ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《"血煙"マキシマム》考察 ―ビートジョッキーにもちゃんと強化来たよ……(安堵)【デュエルマスターズ】

もうビートジョッキーの強化はジョーカーズに隠れて無くなってしまうのでは……とひそかに危惧していたポフルです。そんなことは無くて良かった。

 

 

さて、スーパーレアの《"血煙"マキシマム》の考察。していきましょう。

最近テストプレイの為ばかりでちゃんと使ってあげてなかったので、ここらでちゃんと使ってあげなきゃですね。ビートジョッキー。

 

 

 

カード情報 

 


"血煙"マキシマム

火文明 ビートジョッキー

コスト8 パワー8000

■B・A・D 3

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが破壊されるとき、代わりに自分のビートジョッキーを1体破壊してもよい。

■自分がゲームに負ける時、または相手がゲームに勝つ時、かわりにこのクリーチャーを自分の山札に加えてシャッフルしてもよい。そうしたら、このターン、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。


 

考察

ビートジョッキー初の「B・A・D 3」ですね。

これにより、8コストと速攻デッキであるビートジョッキーでも、5コストとそこそこ現実的なコストで出す事が可能になっています。

ダチッコやチュチュリスを使えば早期の召喚も視野に入りますね。

 

 普通のB・A・Dですが、自壊に関しては自身の身代わり効果も組み合わせて疑似マスターB・A・Dのように扱えますね。自身が場を離れた場合にはこの自壊デメリットそのものが発動しないという点がマスターB・A・Dに無い利点です。

 

おそらくメインとなる効果は一番最後の敗北回避能力ですね。

置換効果による勝利、すなわち《水上第九位シャコガイル》あたりのエクストラウィンを防ぐ事は不可能ですが、《究極銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》のような特殊勝利にはしっかり刺さってくれます。一直線に殴りに行く事しか脳が無かったビートジョッキーにとって、特殊勝利系統を容易にメタれるようになった事はうれしいところですね。

当然、ビートダウン相手にもビートジョッキーの貴重な防御札として活躍してくれるでしょう。

とはいえ、ビートジョッキーのガンガン攻める性質上、殴り返しの危険性もあるので過信は禁物ですね。《不敗のダイハード・リュウセイ》のように、破壊時の効果では無いので、あちらのような活躍は難しいでしょう。むしろなんであいつこんな効果なんだ

 

性質上、《爆殺!!覇悪怒楽苦》のスーパーボーナスとの相性は抜群です。

 


爆殺!!覇悪怒楽苦

火文明 コスト9 呪文

■スーパー・S・トリガー

■相手のクリーチャーを、コストの合計が8以下になるように好きな数選び、破壊する。

S-自分の山札の上から5枚を見る。その中から、火の進化でないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選び、その2体をバトルさせる。残りを好きな順番で自分の山札の一番下に置く。 


 

相手のアタックフェイズ中に出す事ができるので、この子を処理する方法は通常より限られてきます。相手としてはコスト8の割り振り火力が飛んできつつ、このターン勝てないという事でたまったものではないですね。この子を扱うなら是非入れておきたいトリガーになりますね。ただし、覇悪怒楽苦の強制バトルは強制効果なので、相手の場にパワー8000以上のクリーチャーやスレイヤー持ち、阿修羅ムカデしか残っていない場合はこの子の効果を使う前に破壊されてしまうので注意が必要ですね。

 

なにより嬉しいそのコスト

コスト8というコスト設定により、《時の法皇ミラダンテⅫ》のファイナル革命時にも召喚できます。


時の法皇 ミラダンテⅫ

光/水文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

コスト8 パワー12000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■革命チェンジ:光または水のコスト5以上のドラゴン

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしなければ、カードを1枚引く。

■ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次の相手のターンの終わりまで、相手はコスト7以下のクリーチャーを召喚できない。


 

 

従来のビートジョッキーは、ミラダンテ相手に対して《単騎連射マグナム》を立てておくしか対策方法が無く、それも《アルカディア・スパーク》《テック団の波壊Go!》で容易に対策されるという欠点がありましたが、仮にマグナムが処理されてファイナル革命を適用された後でも、完全に詰みという事は無くなりました。少なくとも動くことは可能です。

コスト8でB・A・D3。つまり5コストとそこそこ現実的なコスト設定というのもうれしい点です。

 

不利なことには変わりないのですが、ほんの少しでも可能性が見えるのはうれしいところですね。

今までも《"滅砲"戦車 ヘビーベビィ》の存在や《"必駆"蛮触礼亞》の存在によって完全に詰み状態にしない構築は可能だったのですが、2枚ともやや癖が強い事もあり、少し不安が残るものでした。反面この子は要求コストの低さも相まって他より使いやすいという利点がありますね。

 

まとめ

ビートジョッキーにしてはやや防御、メタカード寄りですが、それ故にかなり便利な一枚だと言えそうです。

元々トリガー運勝負に持っていきやすかった対ループ系デッキや特殊勝利系、コントロール系デッキに対して、さらにメタを貼る事ができるこの能力はなかなかうれしい効果です。

そしてミラダンテに対してもほんの少しの希望が持てるようになったので、その辺りもうれしいところですね。

 

 

以上。ああ。第四弾来週まで残っていますように……ポフルでした。