるのでしょうけれど。

それでも、例えば《D2J2 ヴィスエンマ》とか《奇石カンラ》、《ファイト!イッパツマン》のような、現状ほとんど活躍できないだろうカードについてはしっかりと「これは駄目ですね」なんていう必要がある事も理解しています。このブログでの私の立場的に。

 

でも今回は何のためらいもなくハズレって言えるよ!!!!

だって名前にはずれって書いてあるんだもん!!!!!!

 

 

カード情報


はずれポンの助

無色 ジョーカーズ

コスト1 パワー820

■このクリーチャーはシールドをブレイクできない。

■自分は「S・トリガー」能力を使えない。

■このカードは4枚より多くデッキに入れることができる。


 

考察

うわぁ……。

 

ジョーカーズ初のコスト1クリーチャーです。無色クリーチャーとして見ても、コスト1のクリーチャーは初めてで、《ゼロの裏技 ニヤリー・ゲット》を最短で唱える事ができるクリーチャーになりますね。

 

とはいえ、そのデメリットはすさまじく、「S・トリガー」を唱える事ができず、シールドのブレイクも出来ないという酷いものですね。

特にビートダウンや速攻デッキに対して不利になるカードなので、

これを5枚以上デッキに入れれても……。

という感じで、「はずれ」の名を持つにふさわしいクリーチャーになりますね。

 

さりげなく820というパワーとクリーチャーには攻撃できるという都合から、デュエルマスターズ界最弱クリーチャーとして名高い《予言者クルト》を殴り返す事ができる事が笑いどころです。

笑え(真顔)

 

とはいえ、もしこれでシールドをブレイクできるとしたら、

2ターン目に高確率でQ・ブレイカーが飛んでくる。場合によってはワールド・ブレイクも。

という、その名にふさわしくないヤバいおじさんが誕生するのでこのデメリットは仕方ないですね。(ヒント:ナッシング・ゼロ)

 

使うなら。

どうしてもこのカードを使いたいのであれば、案は2つです。

  • ワッショイ万太郎の進化元にする。
  • 《D2P ベビーポップ》の特殊勝利に貢献する。

 

おそらくは前者が現実的で、ニヤリーゲットを1ターン目に唱えることができるという利点も活かしやすいです。

 

www.dmasters-pohu.com

 

また、この場合、「S・トリガー」を唱えられないデメリットを気にしなければ、今まで必須だった2ターン目《ヤッタレマン》の必要が無くなります。

1ターン目に1コストでこの子を召喚し、2ターン目に適当に出せるクリーチャーを召喚。3ターン目にワッショイに進化させて攻撃時ナッシングゼロで条件達成です。

ちなみにこのはずれおじさん。シールドはブレイクできませんが直接攻撃は可能です。

上の動きにて、2ターン目に出すクリーチャーが仮にはずれおじさんだったとしても、3ターンキルを成立させる事ができます。

あ、あれ?強くない?

 

当然。防御を捨てて相手を直接狙うタイプのデッキになるので、他の速攻デッキ以上に守りが薄くなってしまう事には注意しましょう。

 

《D2P ベビーポップ》については、難易度はかなり高いですが、5枚以上デッキに採用できるクリーチャーの中では唯一のコスト1なので、大量展開に向いています。

 


D2P ヘビーポップ

光文明 エンジェル・コマンド/マスター・イニシャルズ

コスト6 パワー6500

■W・ブレイカー

■自分のターンの終わりにカードを1枚引いてもよい。その後、光のコスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

■自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分のD2フィールドと、自分の同じ名前のクリーチャーが4体以上あれば、自分はゲームに勝つ。


 

《Dの悪意 ワルスラー研究所》との相性が良いので使ってみたいところですが、はずれおじさんには禿なので色が無いので、他の文明と合わせる場合ははずれおじさんの枚数に気を付けなければなりませんね。

 

どちらにせよ、頭が薄い守りは薄くなるので、ニンジャで守る等一工夫必要にはなりますね。

 

案外使えない事もないのですが、トリガーが使えないというデメリットは気にする人と開き直れる人とで差が出ると思うので、万人受けするカードというわけではなさそうです。

 

まとめ

カードは使い方次第

なんてことを感じさせる1枚ですね。

とはいえデメリットはなかなか強烈なので、使い方をはっきりと決めた上で使いたいところですね。

 

 

以上。

友達の兄(美容師)に、

将来(髪の毛無くなりそう的な意味で)ヤバそう。

と言われたことが印象に残っているポフルでした。