ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《蓄積する者 アルコウス》考察 ―蓄積された魔力サポートだが……?【デュエルマスターズ】

魔法使いになれるならまずは自分の運を上昇させるような魔法が欲しいポフルです。

 

さて、マフィ・ギャングやらメタリカやらジョーカーズやらが盛り上がっているなか、目立った動きを見せてこなかったムートピアも少しずつ特徴的なカードが見つかってきています。

今回考察する《蓄積する者 アルコウス》もその1枚ですね。コロコロニュースにて紹介されました。

 

今まで纏まりがないと言われてきたムートピアの救世主となるのでしょうか。

 

 

 

カード情報

 


蓄積する者 アルコウス

水文明 ムートピア

コスト8 パワー6000

■このクリーチャーの召喚コストを、自分の墓地にある《蓄積された魔力》と名前にあるカード1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■ブロッカー

■W・ブレイカー


 

 

考察

《蓄積された魔力》関連のサポートとなります。

 

 


蓄積された魔力

水文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■カードを1枚引き、その後、自分の墓地にある《蓄積された魔力》1枚につき、カードを1枚引く。



蓄積された魔力 パーノレ

水文明 ムートピア

コスト3 パワー1000

■このクリーチャーが破壊された時、自分の墓地にある《蓄積された魔力》と名前にあるカード1枚につき、カードを1枚引く。


www.dmasters-pohu.com

 

この子自身は「蓄積された魔力」と名の付くカードでは無いので、パーノレの効果を強化する事はできません。

この子にできるのは、今まで蓄積されてきた魔力を使って自身のコストを軽減する事だけですね。

 

さて、割と大きい事を冒頭で言った割には、そのスペックはパワー6000のブロッカー持ちW・ブレイカー。

これだけでは使う意義を感じられない。

 

現環境は何も特別な事しなくてもパワー6000以上のW・ブレイカーが出てくるなんて普通の光景で、しかも持ち合わせている能力はW・ブレイカーと噛み合わないブロッカー能力。

これが最小1コストで出てくるのはうれしいところですが、その労力を考えるとデッキコンセプトにするには淡泊すぎますね。

 

この子を使う場合、そのコストの大きさに注目したいところです。

仮に2ターン目以降毎ターン魔力を蓄積できるようなデッキ構築にしておけば、5ターン目にこの子出す事ができます。もし3ターン目に《サイバー・チューン》や《貝獣アホヤ》を使っているなら4ターン。それまでに《神出鬼没ピットデル》でパーノレを落とす事ができればもっと素早く召喚する事ができますね。

 

そして場に出たアルコウスに対して、コンボデッキのお供《ヒラメキ・プログラム》を打つ事ができれば、9コストのクリーチャーを場に出す事が可能になります。

敢えてムートピアクリーチャーを出す事を考えても、《水上第九院シャコガイル》と《I am》というムートピアの二大切り札がその対象に入ります。

 


水上第九院 シャコガイル

水文明 ムートピア

コスト9 パワー13000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードを全て山札に戻してシャッフルする。

■相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。

■自分の山札の最後の1枚を引くとき、ゲームに負けるかわりに勝つ。



I am

水文明 ムートピア/スペシャルズ

コスト9 パワー15000+

NEOクリーチャー

■バトルゾーンに自分のムートピアが5体以上あれば、このクリーチャーのコストを支払わずに召喚してもよい。そうしたら、自分の進化でないクリーチャーをすべて手札に戻す。

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■これがNEO進化クリーチャーなら、パワーを+10000し、「ワールド・ブレイカー」を与える。(「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを全てブレイクする)


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

前者はデッキを山札に戻すという能力が《蓄積された魔力》との相性が悪いですが、《蓄積された魔力》をメインとするデッキなら基本的にデッキを掘り進める事に長けている筈なので、エクストラウィンの達成には困らなさそうです。

後者は特に相性が良く、魔力蓄積要員として《戦略のD・H アツト》や《貝獣アホヤ》などの場に残るクリーチャーを使っているならスムーズにNEO進化が可能です。さらに、自身の能力での踏み倒しではないので、自分のクリーチャーをバウンスする必要も無いです。

ムートピアに拘らないのであれば、他にも様々なクリーチャーがいるので、色々試してみるのも良いでしょう。

《ヒラメキ・プログラム》は殿堂入りですが、魔力を蓄積する過程である程度の墓地肥やしができる事、アツトやノロン↑を扱う事を考えれば、《蝕王の晩餐》をリペアとして扱う事も考えられそうです。

 

その他にも、《Dの悪意 ワルスラー研究所》《転生スイッチ》などコストを参照する踏み倒し能力との相性は良いです。

踏み倒したいカードを手札に握る必要こそあるものの、手札の入れ替えが得意な水文明ならば比較的容易でしょう。

 

比較対象の存在

コスト、文明が同じかつ手軽なコスト軽減能力を持つ《アクア・ライブラリアン》との差別化は欲しいところです。

 


アクア・ライブラリアン

水文明 リキッド・ピープル/ハンター

コスト8 パワー4000

■自分のマナゾーンにあるクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストは1少なくなる。

■このクリーチャーはブロックされない。


 

こちらはクリーチャー主体のデッキなら容易にコスト軽減が可能になります。

いちいち魔力を蓄積する必要も無く、毎ターン必ず行うマナチャージに気を使うだけでコスト8のクリーチャーを4ターン目に出す事が可能になります。

 

手軽な手札交換や墓地肥やしをコスト軽減の準備の過程で行う事ができるという点、もしくは呪文主体のデッキでも使えるという点で差別化すべきでしょう。

もしくは、こちらは最悪2打点出せるという点での差別化も一応できるのでしょうか。

 

今後の蓄積された魔力

気になるのは、《蓄積された魔力 パーノレ》のフレーバーテキスト。

 

 「海底遺跡から発掘された魔力は、パーノレなどの貝獣に蓄積される。魔力が充分に蓄積されると、その絶大な魔力量から特別な称号が与えられている」

 

 

おそらくこの魔力が蓄積されたというのがアルコウスだと思われるのですが、おそらく他にも魔力が蓄積された貝獣は存在するでしょう。

最上級の称号を手に入れた貝獣は……果たしてどんなクリーチャーなのでしょうね。

おそらく今回この子が紹介されたのは、「この子強いぜ!!」みたいな意味ではなく「今後色々な《蓄積された魔力》関連のカードが出てくるぜ!!!」なんていう意味での紹介だったのでしょう。

その子が紹介されるまで、ムートピア使いの方は気長に待っているのもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

《蓄積された魔力》のサポートとして出てきましたが、そのスペックは淡泊の一言。

 

今後の《蓄積された魔力》の動きに注目したいところですね。

 

以上。私にも魔力蓄積されないかな……ポフルでした。