ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《夢のジョー星》考察 ―プロモが……欲しいです……【デュエルマスターズ】

WHF入場者特典《夢のジョー星》のイラストが超かわいいので彼女が欲しがっています。ポフルです。

中学生以下ではないからなぁ……。

 

そんな《夢のジョー星》。ちゃんと通常パックにも収録されているのでしっかり確認しておきましょう。

……落書き版ではないけれどね!!!!

 

カード情報

 


夢のジョー星

無色 コスト5 呪文

■コストを支払うかわりに自分のジョーカーズを4体タップして、この呪文を唱えてもよい。

■自分の山札の上から4枚を見る。その中から1枚ずつ、自分の手札、山札の一番下、マナゾーンに置き、もう1枚を山札の一番上に戻す。


 

 

考察

昨日に引き続き、特定のクリーチャーを4体タップすることで発動できる呪文ですね。

 

能力はジョーカーズ版《フェアリー・シャワー》と言ったところでしょうか。

コンボデッキ気味のジョーカーズにとっては、4枚のカードに干渉できる点が嬉しいところですね。マナコストを支払うことなくマナブーストができるという事でなかなか面白い事を予感させる能力でもあります。

 

《フェアリー・シャワー》よりも1コスト高いですが、その分デッキトップの操作ができる事や《パーリ騎士》から繋がる事を考えると手打ちも悪くはなさそうですね。

《フェアリー・クリスタル》のような、デッキ内を無色で固める事にメリットがあるカードを使ってマナブーストをするデッキに採用しても面白そうですね。

 

毎度おなじみヤッタレパーリヘルコプと繋げた場合、ヘルコプ太の効果でドローしたカードの中に2コストジョーカーズがいればこの呪文を即座に唱える事が可能です。

そして上記の通り使用可能のマナが1枚出来上がるので、ヤッタレでのコスト軽減を用いてさらに

クリーチャーを展開できる可能性がある……と、なかなか侮れない実力を持っている事がわかりますね。

 

序盤に唱えてワンショットの準備を整える他、デッキトップを《ジョジョジョ・マキシマム》等の高コストカードにして《ジョット・ガン・ジョラゴン joe》で割り振り火力を超強力にする、そのジョラゴンをデッキの中から掘りだす、マナのジョーカーズを増やす事で《王盟合体サンダイオー》の焼却効果や《ジョジョジョ・マキシマム》のG・ゼロを有効にする等、序盤から終盤まで腐りにくい能力になっています。マナブースト系やドロー系の能力は終盤に腐りやすいという欠点がありましたが、その辺りをジョーカーズクリーチャーの特性がカバーしてくれているというカードになりますね。

個人的には《ジョット・ガン・ジョラゴン joe》との併用がオススメですね。ジョラゴンの課題をデッキトップ操作のおかげで一気に解消してくれそうですし、ジョラゴンをデッキトップ4枚の中から掘り出してくれる他、ジョーカーズが6体並んでいればジョー星で増やしたマナを使って即座に召喚可能とかなりの相性を誇ります。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 


ジョット・ガン・ジョラゴン joe

無色 ジョーカーズ・ドラゴン

コスト9 パワー12000

■バトルゾーンに自分のジョーカーズが6体以上あれば、このクリーチャーのコストは1になる。

■スピードアタッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにして手札に加える。それらのコストの合計以下になるように、バトルゾーンにある相手のカードを好きな枚数選ぶ。相手はそれを好きな順番で自身の山札の一番下に置く。


 

 

終盤でも腐り辛いと書きましたが、自身のクリーチャーをタップするためにフィニッシュ前に打つと打点が足りなくなりそうだという意見はありそうです。しかし元々《ジョジョジョ・マキシマム》や《破界秘伝ナッシング・ゼロ》、マスター・W・メラビート等、オーバーキル並みの打点を形成できるジョーカーズにとってはそこまで気にならないでしょう。

 

難点があるとすればデッキスロットでしょう。既に完成されているジョーカーズにこのカードを入れるスペースがあるかどうかです。

とはいえ、かなり便利な呪文であることには変わりないので、一部カードの採用枚数を減らしてでも入れる魅力はありそうです。

 

まとめ

序盤の準備、コンボの形成、ジョーカーズの効果の条件を満たす等、ジョーカーズデッキでは序盤から終盤まで様々な役割を期待できそうなカードです。

 

使いこなす事ができればかなり心強い味方になってくれることは間違いなさそうですね。

 

以上。これを機にゴッド・ノヴァ組むのも面白そうだとちょこっと思い始めたポフルでした。