ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ルネッザーンス》考察―こういうのを待っていた【デュエルマスターズ】

 「よっしゃ!メタリカで彼女のマフィ・ギャングと勝負や!!」と息巻いてたら、《キラードン》やら《阿修羅サソリムカデ》にボッコボコ。ポフルです。

あいつら《卍デ・スザーク卍》無しでも十分強いからね??

 

そういう書き出しをして、マフィ・ギャングかメタリカの考察でもしようかと思ったのですが、なんだかジョーカーズ事情が気になったので、コロコロニュースに掲載された《ルネッザーンス》を考察しますね。

 

ふざけた名前のわりになかなかの実力者ですよ。

 

 

カード情報

 


ルネッザーンス

火文明 ジョーカーズ

コスト10 パワー9000

■J・O・E2

■相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに置いてもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からジョーカーズをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。


 

 

考察

ジョーカーズのマッドネスクリーチャーですね。

 

相手のカードによって手札から捨てられる時の効果としては《ヴァーニング・ヒーター》が存在していました。

 


ヴァーニング・ヒーター

火文明 ジョーカーズ

コスト10 パワー12000

■J・O・E 2

■スピードアタッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップする。その後、相手のシールドを1枚ブレイクする。

■相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、このクリーチャーが自分の手札から捨てられた時、相手のクリーチャーのパワーの合計が6000以下になるように好きな数選び、破壊する。


 

《ルネッザーンス》は、場に出た後はバニラ同然かつブレイク数をヒーターよりも1少ないという欠点こそありますが、何よりうれしい事に《ルネッザーンス》はハンデスされる時にバトルゾーンに出す事ができるという事ですね。

 

ハンデス対策のカードとして考えた時に、6000の割り振り火力のみか、場にパワー9000のW・ブレイカーを出せて、さらに最大3枚の手札補充。

どちらが心強いかと言われればもうわかりますよね。

 

元々《メラメラ・ジョーカーズ》やら《ヘルコプ太》やらとにかく手札補充能力の高かったジョーカーズでしたが、この子の効果によってさらに手札補充能力が増加します。それどころか、《メラビート・ザ・ジョニー》のために手札を整える必要がある火文明ジョーカーズにとっては対策必須だったハンデス対策までしてくれるという心強さ。

 

コスト10のクリーチャーとして、もしくはJ・O・Eによってコスト8となるクリーチャーとして考えると、決定力のなさは気になりますが、J・O・E持ち故に《メラビート・ザ・ジョニー》で踏み倒しができ、メラビートで消費した手札をタイムラグ無しで補強できる事はかなり心強いですね。

 

4枚入れるのも良いとは思いますが、そうなるとデッキのスペースが心配になります。ハンデス相手でない時は他に優先したいJ・O・E持ちクリーチャーも多いので、その辺りは自身の周りの環境や、自分の構築と相談でしょう。

個人的に火文明ジョーカーズに2枚は入れておきたいカードですね。

 

 

相手がハンデスでない時でも、《メラビート・ザ・ジョニー》との組み合わせによって腐り辛いという点が、他のマッドネスに無い最大の利点です。

メラビートを使わない無色ジョーカーズにとってはナッシングゼロもニヤリー・ゲットも拾えず、ニヤリーゲットでこの子を拾えず、ナッシングゼロの能力を阻害し……と、微妙な所です。

ニヤリー・ゲットによる手札補充能力の強さによって、火文明よりはハンデスに強いので、それでもハンデスが怖いという時に何枚か刺すくらいで良いかと思います。

 

まとめ

火文明ジョーカーズにとってはハンデス対策として優秀かつ、メインとなるメラビートによるワンショットを阻害しない札になり、優先度はなかなか高いです。

 

決定力は他のJ・O・E持ちに劣るので、そこをどうするのかはデッキ構築者の腕の見せ所ですね。

 

 

以上。またメタリカもう少し調整しましょ。ポフルでした。