ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《バードリアント》考察―小型版ハイパー・マスティンか【デュエルマスターズ】

グランセクトの紹介しなきゃ。ポフルです。

 

《ハイパー・マスティン》を愛用する私にとって、無視できないクリーチャーが2体出てきました。

そのうちの1体、《バードリアント》を紹介したいと思います。

 

 

 

 

カード情報

 


バードリアント

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然文明のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)

 KP―自分の山札の上から2枚を見る。その中から自然のパワー12000以上の進化でないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを自分の手札に加える。


 

 

考察

キズナコンプを持ち、KP能力で山札2枚の中から自然のパワー12000以上のクリーチャーを踏み倒す事が可能です。

 

パッと見、小型《ハイパー・マスティン》と言えそうな効果です。パワーとコストが下がり、デッキを掘る枚数が2枚に、そして踏み倒せる数も1体に減りました。さらに、低パワーのクリーチャーの攻撃制限能力もなくなっています。

 


ハイパー・マスティン

自然文明 グランセクト

コスト10 パワー15000

■NEO進化:自分の自然のクリーチャーの上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からパワー12000以上の進化でないクリーチャーを好きな数選び、バトルゾーンに出す。その後、残りを手札に加える。

■相手のパワー3000以下のクリーチャーは攻撃できない。


 

 

全体的なカードパワーと爆発力は減りましたが、コストが下がっている事は明確な利点で、デッキ内容を大量のマナブーストのために偏らせる必要が少なくなり、使いやすくなりました。

 

そしてもう一つの明確な利点としては、自身の踏み倒しがKP能力である事、そして自身がキズナコンプを持っている事ですね。

 

この子自身のKP能力はかなり強力なもので、基本的には他のKP能力との併用を考慮しなくてもいいものです。

とはいえ、他のKP能力も一緒に発動できればさらに強力なものになる事は間違いないです。

 

その場合、この子の能力で安定してクリーチャーを踏み倒す事ができる構築にしつつ、一定数のKP能力持ちクリーチャーを採用する、つまり自然のパワー12000以上のキズナ能力持ちを多めに採用することで、この子の爆発力を高める事が可能となります。

 

2017/12/18現在登場している自然のパワー12000以上のキズナ能力持ちクリーチャーは、

  • KP能力でマナ送りによる除去を放つキズナ持ち《マスティーカ・パンツァー》
  • S・トリガーを持ち、KP能力で《大集結!ドングリ軍団》のような効果を放つキズナ持ち《コッツナ》

の2体ですね。

 

どちらもキズナなので、バードリアントで踏み倒した場合、自身の能力を使うのか再度バードリアントの効果を使うのかを選ぶことが可能になります。

この2体のうちどちらかのクリーチャーを出してバードリアントの能力を再び適用……を続けていけば、パワー12000以上のクリーチャーで場を満たす事も夢ではありませんね。コッツナは攻撃できませんが、NEOクリーチャーの進化元にしてしまえば問題ありません。

これ以上バードリアントの能力を使ったら、ライブラリアウトの危険性が出てくるという時に、自身の効果を使わない事を選択することも可能です。

 

他のカードとの組み合わせによっては、ハイパー・マスティン以上の展開力を見せることが可能になるでしょう。

 

差別化みたいな事をしてみましたが、その《ハイパー・マスティン》の踏み倒しを補助してみたり、逆にマスティンからこの子含むキズナ持ちを出して一気に展開するなど、この2体の相性自体は最高です。ぜひとも併用してみたいところですね。

 

 

 

まとめ

キズナ能力により、グランセクトに新たな構築の可能性を見出す事ができそうな優秀なクリーチャーです。

キズナ能力との相性はもちろん。今までの12000以上へのサポートも扱えそうなので、今後のグランセクトにおける新たな切り札としての活躍が期待できるでしょう。

 

以上。昔食べたドリアン味の飴がややトラウマ。ポフルでした。