ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《聖邪のインカ スパイス・クイーンズ》って当時の事考えると相当強いよねって言う話。【デュエルマスターズ】

限定構築のデッキを調整していましたが、ちょっと行き詰ったので休憩。ポフルです。

こうやって別の事考えてたらそのうち思いつくのでは。

 

最近私は「ゴッド・ノヴァOMG」にはまっています。

正確には《第七神帝サハスラーラ》にはまっているのですが。 

www.dmasters-pohu.com

この間非公認大会にこのデッキで出た所、他の参加者の方々から注目されてしまったのですが、その話は割愛しましょう。

 

残念ながらいい結果は残せなかったので、たまにデッキ内容を見直したりしているのですが、少し思う事が。

 

……《聖邪のインカ スパイス・クィーンズ》って強くないですか??

 

 

 

 

カード情報

 


聖邪のインカ スパイス・クィーンズ

光/闇文明 オラクル

コスト2 パワー3000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■ブロッカー

■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

■自分のゴッド・ノヴァOMGの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。


 

強いと思ったわけ。

効果は、ゴッド・ノヴァOMGのコスト軽減をするという単純な物。

……とはいえ、単純な能力ほど強いというのはカードゲーム界の常識です。

 

スパイス・クィーンズの能力。これは一番隊サイクルと同じなのです。

 

ヤッタレマン、クリスタ、ザエッサはそれぞれ手札補充との併用によって異次元の展開力を見せ、チュチュリスは他のコスト軽減能力を併用した質の高いクリーチャーによる速攻戦術を可能に。バギンも、大量展開とスーサイド戦術による強力な盤面制圧力を後押ししています。

皆、その種族にとっては無くてはならない必須級の扱いを受けている優秀なサイクルですね。

……ルグンドド。。。

 

さて、このスパイス・クィーンズ。細かい違いこそあれど、その一番隊サイクルと同じ永続的なコスト軽減能力を持っているのです。

 

そのコスト軽減に対応するのが、疑似キャントリップ持ちの《真滅右神ラヴドパーク》、そして、ゴッド・ノヴァOMG版バーナインと言える置きドロ―《光器左神サマソニア》が存在しています。

 

永続的なコスト軽減、そのサポートを受ける事ができるのは、置きドロ―やキャントリップによって手札が減りにくいゴッド・ノヴァOMG。

なんかすごくないですか?これがエピソード3時代に出ていたんです。

 

何故注目されない?

まず第1に、自身がゴッド・ノヴァOMGではない事が挙げられるでしょう。

自身がコスト軽減に対応していないので、この子自身を大量展開して他のゴッド・ノヴァOMGを大量展開……という戦術が取りづらい事が一番の原因でしょうね。

 

そして第2。ゴッド・ノヴァOMGのコストが最低でも4という、中型~大型を主体とした大量展開に向かないコスト設定だという点も大きいでしょう。

 

もう少し細かい欠点を言うならば、多色クリーチャーなので、色事故を起こす危険性がある事。ブロッカーなので除去にやや弱い事。いざという時の打点にならない事が挙げられます。

一応ゴッド・ノヴァOMGはコントロール系のデッキに分類されるので、この3つの細かい欠点については一長一短と言えますが。

 

他にも色々考えられる点はありますが、その辺はゴッド・ノヴァOMGの強さに直接関係する事でもないので割愛しましょう。

とにかく欠点はあるわけですね。

 

このカードが出てきた時代背景にも注目しましょう。

このカードが出てきたのはエピソード3後期。

エピソード3期は、どちらかと言えば新機軸のデッキを組むことを推奨された時代で、「墓地ソース」や「シューゲイザーワンショット」と言った新規のデッキが環境に出てきた事はありましたが、それでもカードパワーはやや抑えめで環境に出てきたカードは一握りのこの時代。

その時代に、現代で言う一番隊サイクルのようなものを放り込んできたわけです。

 

おそらく、ゴッド・リンクという特殊で不安定さが拭えない能力を前提としたカード群だったためにこのカードパワーにしても問題ないという目論みだったとは思うのです。私的にこのバランス調整はかなり絶賛したいですね。

 

そうやって考えると、この子達のポテンシャルを私がしっかりと補強してあげたいと思ってしまいますね。

 

まとめ

なんとなく眺めていて、この子強いなあなんて思ったので衝動的に記事にしてしまいました。

この子が収録されているデッキは既に絶版な上に、ゴッドという特異性から再録もしばらく絶望的ですが、手に入れている方は工夫して使ってみてほしいですね。

ほら、かわいいですし。

 

以上、睡眠時間をデッキに奪われ中ポフルでした。