ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《球を放つ者 シャケックラ》考察 ―水文明らしい面白能力【デュエルマスターズ】

キズナのデッキを組んでいるのですが、どうもうまくいかない。ポフルです。

単色の方が上手くいく気がするのですが、実際どうなんでしょう。

 

さて、そんな気難しいキズナ能力を持つ《球を放つ者 シャケックラ》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 

球を放つ者 シャケックラ

水文明 ムートピア

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■クリーチャーを手札から捨てた時、NEOクリーチャー1体の下に置いてもよい。

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-カードを3枚引く。その後、自分の手札を2枚捨てる。

 

 

考察

KP能力は《サイバー・チューン》ですね。

 

優秀な能力ではあるものの、それだけではかなり地味な能力になってしまいます。

この子の真価は、前半の能力にありますね。

 

前半の効果により、自分の手札のクリーチャー全てに《貝獣 ヒヨク》の効果を与える事ができます。自身がKP能力を持っている事もあり、キズナ能力、特にキズナプラス持ちのクリーチャーを強力にサポートする効果になりますね。自身のキズナ能力で自身のKP能力を発動すれば、一気に2枚のクリーチャーをNEOクリーチャーの下に置くことができる事もうれしいですね。

 

コストは6とやや重めで、そういう意味では全体的にビートダウン向きのスペックを持っている水文明のキズナプラス持ちとのかみ合わせが悪い気もしますが、《一番隊 ザエッサ》によるコスト軽減や《甲殻鬼動隊 セビーチェン》の能力や《貝獣アンモ》による手札維持能力も合わさって、見た目ほどの使いにくさは感じなさそうです。

水文明でキズナによるビートダウンを行うデッキにおいては、「恒久的に進化元を補充するシステムクリーチャー」と考えるよりも、「終盤に場に並べたキズナプラス持ちクリーチャーの弾を一気に補充するクリーチャー」と考えた方が良いかもしれませんね。

 

 

しかしどうせなら、ちょっとしたコンボを組み込むのも悪くなさそうです。

自分の手札のクリーチャー2体を進化元にすることができるクリーチャーとして見ると、退化を考えたくなりますね。同じく退化戦術を考えたくなる《ジュースダス・タンク》とは文明の違いで差別化しておきたいところです。

 

例えば、この子を出して退化させたいクリーチャーを《魔法特区 クジルマギカ》の下にでも仕込み、クジルマギカで攻撃時に《龍脈術 落城の計》でを唱えてクジルマギカを退化させればオーケーです。

クジルマギカでなくても《偉大なる魔術師 コギリーザ》でもこのコンボは達成でき、文明の違いや呪文を唱える場所の違いを考慮しなければ《記憶の紡ぎ 重音》でも使えます。

 

 出すクリーチャーについては……色々考えましょう。なんのひねりも無く《完全不明》でも大丈夫です。

 

まとめ

水文明らしく、ちょっと変わった戦い方が期待できそうなカードですね。

キズナプラスを使うデッキにとってはちょっとした革命時にもなり得そうなので、気にしておくといいかもしれませんね。

 

 

以上。キズナプラスは面白い。ポフルでした。