ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ヤッタレ総長》考察―火文明ジョーカーズの差別化のポイントとなるか【デュエルマスターズ】

ジョーカーズのデッキは、他の文明のジョーカーズが出てからかなぁって感じのポフルです。

 

初登場以来、無色カードによるビートダウンという今までに無かったタイプのデッキとして話題を呼び、CSでもそこそこの活躍を収めているジョーカーズ。

ですが、実際に環境に適応できているのは無色のジョーカーズのみ。火文明ジョーカーズは限定構築戦においては適応できているものの、その不安定性や、無色ジョーカーズの《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》のような便利カードが無く、やや不遇な立ち位置にいると言って良いでしょう。

 

そんな火文明ジョーカーズに今回、《ヤッタレ総長》という火文明ジョーカーズが現れました。

これは火文明ジョーカーズが無色ジョーカーズに勝てる要素になり得るのか否か。考えていきましょう。

 

 

カード情報


ヤッタレ総長

火文明 ジョーカーズ

コスト3 パワー3000

■自分のコスト7以上のジョーカーズを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0にならない。

■バトルゾーンにあるカードを、自分の山札の一番下に置いた時、、カードを1枚引く。


 

考察

明らかに《ヤッタレマン》の先輩的な立ち位置のクリーチャーで、サイズが大きくなり、ヤッタレマンに少し似たコスト軽減能力と、自分のカードがバトルゾーンからデッキボトムに置かれた時にドローするシステムを持ちます。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》をはじめとする大型ジョーカーズ、それもフィニッシャー級ジョーカーズのコストを減らす事ができますね。とはいえ、コスト軽減が7コスト以上のクリーチャー限定だという事を考えると、ドロー効果を活かせなければ《パーリ騎士》の方が使いやすいでしょう。

 

 

メラビートの他、J・O・E持ちのクリーチャーの中でフィニッシャー級のクリーチャー達は全てコスト7以上です。さらに、J・O・E能力のデメリットで《ヤッタレ総長》のドロー効果が発動できる事を考えると、明らかに火文明主体のジョーカーズ向きの能力と言えますね。

《カメライフ》との相性はなかなかで、コスト軽減の範囲にこそ入っていないものの、相手のクリーチャーを1体焼きながらターンの終わりに2枚ドローとなかなかのアドバンテージ獲得能力を持ちます。

 


カメライフ

火文明 ジョーカーズ

コスト5 パワー2000

■J・O・E 1(このクリーチャーを、コストを1少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこれを山札の一番下に置く。下に置いたらカードを1枚引く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

 

その他、軽量J・O・E持ちクリーチャー達が疑似《エナジー・ライト》を持つようになると考えると、《メラビート・ザ・ジョニー》のために手札の質を高めたい火文明ジョーカーズにとってはありがたい能力になりますね。

一番軽量のクリーチャーで《ボチボチ旦那》。コスト3のスピードアタッカーで、ターンの終わりに自身をデッキボトムに戻して2ドロー。火文明にしては悪くないドロー能力です。

 

手札が整った後は《メラビート・ザ・ジョニー》のコストを軽減して召喚をサポートする……と、なかなか器用な一枚ですね。

 

現状、序盤の手札総数を増やす能力は《ヘルコプ太》に依存しているジョーカーズですが、構築と扱い次第ではヘルコプ太の負担を減らすカードになり得るでしょう。

 

まとめ

J・O・Eの器用さを後押しする1枚で、今後の火文明ジョーカーズの強さを押し上げる可能性を感じる一枚です。

火文明ジョーカーズに挑戦している方は、このカードも考察してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。J・O・Eずるい。ポフルでした。