ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

2017/12/02時点での新殿堂入りカードを予想してみよう【デュエルマスターズ】

《ドルマゲドン・ビッグバン》の強さに気づいてクラウンオーケストラに突っ込んだら、白単メタリカが虫の息。ポフルです。

いやほんと封印っていう除去方法は優秀だね。

 

 

各地で殿堂入り予想が挙がっていますね。

デュエルマスターズにおける殿堂入りってちゃんと期間が決まっているのかどうかわからないですし、なんだかんだ言って現環境そこそこ落ち着いている気がするので予想する必要性があるのかはわからないのですが、とりあえず《ベイBジャック》は規制されて欲しいので、ついでに少し考えてみましょうか。

 

 

プレミアム殿堂入り予想

 

蛇手の親分ゴエモンキー

 

通称猿。

正直プレミアム殿堂に上がるカードは無いと思っていたのですが、それだとなんとなくつまらないので賛否両論ありそうなこの子を挙げておきましょう。

実際、ループデッキが組まれると大抵候補に挙がってくるクリーチャーで、中盤になれば「引ければ駆け引き関係なく100%勝ち」みたいな感じになっているなと思ったので、上がってもおかしくはないとは思います。白緑メタリカみたいに、《水上第九院シャコガイル》とかのループデッキに合うフィニッシャーを色構成関係なく入れることができるという点で、ループデッキの構築を容易にしている説も自分の中でありますし。

 

 

スクランブル・チェンジ

 

ただし、後述の《フェアリーの火の粉祭》が殿堂入りになるようならこちらの規制はあり得ません。

この子の存在で、モルトNEXTにおける閣ループを選択するリスクが低すぎる気がするので一応入れておきました。

とはいえこれがプレ殿は現時点では猿と同じく低いと思いますが……。

 

殿堂入り予想

ベイBジャック

過去の嫌な記憶補正でプレミアム殿堂まで考慮に入れたのですが、冷静にこの位置。

1ターン目から容易に召喚できてかつタップインする癖にパワーの高さが災いして処理し辛いという点がきついと考えると、終盤に出てきてもそのターンでループを完了させて勝利できない限り、スピードアタッカーや進化クリーチャーに処理されてしまうので、序盤に出しづらくしてしまえば今までのような好き勝手はできないだろうと思い、まずはここで様子見しそうだなと。

 

猿と違い、フィールドが空の状態から色々できるカードではないですからね。

 

単騎連射 マグナムか音精 ラフルル

 

逆転の要素であるS・トリガーを根本から叩き落すこの2枚。

 

どちらかを規制で収まりそうな気もしますね。個人的には対処し辛く、次のパックから裁きの紋章をフィーチャーしたいはずだという公式の考えもくみ取ってラフルル規制で終わるのではと。マグナムはなんだかんだ言って処理しやすいですし、S・トリガークリーチャーやシノビの優秀さを考えれば、マグナムの存在くらいのリスクはあって当然でしょう。

 

龍魂闘城 レッドゥル

個人的にロージアは規制かけなくて良いと思うんですけれどねー。前にロージア組もうと思っているっていう記事書いてますからねー「私怨じゃね?」とか思われるの嫌ですからねー。嫌々ここに出します。

 

一応、ロージアに規制かけるならここが一番でしょうね。

デッキに1枚だけになる事で、自分から動くべきタイミングを見極めてプレイしなければならなくなり、一度返されるとやや脆さが目立つデッキになりがちになります。

 

いざドラゴンズサインを規制すればそれこそドギ剣やビートジョッキーが暴れまわって「クソゲー」呼ばわりされるのが目に見えているので絶対にありえないです。

 

 

黒神龍ブライゼナーガ

……

深読みし過ぎだよねぇ……。

 

一応根拠はありまして、ラフルル規制するならブライゼシュートに対するメタカードが少なくなりすぎてしまうのではという点からです。

 

墓地ソースとかのデッキを掘り進めることができるデッキなんかでは容易に対策できてしまうのであれですかね。あとファイナル・ストップとかその辺もありますし。

はい。忘れてください。

 

フェアリーの火の粉祭

モルネクにおける重要カードですね。

準赤単なら手札を減らすことなく連続ブーストという、よく考えるとトンデモカードな感じです。

これを規制してもモルネクの爆発力自体は変わりません。ただ、安定性がやや下がるために今までのような活躍は難しくなりそうです。

一応、火の粉祭のかわりにドラゴンを増やしてやれば《メンデルスゾーン》の安定性があがったり、そもそも火の粉祭自体が採用枚数に賛否両論あるらしいので、仮に規制されてもモルネクがトーナメントから確実にいなくなる事は無いと思います。

 

とはいえ最近のトーナメントシーンを見ていると、このくらいの調整が案外無難な所ではないでしょうか。

 

殿堂解除予想

パラダイス・アロマ

これくらいじゃない?

 

 

 

各所で言われている候補を入れなかった理由

おそらく色々な所で殿堂予想を見ている方が多いと思いますので、「ここではこれが規制されているって言われてるのに無いぞ!どういうことだ!?」とか思われないよう、候補に挙げなかった根拠を書いていこうと思います。

 

熱き侵略レッドゾーンZ

正直、ロージアミラダンテの規制をほどほどにするなら、レッドゾーンの規制もそこまでいらないのでは疑惑がありまして。

強いカードなのは分かりますよ?えぇ。そういう意味では規制されてもおかしくはなさそうなのですが、規制後の環境どうなるんだろうと考えると……ですね。容易に入れれないなと思いまして。

 

ゼロの裏技ニヤリー・ゲット

ジョーカーズの入賞率を見る限りまだですね。ナッシングゼロも同じく。

 

メガ・マナロック・ドラゴン

5色デッキ使っている身としてはプレ殿行ってほしい感すごいのですが、これ規制しても別にそれ搭載しているデッキが弱くなるわけでは無いしなぁ……なんて思ったりしますね。

 

攻守の天秤

何かしらジャックに制限さえかかれば問題ないと判断します。自軍のアンタップ効果はよっぽど特殊なデッキでもなければ完全に腐りますし。ジャックに規制がかかればこの呪文をうまく扱えるのは純粋なミルクボーイとクジラくらいでしょう。

 

爆霊魔 タイガニトロ

強いカードではあるのですが。

自分のターンの終わりというタイミングと1枚残してという制限が意外に痛いのではと思うのです。これが出た時の効果とかなら考えたのですが……。

ハンデス対策していないデッキには致命的ですが、きちんと対策しているデッキの場合、マッドネス以外のカード、特にタイガニトロを処理できるカードを残してその他を墓地に置く的なプレイングもできるので、他のハンデスカードと比べて抜け道がそこそこ広い気がするのです。

 

 

天使と悪魔の墳墓

いや流石にねーよ。

 

……乱暴な口調になってしまいました。失礼しました。

実際に使ってみればわかりますよ。このカードをうまく扱うプレイヤーの皆様がどれだけ苦労しているのか。

 

私もとあるデッキで使ってますけれど、本当に難しいですよこのカードは。

 

まとめ

 

この結果に対して、「このカード売っちゃったのに規制かからなかったやん!!」とか言われても責任はとれません。

 

……でも当たってたら少しうれしいですよね。

 

 

以上。クラウンオーケストラがだんだんおかしな方向に行っている気がするポフルでした。