ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ラッシュ"ATK"ワイルド》考察 ―キズナを深めて殴って勝つ【デュエルマスターズ】

キズナ能力は使っているでしょうか。ポフルです。

 

昨日、資金を絞り出してトッキュー8に出る事ができたのですが、その時相手に使われて驚いた《ラッシュ"ATK"ワイルド》を考察しましょう。

 

 

 

 

 

カード情報


ラッシュ"ATK"ライノ

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー4000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)

 KP-自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーのこのターン最初の攻撃の終わりに、それをアンタップする。


 

 

考察

《偉大なる魔術師コキリーザ》で「キズナコンプ」が初めて情報解禁された際、かなり焦って更新してしまったのですが、ふたを開けてみればやはりというかなんというか、しっかり全文明に「キズナプラス」が配られていました。この子はその中の火文明担当ですね。

www.dmasters-pohu.com

 

 

普通に考えれば何のひねりもない、自分のクリーチャーに2回攻撃を与える効果です。……が、この子の効果が「キズナコンプ」である事を思い出してほしいです。

 

すなわち、

「フィールド上のKP能力すべてを2回まで使う事が可能」

というものになります。

 

フィールド上にKP能力持ちが展開されていればいるほど爆発力が増すキズナコンプの能力と非常にマッチした能力で、上手くいけばただクリーチャーを展開してシールドを殴るだけでアドバンテージを一気に広げる事ができるでしょう。

コストが4コストとやや軽い点に関しても、KPクリーチャーを大量展開したいこのクリーチャーにとってはメリットですね。

 

また、この子で攻撃することを考えずとも、他のキズナプラス持ちのクリーチャーへの殴り返しを防ぐシステムクリーチャーのように扱えると解釈しても良さそうです。

 

この辺りの利点を考慮すると、コンボパーツの一種に組み込むよりも、KP能力を使って相手のシールドを攻撃する事による相手のアドバンテージを無理やり取り返すと言った正統派ビートダウンでの扱いが基本になるでしょう。

 

使う際のオススメとしては以下の通りです。

  • シールドブレイクによる相手のアドバンテージを帳消しにする上に、最軽量で扱いやすい《凶鬼82号 スタフ》
  • 邪魔なクリーチャーをどかしながら攻撃するか、後続を補充できる《甲殻鬼動隊 セビーチェン》
  • 同じく邪魔なブロッカーを行動不能にできる最軽量《奇石トルコイ》
  • やや重いものの、強力なコスト踏み倒しを持つ《マイト・アンティリティ》と、それをサポートできる最軽量《ロロカゲティ》
  • 除去能力持ち《"RED"ダスター》《忠験医 グスタスク》
  • ビートダウンのスピードを上げる《ゴアジゴティ》
  • 《ファイナル・ストップ》をタダ撃ち。できなくても1ドローが心強い《記憶の紡ぎ 重音》

 

また、今回の第4弾で出てきたクリーチャーでも、

  • 組み合わせれば《ボワー汽艦ゴリンゴリ》の上位互換のように扱える《バング"BNG"ボンゴ》
  • 手札を捨てる能力との相性が良く、コストもやや現実的な《コネチカット・ヤンキー》
  • 全体の殴り返しを防ぐ《奇石 ブルーナ》
  • そのブルーナと相性の良い《青守銀 シャイン》
  • クリーチャー2体の動きを止める最軽量《貝獣 マジュガイ》
  • トリガー枠と除去を兼ねるS・トリガー持ちキズナサイクル(《集器医 ランプ》等)
  • 後続を1体補充《凶鬼23号 アラクレ》《ばーどりあん》

 

これらのクリーチャーの効果を2回使えるとなると、かなり便利だという事がわかりますね。

 

更に、他のキズナコンプ持ちのクリーチャーとの相性が良い事にも注目したいです。

特に同じコストの《超越の使い 蒼転》は、お互いへの殴り返しを防ぎつつ他のKP能力をもう2回使えるようになる……と、想像するととんでもないアドバンテージを稼げそうなカード達だと言えそうですね。

 

欠点

他のKP能力持ちがいなければ、単なる2回攻撃のクリーチャーになってしまう点に注意です。

基本的に4マナのW・ブレイカーで事足りる事になり、2体のクリーチャーを処理できる点でも多少方向性は違えどNEO進化時に3コストになる《ランド覇車ガンブルマン》に劣ってしまいがちです。

 

あくまでKP能力持ちのクリーチャーと組み合わせる事が前提のクリーチャーだと言えそうですね。

 

また、火文明のKP能力持ちはやや小回りの利かないものが多いので、いざキズナによるビートダウンデッキを組もうとすると、進化元に困る点にも注意ですね。その辺りは他のキズナプラス能力持ちやキズナコンプ持ち、もしくは《ジュースダス・タンク》に任せたいところですね。

 

 

まとめ

キズナコンプの特徴とシナジーを形成したKP能力を持っています。

 

キズナ系のデッキで、「クリーチャーを並べてビートダウンすることによってアドバンテージを稼ぐ」という方向性を大幅に強化してくれる能力と言えます。

今後新たなビートダウンデッキが生まれるきっかけになるのかもしれません。

 

 

以上。ちょっと作ってみたい。ポフルでした。