ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ウィザード・チャージャー》考察―二種類目の水文明コスト3チャージャー【デュエルマスターズ】

最近、どうしようもなくベイブレードにはまってしまい、この楽しさを誰かに伝えたいと思ってしまっているので、

もういっそのことデュエマ以外の趣味の事が書けるブログを別で作ってしまおう

とちょっと計画中。ポフルです。

 

このブログの更新と並行するつもりではあるので、新しいブログを立ち上げるからと言ってこちらをおろそかにするつもりは無いです。ご安心ください。

 

さて、今回はコロコロニュースにて明らかになっていた新カード《ウィザード・チャージャー》を考察しましょう。

 

 

カード情報

 


ウィザード・チャージャー

水文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から2枚を見て、そのうちの1枚を自分の山札の一番下に置く。

■チャージャー


 

 

考察

水文明にとっては2種類目のコスト3チャージャー呪文ですね。

今まで水文明の3コストチャージャー呪文は《ピーピング・チャージャー》しかありませんでした。

 


ピーピング・チャージャー

水文明 コスト3 呪文

■相手のシールドをひとつ見る。

■チャージャー


 

 

《ピーピング・チャージャー》も《ウィザード・チャージャー》も、チャージャー能力以外でカードアドバンテージを増やす能力ではありませんが、相手のシールドを1枚見るという能力よりも自身のデッキトップ操作ができる能力の方が汎用性が高いですね。

「水の3コストチャージャーが欲しかったけれど《ピーピング・チャージャー》はその限定的な能力故に使いたくなかった」という方にとってこのカードの登場は朗報と言えそうですね。

 

とはいえ、水単色のデッキでマナブーストがしたいのであれば、多色ではありますが2コストの《電脳鎧胄アナリス》が存在しています。

 


電脳鎧胄アナリス

水/自然文明 ジャイアント・インセクト/サイバーロード

コスト2 パワー2000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。

 →自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

 →カードを1枚引く。


 

 

自然文明のカードも採用しなくてはならないという欠点こそありますが、水と自然の多色カードには《怒流牙 猿飛の超人》をはじめマナブーストや手札補充能力に長けた優良クリーチャーが多く存在しています。

 


怒流牙 猿飛の超人

水/自然文明 ジャイアント/アースイーター/シノビ

コスト4 パワー3000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■ニンジャ・ストライク5

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。その後、カードを1枚自分の墓地からマナゾーンに置く。


 

よっぽど「準青単ではなく完全な青単が良い」というこだわり、及び多色カードを入れない事に意味のあるようなデッキ構築でなければこれらの多色カードの方が優先されるでしょう。

 

もしくは、この子の能力を有効活用できるようなデッキで扱う必要がありますね。

 

デッキトップ操作とデッキボトム操作

《ウィザード・チャージャー》の能力であるデッキ操作ですが、これは「無駄なカードをドローする確率を減らす」「デッキを1枚掘って切り札を引きやすくする」という能力としてデッキの安定性を高める事にも繋がりますが、それなら《シークレット・クロックタワー》や《エマージェンシー・タイフーン》等のドロースペルを使った方が効率的ですし、マナブーストの観点からして見ても、1コスト上とはいえ上記《怒流牙 猿飛の超人》や、似た効果の《フェアリー・シャワー》を使う方が効果的です。

 

上記カードよりも優先してこのカードを扱う利点として考えられるのは、「マナブーストをしながら、山札に置いておきたいカードをデッキボトムというまず引き込む心配のない場所に置いておくことができる」という点でしょう。

 

デッキに特定のカードをしまっておく事が利点となるカードとしては、お馴染み殿堂カード《ヒラメキ・プログラム》がありますね。

 


ヒラメキ・プログラム

水文明 コスト3 呪文

■自分のサイキックでないクリーチャーを1体破壊する。その後、自分の山札の上から、その破壊されたクリーチャーよりコストが1大きいクリーチャーが出るまで、カードを全てのプレイヤーに見せる。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。


 

 

また、《クイーン・アマテラス》で使いたいカードをデッキボトムに置くという使い方もできます。

 


クイーン・アマテラス

水文明 ナイト/サムライ/オリジン

コスト8 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からコスト6以下の、クリーチャーでないカードを1枚選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。山札をシャッフルし、その後、そのカードを手札からコストを支払わずに使う。


 

 

アマテラスエンジンにおいて重要な《フォース・アゲイン》や《龍素知新》をデッキにしまっておくことができるのは良いですね。同じような使い方で、ジャスティスループにおいて、デッキ内に《龍素知新》が残っていなかったために負けるみたいな負け方を回避する事にもつながります。

 

以上の事を踏まえると、デッキ内からカードを踏み倒すタイプのコンボデッキとの相性は良好といったところでしょうか。同じような使い方ができる《シークレット・クロックタワー》《サイバー・ブック》とはチャージャー能力によって差別化が可能です。相性の良いデッキが見つかればいい潤滑油としての働きが期待できそうですね。

 

まとめ

あまりに淡泊な効果故に敬遠されがちな効果ではありますが、現状水文明のコスト3チャージャーの中では一番実用的です。

また、一部コンボデッキとの相性が良さそうなので、使うならその辺りのデッキに採用しておきたいですね。

 

以上。休日あたりにちょっとブログの準備します。ポフルでした。