ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《甲殻鬼動隊 セビーチェン》考察 ―新能力「キズナ」による影響がここにも【デュエルマスターズ】

さて、新能力「キズナ」のおかげで過去のカードにも日の目が当たりそうでちょっとうれしいです。ポフルです。

個人的には《記憶の紡ぎ 重音》を使って新しいメタリカの形を作れないかとヤキモキしてますが、ひとまず他のキズナ持ちが出てからですね。

 

さて、そんなキズナですが、どうせならまだまだ発展途上と先送りにしていた「キズナプラス」持ちのクリーチャー達について、1枚ずつ考察していっても良い気がしてきますね。

というわけで、青単のエキスパートの親友が「鬼動隊のおかげで青単は次のステージに進んだ」と、「気分J・O・E×2メラ冒険」発売してすぐに言っていたので、《甲殻鬼動隊 セビーチェン》について考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


甲殻鬼動隊 セビーチェン

水文明 ムートピア

コスト4 パワー4000+

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーの上にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■自分の手札が6枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+2000し、「W・ブレイカー」を与える。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

KP……カードを2枚引くか、相手のクリーチャーを1体選んで持ち主の手札に戻す。


 

 

 

考察

コスト4でパワー4000のNEOクリーチャーで、「キズナプラス」によって《エナジー・ライト》か相手限定の《スパイラル・ゲート》を選ぶ事ができるクリーチャーです。また、手札の枚数が6枚以上ならパワー6000のW・ブレイカーと、NEOクリーチャーにしては高いスペックのクリーチャーとなります。

基本的には自身の強化を目指して2ドロー効果を選択し、強化及び自軍が揃った場合にはバウンス効果となりますが、状況次第ですね。

 

能力自体は地味なものの、除去が苦手な水文明において永続的に相手のクリーチャーをバウンスできる能力は心強く、キズナプラスやキズナをうまく活用してこの子のKP能力を発動し続ける事ができれば、相手のブロッカーを気にすることなくコンスタントに攻める事が可能になります。

 

相手のブロッカーを気にせず殴る事ができるという点では、《鬼動隊 デメタイ》が、そしてデメタイを考察した記事にもある通り《大船長 オクトパスカル》の存在もありますが、相手がブロッカーを1体しか展開できていない場合はセビーチェンの方が優秀ですね……というか、デメタイとセビーチェンはどちらもキズナプラス持ちなので、併用して状況に応じて能力を切り替えるor贅沢にどちらも頂くという構築も出来ますね。

 伊勢海老にタイ。おいしそう。

 

www.dmasters-pohu.com

 

攻撃しながら手札補充としては、コストが1軽く、使い捨て能力でもなくさらに3枚デッキを掘り進めることが可能な《プラチナ・ワルスラS》の方が優秀です。

バウンス効果という差別点もデッキによっては《爆撃男》と併用できるワルスラの方が優秀とされてしまいがちです。

ここはやはりKP能力をうまく扱う必要があるでしょう。

 

キズナ能力との兼ね合い

新能力「キズナ」については以下にまとめてあります。

www.dmasters-pohu.com

 

今までのセビーチェンは、自身の効果を使い回すために「キズナプラス」を持つクリーチャーを進化状態でバトルゾーンに出さなければいけませんでした。

一応、《貝獣ヒヨク》とディスカード能力でリカバリーできる部分もありましたが、複数のカードを必要とするこの方法は安定性において少し気になる面がありました。

 

「キズナ」の登場によって、この安定性の部分は解消されそうです。

「キズナ」持ちのクリーチャーは、出しただけでフィールドのKP能力を発動することが可能です。つまり、出すだけでセビーチェンの効果を再利用できるという事になります。

 

セビーチェンがバトルゾーンに維持できていれば、キズナ持ちクリーチャーすべてが、「場に出た時、他のKP能力を使うか、カードを2枚引くか、相手のクリーチャーを手札に戻す」という効果を獲得します。

現状、キズナ持ちクリーチャーはコスト5のクリーチャーしか確認されていませんが、仮に4コスト以下のクリーチャーが出たとして、そのクリーチャーが全て「カードを2枚引くか、相手のクリーチャーを手札に戻す」という能力を獲得したとすると、コストパフォーマンス的に言えばかなり強い効果になってしまいそうですね。

 

仮に、同じムートピアのキズナ持ちが出たとすれば、《一番隊ザエッサ》とセビーチェンが揃えば、《一番隊クリスタ》と《龍装者バーナイン》もびっくりのドロー能力を獲得することになりますね。恐ろしい。

 

ビートダウンとして見てもコントロールとして見ても腐り辛い能力なことが幸いし、これから先の「キズナ」持ちクリーチャーの充実によっては思いもよらない活躍ができそうなカードになりそうです。

 

 

まとめ

「キズナ」の登場によって、この子の評価も恐らく変わってくるでしょう。

このほかにも、「キズナ」の登場によってキズナプラス持ちのクリーチャーが何かしら化ける可能性はあるので、今回の第4弾は本当に目が離せませんね。

 

 

以上。研究し甲斐があるのは良いのですが、

全国大会がもうすぐだぞ大丈夫なのか。

ポフルでした。