ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ヨギー・ベジタリバー》考察―新たなマナブーストの可能性を秘めたカード【デュエルマスターズ】

こういう最新カードの事を考える必要が無いというのはうれしいですね。私の地域の全国大会エリア代表決定戦。ポフルです。

 

とはいえこうしてカードの考察をしていると、「このカードがあればこのデッキで挑めるんだけどなぁ」なんて思ってしまう事も事実でして。その辺りは複雑な所ですね。

 

さて、今回はそんな最新カード《ヨギー・ベジタリバー》についての考察ですね。

 

 

カード情報

 


ヨギー・ベジタリバー

自然文明 コスト7 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の自然のクリーチャーを4体タップして、この呪文を唱えてもよい。

■自分の山札の上から3枚を、タップしてマナゾーンに置く。


 

 

考察

特定の文明を持つ自分のクリーチャーをタップする事によってタダで唱える事ができる呪文の1枚です。《シンクロ・シールド》から始まり、最近では《エメスレム・ルミナリエ》という大型の呪文も登場していました。

今回の呪文は後者の大型呪文になりますね。

 


エメスレム・ルミナリエ

光文明 コスト7 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の光のクリーチャーを4体タップしてこの呪文を唱えてもよい。

■コスト8以下のメタリカを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、それをタップしてもよい。


 

 

 

肝心の効果は、3枚ものマナブーストです。

効果自体は強力なのですが、3枚のブーストであれば、も《コレンココ・タンク》や《剛撃古龍テラネスク》、同じ呪文で《爆進イン・トゥ・ザ・ワイルド》や条件付きとはいえ《獅子王の遺跡》など、この呪文よりも軽いカードがひしめき合っているので、確実にタダで唱える事ができるデッキで扱いたいところです。

 

正直名前を挙げる事に飽き飽きしているのですが、《ベイBジャック》との相性は良いですね。《桜風妖精 ステップル》等のマナブーストカードも併用して大量展開し、この呪文を唱える事ができたりと、工夫次第でかなり容易にマナブーストが可能です。

 

一番隊サイクルの中で最も不遇と言えた《一番隊 ルグンドド》が評価を挙げるきっかけになるでしょうか。

大量展開を考える場合、基本的にはマナブーストよりもコスト軽減の方が有用なので、ルグンドドを起点に、実質タダだしになる《タルタホル》をはじめとする軽量グランセクトを並べてあげる事によって、ベジタリバーを早期に唱える手助けになります。手札補充方法に欠けるので、そこはどうにかしてもらいたいところですが。

また、《デスマッチ・ビートル》のような攻撃できないクリーチャーを有効活用する事にも使えそうですね。

 

今までのビッグマナ系統では、《フェアリー・ライフ》や《霞み妖精ジャスミン》のような、場にクリーチャーを維持はできないものの手堅くブーストができるようなカードが優先されていましたが、グランセクトの《ハイパー・マスティン》等のマナブーストと同時にある程度クリーチャーを展開することもこなした方が良いというフィニッシャーを扱うデッキにおいては、序盤に使える大量ブーストとして使えそうですね。

 

現状完成されきっている緑系のループに入るかどうかは微妙な所ですね。盤面にクリーチャーを展開できた中盤以降は、マナ消費なしでコンボパーツを集める手助けにもなるカードなので、使ってみると活躍しそうな気もします。

 

なんにせよ、やはり自身のコストを踏み倒せるカードと言うのはいつか悪用される可能性が充分にあり得るカードなので、注目しておいて損はなさそうなカードですね。

 

 

まとめ

コスト踏み倒しを可能にする呪文で3マナブーストと、スペックはかなりのものです。

上手く使いこなせるデッキを構築してあげれば、かなり強いカードになれそうですね。

 

 

以上。でも考えること多くなりそうだし新しい奴は無い方がいい。ポフルでした。