ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《卍デ・スザーク卍》考察 ―ついに表舞台に立ったマフィ・ギャング【デュエルマスターズ】

ちょっと最近、新しいデッキよりも古いデッキを組むことにモチベーションが行っているポフルです。

 

そんな私ですが、別バージョン第4弾の新たなマスターカードの情報が……結構前から公開されてはいたのですが、ひとまず公開されているので今回考察しようと思います。

 

かなりカッコいい子ですが、その実力はどんなものでしょうか。

 

 

 

 

カード情報

 


卍デ・スザーク卍

闇文明 マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング

コスト8 パワー9000

■無月の門:自分の魔道具をバトルゾーンに出した時、自分の魔道具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚以上の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■このクリーチャーの下に4枚以上カードがあれば、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。


 

 

考察

 

ついにきましたね。マフィ・ギャングのマスターカード。

ドラゴンでは無くどちらかと言えばデス・フェニックス等のフェニックスを彷彿とさせるデザインです。(私的にはドラゴンよりもフェニックスの方が好き)マスター・ドル「スザク」という種族からも、朱雀、すなわち鳥系のクリーチャーだという事がわかりますね。

 

さて、「魔道具」という聞いた事のないカードを対象とした効果「無月の門」を持っていますが、「魔道具」はなんてこともない種族に「魔道具」を持つクリーチャーですね。コロコロコミックにその詳細は載っています。

無月の門は、自身を踏み倒す効果ですが、それには魔道具をフィールドおよび墓地に2枚ずつ要求します。さらにその魔道具は自身の下に置かれるので、2体目以降を出すにはそれ相応の展開と墓地肥やしを必要とする点もあり、同名カードを何枚も出すのは骨が折れそうです。その点ではなかなかの調整と言えそうです。

魔道具の効果がしっかり把握できるまで出すまでのターン数は分かりませんが、少なくとも最速4ターンと見て間違いなさそうです。現在いくつかの魔道具クリーチャーの存在がわかっていますが、その効果はコロコロコミックを確認していただければと思います。なかなか優秀な効果のクリーチャーがいますよ。

 

スザークのみをカード指定除去で除去した場合、下のカードは残るのか残らないのかが気になるところですが、ひとまず保留でも問題ないでしょう。

 

8コストで出す場合、サイズが大きいくなってトリガーが無くなった《凶殺皇 デス・ハンズ》というスペックです。優秀ではあるのですが物足りないので。やはり無月の門で出す事が前提のクリーチャーになりますね。

進化クリーチャーでは無いので召喚酔いは当然ありますが、出た時の確定除去により攻撃できないことに関しては気にならなさそうです。

 

そして特に怖いのがこのクリーチャーの下にカードが4枚以上ある時に、相手のクリーチャーをタップインを強制する効果です。

《百族の長 プチョヘンザ》のマナ制限がなくなった能力……というか、《永遠のリュウセイ・カイザー》ですね。ビートダウンに強く刺さり、クリーチャーで相手をコントロールしていくデッキにもそれなりに刺さってくれます。

 

こちらのデッキが相手のクリーチャーを除去できるデッキであれば、ビートダウンはこの1枚で一気に劣勢へと追い込まれてしまいます。この子自身が確定除去を持っている為、すでに出ているクリーチャーに対しても容易に対処可能と、そのスペックの高さがうかがえますね。

 

 元々長期戦に強い能力である「ハンデス」「墓地回収」「確定除去」に長けた闇文明にとってこの能力は、さらに制圧力を高める嬉しい能力になります。さらに、無月の門の能力によって墓地からも召喚できる事も、長期戦に向いた嬉しい点の一つですね。

墓地肥やしの過程で墓地に送られても気にならない点の他、破壊されてもまた条件を整えれば復活できるという利点にもなります。

 

魔道具が一定数必要な関係から、現状のマフィ・ギャングにそのまま突っ込むわけにはいきませんが、無月の門の発動に成功すれば、今までのマフィ・ギャングとはまた違う制圧力を見せてくれる頼もしいクリーチャーになってくれるでしょう。

今後の魔道具に注目ですね。

 

まとめ

マスターカードらしく、デッキコンセプトになり得る魅力的なクリーチャーですね。

今後の魔道具の情報によっては大会レベルのカードにもなるクリーチャーだと考えられます。

 

ついに背景ストーリーにて暴走を始めそうなマフィ・ギャングですが、今後のデュエル・マスターズの動きに注目です。

 

以上。また彼女のデッキが強くなりそうだ。ポフルでした。