ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《だいこんぐ》考察 ―派手なカードが続く第四弾【デュエルマスターズ】

実はおでんが大の苦手で、食べられる具は「大根」と「牛すじ」くらい。ポフルです。

 

 

今日は《最高学府 インテリエイル 》の考察を行う予定でしたが、こちらの都合によりできなくなってしまいました。申し訳ありません。

 

その大根を使った野菜戦車、及び植物生物ですが、第4弾にて登場するらしいですね。

コロコロチャンネルによって公開になった《だいこんぐ》。考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 

だいこんぐ

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を好きな数、タップしてマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンから手札に戻す。

 

 

考察

グランセクトとして見ると、パワー12000以上ではない事が気がかりではあります。ただし、その能力はなかなか面白いもので、手札をマナに置きつつ、クリーチャーのマナ回収が可能となっています。

タップインなので、《ボルバルザーク・エクス》や《黙示賢者 ソルハバキ》のように使えるわけではありませんが(使えたらさすがにおかしいレベル)、ビッグマナにとってはマナを減らさずにマナ回収ができたり、過剰に溜まったマナを使った手札補充ができたりとうれしい能力になりますね。自身のマナが少なくなる事が気にならないのであれば、手札1枚の状態から大幅な手札補充を行う事も可能になります。

 

一応、《進化設計図》や《巨大設計図》等を使って手札を大幅に増やし、この子で大量のマナブーストなんていう使い方も出来なくはないのですが、マナ回収の利点を考えなければ《キング・シビレアシダケ》で十分です。むしろ各種設計図からきれいにつながるキング・シビレアシダケの方が速効性があります。

2枚目以降がマナ回収カードとして利用できるという考え方もできますが、基本的にはマナを伸ばす事よりもマナ回収の方をメインで考えていきたいですね。

 

 

緑単ループの動きについては詳しくないのですが、大幅なマナ回収能力を持つ《大勇者「鎖風車」》のリペアになるのでしょうか。マナコストが大きいので、その影響からループの手順が変わってしまうのかもしれませんが。……その辺りは、緑単ループを握った事のない私よりも、実際に握ったor握っている方の方が詳しいでしょう。

 

コストの大きさや、回収できるカードの種類を考慮しない場合、明らかに「鎖風車」よりもだいこんぐの方が使いやすいです。マナを伸ばす事の出来るデッキで水が入らないデッキであれば、《ミスティック・クリエーション》のように使えそうですね。

 

また、手札のカードを好きな数マナゾーンに置くという事で各種スペース・チャージとの相性も良好ですね。

 

欠点

同コストの呪文《コクーン・シャナバガン》の事は考慮に入れたいですね。

 

 


コクーン・シャナバガン

自然文明 コスト6 呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)

■自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。

S-自然の進化でないクリーチャーを2体まで、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

 

また、自然で手札を増やしたいだけなら同コストに《剛撃古龍 テラネスク》も存在しているので、クリーチャーである事やマナ回収である事、打点が高い事でうまく差別化していきたいです。

 


剛撃古龍テラネスク

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン/ジャイアント

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から好きな数のクリーチャーを選んで手札に加え、残りをタップしてマナゾーンに置く。


 

 

まとめ

なかなか堅実なマナ回収の出来るカードです。

自身はパワー12000以上のクリーチャーではないのでグランセクトとして見るとそこまでという感じになってしまいますが、その他コンボデッキやビッグマナでは貴重な手札補充として扱えそうですね。

 

マナ回収や手札補充として考えた場合、他にも色々なカードが存在しているので、その辺りとの差別化は考えておきましょう。

 

以上。冬のコンビニの臭いがやや苦手。ポフルでした。