ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍装者 タルスーパ》考察-水ドラゴンのトリガー枠【デュエルマスターズ】

 なんだかムートピアが面白いことになってますね。ポフルです。

 

 

 《最高学府 インテリエイル》《龍装者スペルエビート》でわりとお腹いっぱいなのですが、またしてもコロコロニュースにて新たなムートピアが出てまいりました。

 

《龍装者 タルスーパ》の考察。していきましょうか。

 

 

 

 

カード情報

 


龍装者 タルスーパ

水文明 ドラゴンギルド/ムートピア

コスト5 パワー3000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のアンタップしているクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。


 

考察

 

 

ついに来たか……!

 

水文明のドラゴンギルド、コスト5でS・トリガーと、《時の法皇ミラダンテⅫ》を扱うデッキで使えとでも言うようなクリーチャーですね。

 


時の法皇 ミラダンテⅫ

光/水文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

コスト8 パワー12000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■革命チェンジ:光または水のコスト5以上のドラゴン

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしなければ、カードを1枚引く。

■ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次の相手のターンの終わりまで、相手はコスト7以下のクリーチャーを召喚できない。


 

 

今までの水単色S・ドラゴンは単なるブロッカー能力しか持っておらず、カウンターでミラダンテに繋げにくいと言う欠点を持っていましたが、タルスーパはバウンス能力を持っているために、現状水単色では一番使いやすいトリガードラゴンとなりそうです。

 

光含む多色になると最大2体のクリーチャーを止める事ができる《青寂の精霊龍 カーネル》が存在しています。

ロージアミラダンテ系統のような、《コアクアンのおつかい》を扱うデッキの場合は光が入っているカーネルの方が有用になるので、こちらはその辺りを使わないミラダンテデッキで扱われる事が多くなるでしょう。

具体的には、《革命龍定式シリンダ》をチェンジ元として扱う為に水文明主体で組まれやすいシリンダミラダンテ、また最近ごく稀に出てくる《霧隠蒼頭龍バイケン》をチェンジ元とするミラダンテデッキでも扱えそうですね。

 

当然、ミラダンテ以外でも《完璧問題オーパーツ》を使いたい場合など、水のドラゴンをチェンジ元とするクリーチャーとの相性はいいので、いろいろ試してみたいですね。

 

ムートピアとしてみた場合、《崇高なる智略オクトーパ 》や《拘束の毒 ジェリフィ》と枠を争う事になりそうです。

 


崇高なる智略 オクトーパ

水文明 ムートピア

コスト5 パワー3000

NEOクリーチャー

■S・トリガー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーは、次のターンのはじめまで攻撃もブロックも出来ない。



 拘束の毒 ジェリフィ

水文明 ムートピア

コスト5 パワー2000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、好きな数の水のカードを自分の手札から捨ててもよい。こうして捨てたカード1枚につき、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーは、次の自分のターンのはじめまで、攻撃もブロックもできない。


 

 

手出しの際はNEO進化によって2体のクリーチャーの動きを止めるオクトーパ、ディスカードのデメリットはありますが、複数のクリーチャーを止める《拘束の毒 ジェリフィ》、手出し、トリガー時共に1体のクリーチャーにしか触れないものの、一時的な除去ができるタルスーパとそれぞれに利点と欠点が存在しているので、自身の好みやデッキの方向性、環境と相談になります。

 

ドラゴンである事、そしてムートピアである事を活かさない場合は《アクア・サーファー》が対抗馬として挙げられます。

 


アクア・サーファー

水文明 リキッド・ピープル

コスト6 パワー2000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。


 

 

5マナで3000とタルスーパの方が優秀に見えますが、アクア・サーファーは自分のクリーチャーをバウンスしたり、そもそも対象に取ったらいけないカードを対象に取らないようにバウンス効果を使わなかったり、タップ状態のクリーチャーを対象に取れたりと、効果の応用性は抜群です。

相手フィールドでアンタップしているクリーチャーが《熱血星龍 ガイギンガ》しかいない時等にこの点が重要になってくるので、注意が必要になってきますね。

 

欠点

既に挙げましたが、効果が強制という点には注意しなければなりません。

厄介な召喚時効果持ちのクリーチャーを手札に戻さなければならなかったりとバウンス故の欠点がもろに出てくる事もあるので、過信は禁物ですね。

 

 

まとめ

ミラダンテにとっては新たなチェンジ元になります。

ロージア以外でミラダンテを使う場合、光文明の比率が少なくなるようなデッキで扱う場合に使いやすいでしょうか。

 

 

以上。……ビートジョッキーはちゃんとサポート貰えるのでしょうか……ポフルでした。