ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《偉大なる魔術師 コギリーザ》考察 ―マジで偉大な魔術師【デュエルマスターズ】

さて、新弾発売前の2連続更新。どうもポフルです。

 

最後の最後にコロコロニュース様がやってくれました。トンデモ能力降臨です。

《偉大なる魔術師 コギリーザ》。無駄な前置きなど不要。ささっとその強さを考察しましょう。

 

 

カード情報

 


偉大なる魔術師 コギリーザ

水文明 ムートピア

コスト6 パワー7000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)

 KP-いずれかの墓地から、コスト7以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。唱えた後、その呪文を墓地に置くかわりに、持ち主の山札の一番下に置いてもよい。


 

 

 

考察

まずは明らかに異彩を放つこの「キズナコンプ」というキーワード能力に注目するべきでしょう。

 

キズナの究極系「キズナコンプ」

新たに出てきた能力「キズナコンプ」ですが、この能力、「キズナプラス」と比べると見た目以上にオーバースペックです。

 

キズナプラスとの違いは以下の通りです。

  • 好きな数のKP効果を発動できる。
  • 攻撃時に進化元のカードを剥がす必要が無くなった。
  • 必ずしも自分の能力を選択する必要はない。

 

真ん中の「進化元を剥がす必要が無い」という点が、今までのキズナプラスと比べて強い点の中で気づきにくい点ですね。

必ずしも進化する必要が無くなったこと、何度も効果を使うのに複雑なギミックが必要なくなった事がかなり大きいです。《グスタフ・アルブサール》のような、進化元を剥がす事が時にメリットとなるクリーチャーもいるのですが、基本的には使いやすさの面で勝っているでしょう。

 

そして、なんといっても自身のKP能力を好きな数使えるという豪快な能力でしょう。その爆発力は、同じく横に並べる事によって力を発揮するサバイバーにも見劣りしません。この子の登場によって、キズナプラス持ちのクリーチャーをあらかじめバトルゾーンに展開しておく事の重要性が増したと言えそうですね。KP能力持ちのクリーチャーで固めた「キズナデッキ」も考えられそうです。

 

KP能力もかなり優秀

この子の能力は、「いずれかのプレイヤーの墓地にある7コスト以下の呪文をタダ撃ちする」というもの。

ほんの少しの違いはありますが、《魔法特区 クジルマギカ》の強さを考えればその強さがわかるでしょう。あちらとの併用も考えられます。

 

コスト7以下ともなれば、《英知と追撃の宝剣》等様々なカードが対象になります。

特にコンボを意識せずとも、呪文主体のデッキ相手へのメタカードとしても扱えるので、基本的にはキズナコンプによる爆発の起爆剤としての採用として、使えればラッキーくらいの認識でも大丈夫そうですね。

超次元を使う相手が出てきた時用に、超次元ゾーンには汎用性の高いサイキッククリーチャーを採用しておきましょう。

 

(ちなみに、アルブサールループにおいて、《戒王の封》も合わせればアルブサールとこの子を並べて墓地にシャコとカルナックがいればループへの繋ぎが完成です。他にも色々ルートは考えられそうです。なんかおらわくわくしてくっぞ)

 

 

まとめ

 

この先、キズナ関連のデッキが開発される場合、何かしらの形で採用を考えられるようなカードですね。

他にもキズナコンプ持ちクリーチャーが出てくる可能性は否定できませんが、注目すべきカードだと言えそうですね。

 

 

以上、アルブサールの構築が大変だ。ポフルでした。