ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《デデカブラ》考察―また露骨な……【デュエルマスターズ】

第三弾以降、マスティンのデッキを改造できておらず、ちょっと不満げポフルです。

 

第4弾にて、コスト1のグランセクトが収録されるということがコロコロニュースで明らかになったので、マスティンのデッキで採用できるかどうか期待しながら考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


デデカブラ

自然文明 グランセクト

コスト1 パワー12000

■このクリーチャーは攻撃できない


 

 

考察

1コストでパワー12000と破格の攻撃力を持つクリーチャーです。

その分デメリットとして攻撃できないと、自分のブログ以外の場所からのコピペ禁止令している私にとって楽わかりやすいデメリットが搭載されていますね。

 

攻撃できないとはいえ、その役割は多岐にわたります。

  • デッキの中身のパワー12000以上のクリーチャー比率を増やす事
  • 進化元として
  • 《Dの牢閣メメント守神宮》とセットで1マナ12000のブロッカーに
  • 《界王類七動目 ジュランネル》と同じく《天風のゲイル・ヴェスパー》のお供

 

前半二つの為だけにこの子を入れるのはやや抵抗があるので、やはり最後のゲイル・ヴェスパーとの相性を意識したいですね。

 


天風のゲイル・ヴェスパー

自然文明 グランセクト

コスト10 パワー12000

■W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー(このクリーチャーを召喚するコストは、バトルゾーンにあるパワー12000以上のクリーチャー1体につき2少なくなる。ただしコストは0以下にならない)

■T・ブレイカー

■自分の手札にあるクリーチャーすべてに「W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー」を与える。


 

 

とはいえ、この子を入れるとなると《界王類七動目 ジュランネル》との差別化は考えておいて損はなさそうです。

 


界王類七動目 ジュランネル

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン

コスト1 パワー24000

■このクリーチャー、バトルゾーンにタップして置く。

■自分のマナゾーンに自然のカードが6枚以下しかない場合、このクリーチャーをアンタップできない。

■ワールド・ブレイカー


 

 

あちらは特定条件下で圧倒的打撃力を得る事ができます。その条件も《ジーク・ナハトファルター》《コレンココ・タンク》を採用しているなら楽な部類です。

アンタップする頃には《古代楽園モアイランド》等のトリガー封じのためのクリーチャーも並んでいる筈なので、本来スーパー・S・トリガーの危険性が高いワールド・ブレイカーという能力も気になりにくいでしょう。

 

こちらを優先する利点としては、上記の上から3番目の利点。《Dの牢閣メメント守神宮》との相性にありますね。

既に《デスマッチ・ビートル》がその強さを見せつけていますが、そちらだけでは足りないという時に便利になりそうですね。メメントを採用しているなら一考の価値ありです。

 

 


デスマッチ・ビートル

自然文明 ジャイアント・インセクト

コスト2 パワー13000

■ガードマン

■このクリーチャーは攻撃できない。

■相手のターン中に、相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーとそのクリーチャーをバトルさせてもよい。


 

 

この子とジュランネルで1コストパワー12000以上のクリーチャーを8枚体制にするというのも決して悪くはありません。《天使と悪魔の墳墓》が気になるという場合に、あちらとこちらで2枚ずつのような配分にしてリスクを減らすという手段も十分にありですね。

 

とりあえず露骨なほどに《天風のゲイル・ヴェスパー》との相性が良いので、活躍の場はそちらになるでしょう。

マスティンのデッキでは……素直にマナブースト要員増やした方が良いんじゃないかなぁ……。

 

まとめ

1マナでパワー12000。攻撃できないと、コンボに使う事前提の能力になっていますね。

そのコンボができそうなグランセクトの中でもゲイル・ヴェスパーとの相性は良く、ジュランネルと合わせて墳墓避けや序盤の動きを安定させる事に繋がるので、使いたい方はできれば取っておきたいですね。

 

 

以上。マスティン……ポフルでした。