ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《断罪スル雷面ノ裁キ》考察―光文明とは思えない除去能力【デュエルマスターズ】

嬉しい事に、最近アクセス数が多くなってきました。ポフルです。

普段見てくださっている皆様のおかげです。キリの良い数字になった時に改めてお礼するつもりではありますが、ここでもお礼させてください。皆様本当にありがとうございます。

 

さて、今回は最近流行りのメタリカのサポート……というわけでは無いのですが、メタリカと縁のある裁きの紋章より《断罪スル雷面の裁キ》の考察をしましょう。

 

 

 

カード情報

 


断罪スル雷面ノ裁キ

光文明 コスト7 呪文

裁きの紋章

■相手のクリーチャーを2体まで選ぶ。選んだクリーチャー1体につき、相手のシールドを1つ選ぶ。相手はそのクリーチャーを表向きのまま、選ばれたシールドの上に置く。

■この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドは1つのシールドとして置く)


 

 

考察

以前一気に紹介した裁きの紋章という新しいタイプの呪文。その4枚目になりますね。

 

手札から唱え終わった自身をシールドゾーンに置く置換効果、そして、相手のクリーチャー2体をすでにあるシールドの上に表向きで置くという、複数除去の能力を持ちます。

 

光文明特有のシールド送りによる除去を可能とするカードですが、2体のクリーチャーを除去できる事や、シールド総数が増えない事を考えると、光文明にしては異質な程の除去能力を持っていると言えますね。

この手の除去については珍しく、進化クリーチャーも除去することができるという点もその異質さに拍車をかけています。

 

大型除去呪文としてはS・トリガーが付いていない点が唯一の欠点と言えそうですが、仮に裁きの紋章特有の効果が無くても、これにS・トリガーがついているというのはさすがにやりすぎなので仕方ないでしょう。除去が苦手な筈の光文明のカードが、「闇文明のデーモンハンドよりも強い」なんて言われてはデザイン的にバランスブレイカーです。

逆に言えば、このカードにS・トリガーを与える事ができる《DG~ヒトノ造リシモノ~》との相性は抜群過ぎて困ります。

 


DG 〜ヒトノ造リシモノ

無色 メタリカ

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時またはタップした時、自分と相手のシールドを1つずつ選ぶ。このクリーチャーは選ばれたシールドをブレイクする。

■自分のシールドゾーンから手札に加えるメタリカまたは裁きの紋章全てに「S・トリガー」を与える。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 シールド送りによる除去には、《パニック・ルーム》や《スーパー・エターナル・スパーク》、等がありますが、どれも思考停止で使えるカードというわけでは無かったので、この呪文の登場は光文明にとって朗報と言えそうですね。

 

DG関連との相性

DG関連のカードのほぼすべてと相性が良いと言っても過言ではないです。

《サッヴァークDG》の裁きの紋章を踏み倒す効果によって発動でき、後半の光ドラゴンの踏み倒し効果の条件をこの呪文1枚で成立させる事が可能です。

更に、《サッヴァークDG》の効果でこの呪文自身をサーチできるというおまけつきです。

 


サッヴァークDG

無色 マスター・DG/メタリカ

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーが出た時、山札の上から3枚を表向きにする。その中から、メタリカ、ドラゴン、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■自分のターンの終わりに、自分の手札から裁きの紋章を1枚コストを支払わずに唱えてもよい。

■自分のターンの終わりに、すべてのシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚以上なら、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、光のドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。


 

 

 

当然、《煌龍 サッヴァーク》とも相性が良く、この呪文を打つだけで、相手のクリーチャーを2体除去しつつ、自身の耐性を強化できます。

 


煌龍 サッヴァーク

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ

コスト7 パワー11000

■ドラゴン・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、表向きにして持ち主のシールド1つの上に置く。

■自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きのカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。


 

 

《DG~ヒトノ造リシモノ~》についても前述しているので解説不要。

 

それだけにとどまらず、《奇石マクーロ》でのサーチに対応、除去効果によって自身のラビリンス能力を阻害しない等、メタリカ的にもオールオッケー。

なんか書いてて「いや、こんな強くなるメタリカ見たくないな」なんて思ってしまいます。

いや、素直にうれしいですけれどね?

 

メタリカの中でも、《DG~ヒトノ造リシモノ~》《サッヴァークDG》《煌龍 サッヴァーク》のいずれかを使うデッキなら、1枚以上は確実に入れておきたいカードだと言えそうですね。

 

凄い細かいメリット

光の除去カードという事で、数少ない《聖霊王アルファディオス》をコンボに頼らず単体で葬る事ができるカードです。

 

また、2体までという表記のために、「相手のフィールドにアルファディオスとクロックのみが存在している」という場面において、「除去したいクリーチャーの隣にいる、シールドに送りたくないクリーチャーを巻き込んでしまう」という心配もありません。

 

かなり細かいですが、覚えておけばもしかしたら役にたつかもしれないですね。

 

欠点

コスト7とやや重いのが難点でしょうか。この効果でむしろ1コストでも軽ければ暴動起こせそうですけれど。

 

また、黒が入るデッキなら同コストに《超次元ガード・ホール》という強力な超次元呪文が存在するという事も忘れてはいけません。

 

何も考えずに使っても強いカードと言うのは間違いないですが、できれば裁きの紋章である事や光単色である事を活かして使いたいたいですね。

 

まとめ

正直、光文明でこんな除去札を出して良いものかと心配になるくらいの効果です。

呪文にしてはコストが重い事や、トリガーではない事、《超次元ガード・ホール》の存在等総合して考えれば、そんなデッキにも入るカードとも言えないのですが、それでも光文明にとっては貴重な除去手段としてこれから重宝されるカードだと言えそうです。

 

そしてこの呪文を最大限に活かす事ができるDG達は、これからどんな動きを見せてくれるのでしょう。心p楽しみですね!!!!

 

以上。最新パック解禁後の全国大会エリア代表決定戦は荒れそうだと思うポフルでした。