ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《チキン・タッ太》考察 ―そんな事より私のお腹の話【デュエルマスターズ】

 メリークリスマスです。ポフルです。

 

今日と明日は、クリスマスらしいクリーチャーの考察をしたいと思っております。

今回は《チキン・タッ太》を考察したいと思います。

 

 

 

 

カード情報

 


チキン・タッ太

火文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー5000

■J・O・E 2

■スピードアタッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。


 

考察

J・O・E2を持ち、出た時の効果でブロッカーを破壊するクリーチャーですね。

 

1コスト上には似たような性能の《ドッカン!ゴートッQ》が存在しています。そちらとの差別化を考える必要はありますね。とはいえ、メジャーなブロッカーの減った現環境ではどちらも力不足感は拭えないでしょうか。

 

www.dmasters-pohu.com

 


ドッカン!ゴートッQ

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー8000

■J・O・E2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚しても良い。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。


 

 

ゴートッQは攻撃時の効果。こちらは出た時の効果なのですが、ブロッカーの除去を行うデッキは大抵ビートダウン。2打点を稼げるあちらの方が優位です。

基本的にビートダウンの火文明ジョーカーズにとって、この中途半端なスペックのクリーチャーを使うよりはゴートッQの方が優先できるでしょう。

 

 

…….なんにしても、ブロッカーの減った現環境では不遇な立ち位置です。

 

 

 

まとめ

全体的に、中途半端で不遇なクリーチャーですね。

 

どちらかと言えば、「チキンタツタ」が立ったから《チキン・タッ太》みたいな駄洒落感と、ジョーカーズならではのイラストと季節感をお楽しみいただくカード以上の評価はできなさそうです。

 

 

余談。私の胃腸と私の好みがアンチシナジー

 

このブログを見てくださっている方ならご存じの事ですが、私、

ジャンキーなものが好きなのです。

 

で、私それこそ毎日ラーメンでも……いや、1日おきでラーメンでもいいのですが、そうすると

私の胃腸が大暴走するのです。

 

なんか刺激物に過剰反応するのか、どんどんお腹が暴走して死んでしまうのです。

 

だから何が言いたいのかと言うと、

クリスマスにチキンをおなか一杯食べれない。

 

 

……だれか、このお腹を何とかする方法を、お願いします。

ポフルでした。