ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《太陽の使い 琉瑠》考察 ―カードパワーの高さが目立つ第4弾のメタリカは?【デュエルマスターズ】

白緑メタリカの活躍、「DG」という特殊なメタリカクリーチャーの注目度から、DGを使わない白単メタリカの構築はなんだか不遇な扱いな気がしてきたポフルです。

いや、気がするどころの話ではなさそうですが。

 

今まで第4弾の新カードを考察してきましたが、とにかくカードパワーの高いものが多く、さすがは第4弾って感じですね。

 

そんな第4弾の新カードが、コロコロニュースにて明らかになりました。メタリカのSR《太陽の使い 琉瑠》ですね。

 

……るるちゃん??

 

 

 

カード情報

 


太陽の使い 琉瑠

光文明 メタリカ

コスト8 パワー11500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■自分のターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体タップしてもよい。そうしたら、カードを1枚引く。

■自分の光のタップしているクリーチャーが破壊されるとき、墓地に置かれるかわりにバトルゾーンにとどまる。


 

考察

メタリカの大型クリーチャーです。自分のターンの終わりにカードを引く《月の輝き 夢幻》のような置きドロー能力に加え、自分の光のタップしているクリーチャーに破壊耐性を与える効果を持ちます。

また、メタリカにしてはやや珍しいブロッカー能力を持っています。

 

自身のクリーチャーをタップする能力とタップしているクリーチャーに破壊耐性を与える効果はシナジーを形成しており、カードをドローする代わりに自身のクリーチャーを殴り返しの危険にさらしてしまうデメリットを、耐性付与によって帳消しにしてくれます。

 

ブロッカーを持つ事から《ヘブンズ・ゲート》……という事は最初に考えられる利点ですね。実際、ロージアミラダンテにおいて《時の法皇ミラダンテⅫ》に革命チェンジできない事に目を瞑れば、後半の破壊耐性によってタップ状態のミラダンテを守る事が可能です。《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》から呼び出せる事もロージアミラダンテにとっては利点です。

 

メタリカとしては

タップしているクリーチャーに破壊耐性を付与する能力とメタリカの攻撃曲げ能力との相性はなかなかのものです。

攻撃曲げを行う際、アンタップした自身に攻撃を曲げてしまうと耐性が無くなりそのまま破壊されてしまうのですが、他にもタップ状態のクリーチャーを用意して置いて、攻撃をそちらのタップしているクリーチャーに曲げてあげれば、相手の攻撃を柔らかい壁となって受け止めてくれます。また、攻撃曲げのクリーチャーを戦闘以外で破壊されるという事もなくなります。

 

そしてメタリカの専用サポート《エメスレム・ルミナリエ》との相性は抜群ですね。

 


エメスレム・ルミナリエ

光文明 コスト7 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の光のクリーチャーを4体タップしてこの呪文を唱えてもよい。

■コスト8以下のメタリカを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、それをタップしてもよい。


 

 

琉瑠のコストの高さをカバーしながら、呪文の発動のためにタップしたクリーチャーの殴り返しを防ぎ、エルメレス発動のために消費した手札は置きドローによってある程度回復……と、エルメレスは《オヴ・シディアDG》よりもこの子のために作られたのではないかと勘繰ってしまう位ですね。

 

単純に、相手の全体除去から身を守るカードとしての採用も考えられます。

《テック団の波壊Go!》等の全体バウンスに対しては《気高き魂 不動》が守り、破壊には琉瑠が対応することによって自分の光のクリーチャーに超耐性を与える事が可能になります。《キラードン》や《メラビート・ザ・ジョニー》等全体除去に弱いメタリカでしたが、この子の登場でそれらに対する回答になるでしょうか。

 

メタリカ的に見た欠点

攻撃曲げクリーチャーとの相性の件について。タップしているクリーチャーに破壊耐性を与えて柔らかく攻撃を吸収するという戦術ですが、「スレイヤー」能力の存在やビッグマナ系統のトンデモクリーチャーの存在を考慮しなければ《紅の猛り 天鎖》によって早期から相手の攻撃を受けとめる事が可能になっています。

 


紅の猛り 天鎖

光文明 メタリカ

コスト2 パワー14500

■T・ブレイカー

■このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

■自分のシールドが6つ以下なら、このクリーチャーはアンタップしない。

■ラビリンス:自分のターンのはじめに、自分のシールドが相手よりも多ければ、カードを1枚引いてもよい。


 

 

天鎖を入れるスペースに困る「DG」軸のデッキならば採用の価値がありそうですね。ただし、無色クリーチャーであるDG達は、タップされていても破壊耐性を手に入れることができない事には注意です。

 

 

タップしているクリーチャーへの破壊耐性ですが、多少使い勝手は違うものの《赤攻銀マルハヴァン》でも与える事ができるという点がすこし気になります。

 


赤攻銀 マルハヴァン

光文明 メタリカ

コスト6 パワー7000

■シンパシー:コスト3以下のクリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のコスト3以下のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■自分のコスト3以下のクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーをアンタップする。

■自分のコスト4以上のクリーチャーが破壊される時、かわりに自分のコスト3以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。


 

 

あちらは他のカードに頼る事なく早期に場に出す事ができたり、コスト4以上ならアンタップ状態のクリーチャーにも耐性を与える事が可能です。カード消費を抑える事はできませんが、自身のアンタップする効果も合わせて相手の行動をしっかり縛ってくれます。

 

以上の欠点こそありますが、《エメスレム・ルミナリエ》との相性や、従来以上にビートダウンに寄せたメタリカにとって、置きドロ―と破壊耐性はかなり心強いです。

構築の時点から、自身のメタリカに琉瑠が合うのかどうか考える必要がありそうですね。

 

まとめ

全体的に見て優秀な効果を持っている事は間違いありません。ただし、他にこの子と似た役割を持つメタリカも多く存在しています。

 

採用するのであれば、この子の弱みと強みをしっかりと理解した上で、自分のデッキに合うかどうか考える必要がありそうですね。

 

 

以上。なんか白単メタリカをもう1種類作れそうなくらいにパーツが溜まってきてやや困るポフルでした。