ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

ハロウェーイ考察―うぇーい(ネタに走り過ぎたこの子って感じ)【デュエルマスターズ】

「ハロウィンの日に、リア充が街中でウェイウェイする」というのは割と都市伝説だと思っています。彼女はいるけど別に一緒に仮装したりしたわけでは無いポフルです。

まぁテレビとかで見るんですけれど。

 

 

そんなわけで、ハロウィンよりもクリスマスの時期を待つこの頃に、《ハロウェーイ》の考察でもしましょうか。

 

時期の問題?

そもそもこの子収録のパックが12月ですからセーフ。

 

 

 

 

カード情報

 

ハロウェーイ

火文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー4000+

■J・O・E 2

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。それがコスト5以下の進化ではないクリーチャーなら、このクリーチャーを破壊して、そのクリーチャーをバトルゾーンに出す。それ以外なら、そのターン、このクリーチャーのパワーを+6000し、「スピードアタッカー」と「W・ブレイカー」を与える。

 

考察

ジョーカーズは淡白な効果だったり面白い効果だったりといろんなクリーチャーが存在していますが、こちらは後者。

出た時にデッキトップを墓地に置き、それがコスト5以下のクリーチャーなら踏み倒し、それ以外なら自身を一時的に強化する能力を持っています。

 

小型クリーチャーが多めなジョーカーズならば、踏み倒し自体はほぼ確実に行えますが、踏み倒す対象が小型クリーチャーだったり、むしろ踏み倒しに成功しない方が、1ターン限定とはいえ凄まじいスペックのクリーチャーになってくれます。

踏み倒し能力を主体に使うのか、それとも自身を強化して使いたいのかをしっかりと考える必要がありそうです。

 

J・O・E2持ちなので、4コストで召喚可能です。ターンの終わりにデッキボトムに帰ることを考えると、5コストのクリーチャーの踏み倒しに成功させて場にクリーチャーを残してあげたほうがデメリットの解消に繋がるのですが、J・O・Eはドロー効果もあるのでなんとも言えないところですね。

 

ジョーカーズには既に、ワッショイ万太郎という3ターン目に出せてWブレイカーを持つことができるクリーチャーが存在しているので、ヤッタレマンと合わせて3ターン目に殴る……という選択肢を取るなら火文明である事やJ・O・E持ちという事を活かさなければなりません。

 

……ちょっと、使うの厳しくないですか?どうしても使うなら、ジョーカーズ以外のデッキで使いたいでしょうか。デッキトップからの踏み倒しなので、狙ったクリーチャーを踏み倒すというのはやや厳いです。

 

一応、踏み倒しが不安定という点を無視すれば、《メラビート・ザ・ジョニー》から《ハロウェーイ》を2体出し、それぞれの効果で《単騎連射マグナム》と《音精ラフルル》を出して単騎ラフルル……なんて書いたら強そうなんですけれどね!

 

 

まとめ

正直、ラーメン系統の方がまだシンプルな分わかりやすくて考えやすいですね!!ラーメン系統でまともな事書いた事ないけれど。

 

一応踏み倒し効果で何かしら考えることはできそうなので、少し工夫してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。

 

クリスマスは、おかしよりも、おかねが、ほしいです。ポフルでした。