ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《蓄積された魔力 パーノレ》考察 ―まさかのサポート【デュエルマスターズ】

ムートピアは……あんまりお世話になって無いなぁ。ポフルです。

 

 

さて、まさかのサポートが登場して話題になっております《蓄積された魔力 パーノレ》。

 

ええ。恐らく皆さんが思っている通りのあのカードのサポートカードです。

早速考えていきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


蓄積された魔力 パーノレ

水文明 ムートピア

コスト3 パワー1000

■このクリーチャーが破壊された時、自分の墓地にある《蓄積された魔力》と名前にあるカード1枚につき、カードを1枚引く。


 

考察

まさかの《蓄積された魔力》サポートです。

 

 


蓄積された魔力

水文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■カードを1枚引き、その後、自分の墓地にある《蓄積された魔力》1枚につき、カードを1枚引く。


 

元々玄人向きのカードだったこのカードをサポートするということで、なかなか話題になっていますね。

 

単体では種族の違いこそあれど《O・マール》の下位互換となってしまうので、やはり魔力を蓄積できるデッキで扱うべきでしょう。

 

《蓄積された魔力》自体、単体では他のドローソースに劣る能力なので、《エマージェンシー・タイフーン》等の、効率よく手札から魔力を蓄積できるカードと併用されていました。

1枚蓄積させるだけでもS・トリガー付きかつコストが1軽い《エナジー・ライト》だったので、スペックはなかなか良好。

《蓄積された魔力》自身は《蓄積された魔力 パーノレ》を墓地に落としてもドロー枚数は変わらないのですが、パーノレのドロー枚数は増えます。

 

パーノレは、1枚でも魔力を蓄積した状態で破壊されればドロー枚数は2枚になります。

呪文かクリーチャーかという違いはありますが、《エナジー・ライト》で2枚ドローできる事、この子の効果が破壊時である事を考えると、3枚くらいはドローしたいですね。

 

墓地ソースとの相性はなかなか。

呪文である《蓄積された魔力》こそ採用し辛いですが、積極的に墓地を肥やすデッキなのでパーノレだけでもドロー枚数を増加させやすく、ある程度溜まった時に出せば殴り返しに強いウィニーとして活躍できます。

墓地ソースの切り札《暴走龍 5000GT》の効果で能動的に破壊することもでき、それを起点に2体目の5000GTを出してみたり、《百万超邪 クロスファイア》を引き込んだりと展開の起点にすることも考えられます。自身に墓地を肥やす能力が無いので、序盤に引き込んでしまうとやや腐りがちですが、《プラチナ・ワルスラS》に進化できる事、《音精 ラフルル》にチェンジできる文明ということが心強いですね。

既に5000GTが出ている場合手札で腐ってしまう事がほんの少しの難点ですが、その頃にはこの子のドローも必要なくなってきているでしょう。

 

2017/11/23現在、この子でドローできる最大数は8枚。

それだけドローできるなら、シャコガイルや《偽りの名 iFormulaX》でのエクストラウィンを狙うようなコンボデッキを組んでみたいところでもありますね。今後蓄積できる魔力が増えてこれば、この子と、この子を破壊するカードの2枚からエクストラウィンを狙えるような構築が生まれるかもしれません。

 

 

欠点としては、破壊時の効果ということです。

能動的に発動することが難しいので、従来のデッキに適当に入れて活躍できそうなカードではないですね。

効果を発動できればラッキー程度でビートダウンに入れるのか、それともコンボ前提のデッキに入れるのか。方向性をしっかり考えないと難しいカードですね。

 

まとめ

 本当にまさかのサポートカードです。

 

 これから先、魔力を蓄積できるカードは出てくるのでしょうか。

 

 

以上。……このこちょっとかわいくない?ポフルでした。