ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《再生妖精スズラン》考察 -旧種族復活の兆しか【デュエルマスターズ】

燃え尽き症候群を防ぐため、新たな目標を掲げてみました。ポフルです。

 

目標3が一番難易度高いですが、また色々頑張ってみようと思います。

 

さて、新章第4弾「誕ジョー↑ マスター・ドラゴン↑↑~正義の裁き~」は今週末発売ですが、その第4弾の新カード《再生妖精スズラン》がコロコロニュースにて公開されていますね。

 

 

 

カード情報

 


再生妖精スズラン

自然文明 スノーフェアリー

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分のマナゾーンに置く。


 

 

考察

かわいい

 

自身をマナゾーンから召喚できるという、マナの扱いのエキスパート、スノーフェアリーらしい能力ですね。ただし、自分のターンの終わりにマナゾーンに置かれるという効果があるので、特殊な方法を使わない限りアタッカー要員には使えなさそうです。

 

単純に2マナブーストとして扱うのが主な使い道になりそうです。

2マナブーストの枠というのは現状かなり豊富で、同種族であるスノーフェアリーに絞ってみても、

  • クリーチャーを残せないものの、目立ったデメリットもなく安定している《霞み妖精ジャスミン》
  • デメリットを持つものの、クリーチャーを場に残す事ができる《桜風妖精ステップル》

が存在しています。ここに2コストブースト呪文や、多色の2コストのマナブーストクリーチャーなども考慮に入れればかなりの数のライバルが存在している事がわかるかと思います。

 

スノーフェアリーデッキなら、序盤のマナブースト要員、豊富な進化クリーチャーへの繋ぎ、《武家類武士目 ステージュラ》の条件達成要員等、他の2コストブースト要員との併用も可能でしょう。ただし、ビートダウンが主戦術のスノーフェアリーにとって、打点要員になれないこの子の役割は、基本的にマナブーストと進化元に限定されますね。

 

この子はジャスミンと同じく場にクリーチャーを残せず、複数引き込むとチャージャー呪文のように《天使と悪魔の墳墓》に狙われるという欠点こそ抱えているものの、マナから召喚できる効果によってマナさえ払えば進化元をいつでも供給できるという強みがあります。

それ以外にも、進化クリーチャーを扱うデッキで定番の《母なる星域》や、殿堂入りこそしているものの優秀な踏み倒しカード《獰猛なる大地》による踏み倒しのサポート、毎ターンクリーチャーを出し入れできる事を利用した《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》を利用した恒久的なマナチャージや、スペース・チャージの起動など、色々な組み合わせが考えられますね。

 

ビートダウンに便利なステップル、マナを大きく伸ばすのに癖が無く最適なジャスミンとするならば、スズランは、「序盤はマナブースト要員、中盤はコンボパーツと腐り辛い」という立ち位置に属しています。

何かしらクリーチャーが必要となるような即死コンボを扱うようなデッキでは《霞み妖精ジャスミン》よりも優先される場面も出てきそうですね。

 

まとめ

テキストの短さと、なにぶん即興でコンボを考えるのが不得意な私の能力のおかげでいつもよりも短めの記事になってしまいまいしたが、そのコンボ性から将来性は高いクリーチャーと言えますね。

コンボの方法、色々考えてみるのも面白いかと思います。

 

以上。可愛いからスノーフェアリーに入れたい。ポフルでした。