ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《バグル・パズル》考察 ―デメリットが無いからと言って【デュエルマスターズ】

ジクソーパズルなら割と好き。ポフルです。

 

CSの結果を見ていると、《はずれポンの助》入りのジョーカーズが活躍しているらしいですね。

1ターン目ニヤリーゲットや万太郎の進化元として役に立つスペックが幸いしているのでしょう。もうはずれとは言わせない。

 

 さて、今回は《バグル・パズル》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


バグル・パズル

火文明 ジョーカーズ

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーを召喚するコストは、バトルゾーンと墓地にある自分の《バグル・パズル》1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない

■このカードは、4枚よりも多くデッキに入れることができる。


 

考察

はずれポンの助と同じく、デッキに5枚以上入れれるクリーチャーですね。

特に目立ったデメリットも無く、むしろフィールドまたは墓地の同名カードの数だけコストを減らすメリット効果を持ちます。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 「メリット効果しかないならはずれポンの助より上」と考えたいところですが、そうもいかないのがデュエルマスターズです。

  • ポンの助の方が軽い
  • ポンの助は無色サポートを受ける事ができる

ポンの助はこの2点が優秀で、1ターン目に《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》を唱えてみたり、その軽さを活かして《ワッショイ万太郎》の進化元にしてみたりとジョーカーズにおいてしっかり結果を残していたりします。

 

反面、《バグル・パズル》はコスト3。並べるか墓地に落とせば最大コストを1まで減らせますが、並べた所で何ができるのかと言われると微妙な所です。

火文明なので無色サポートも受けられず、単体ではどうあがいてもコスト3にしかならないので万太郎の進化元としてもポンの助に負けている……と、色々どうすればいいのやらというクリーチャーになりますね。

一応、《メラビート・ザ・ジョニー》の破壊効果発動条件を満たすためのクリーチャーとして考えられなくもないのですが、《ヤッタレマン》の存在が大きく、あえてこの子を使う必要も無さそうだというのも悲しいところです。

 

 

一応、デッキの中身40枚をこの子にする事によるビートダウンも可能ではあります。

手札事故等起こりようがなく、3ターン目にはこの子、4ターン目にはこの子を3体展開するという面白そうな事はできますが、自身を強化する能力を持つ《四十日鼠 チョロチュー》との差別化は必須になりますね。

あちらと違いこちらは横に並べやすいという利点はあり、40枚の中身のいくつかを《ヤッタレマン》に変えてみたり《ヘルコプ太》に変えてやることによって、それなりに質の高いビートダウンが可能となりそうですが……。

 

また、《D2P ヘビーポップ》のエクストラウィンを狙う場合、自身のコスト軽減効果が幸いして他の複数枚入れることができるカードよりも揃えやすいという利点があります。はずれポンの助では、欠点である「S・トリガーが使えない」がもろに影響するので相手のビートダウンに弱くなってしまいます。

この子を敢えて使うならヘビーポップが一番使いやすそうです。パズルらしく、パズルっぽいデッキで使えという事ですかね。手札交換ができる《勇愛の天秤》やその下位互換になってしまいますが《バッドドッグ・プレス》を使い、いつでも4体並べられる体制を整えておきたいですね。

 

なお、こういった効果を持つクリーチャー全員に共通する弱点として《天使と悪魔の墳墓》の存在が挙げられます。このこの場合、墓地に落とされた同名カードの数だけコストを減らせるので、立て直しは他のデッキよりも簡単かもしれません。

 

 

 

まとめ

同名カードを複数入れる事の出来るクリーチャーですが、尖った部分が無い分他のカードよりも役割がわかりにくいカードです。

 

横に並べる事が容易という点は他の類似カードにない利点になるので、その辺りを活かせるようなデッキで扱いたいですね。

 

 

以上、ヘビーポップのイラストはわりと彼女好きそうなんだけど、その辺どうなんだろう。ポフルでした。