ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「誕ジョー!マスター・ドルスザク!!~無月の魔凰~」新規カード採用型「コントロールジョーカーズ」【デュエルマスターズ】

今日は新弾発売なので、しっかり新デッキを構築。ポフルです。

 

今回は個人的に注目している《あたりポンの助》を使った、新たな形の「コントロールジョーカーズ」を脳内構築したいと思います。

 

 

 

デッキ内容

 

ヤッタレマン 4

チョコっとハウス 4

ツタンカーネン 2

ヘルコプ太 4

洗脳センノー 4

あたりポンの助 4

ジョット・ガン・ジョラゴン 2

バイナラドア 4

ハクション・マスク 4

ジョジョジョ・マキシマム 3

ゼロの裏技ニヤリーゲット 4

 

 

デッキの詳細

基本的には普通のコントロールジョーカーズと同じような感じでしょうね。

ヤッタレマンやチョコっとハウスでしっかり大型を出す準備を整え、ヘルコプ太やニヤリー・ゲットで大量ドロー。ここまでは同じです。

 

このデッキでは、トリガー獣封じである《消王ケシカス》を《あたりポンの助》へと変更し、呪文封じとD2対策を兼ねる《ゴールデン・ザ・ジョニー》を《ジョジョジョ・マキシマム》と《ジョット・ガン・ジョラゴン》へと変更しました。

《破界秘伝ナッシング・ゼロ》を《ジョジョジョ・マキシマム》へ変更したことも大きいでしょうか。

 

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

 

《あたりポンの助》はケシカスよりも重いですが、相手のトリガー封じと相手のコンボデッキ系統への徹底的なメタにもなり得ます。

一回限りの能力でない事がケシカスに勝る点で、このカードで詰みに持っていかれるデッキもそれなりにあるでしょう。

ただし、使うプレイヤーの知識が試されます。

 

そして《ジョジョジョ・マキシマム》と《ジョット・ガン・ジョラゴン》ですね。

 

マキシマムで、自分のクリーチャーを強化して相手のシールドを一網打尽にしつつ、呪文のS・トリガーを封じ、《あたりポンの助》で主要S・トリガー獣を宣言しておけばそのクリーチャーによる逆転劇も封じます。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》はドロー能力とその除去能力で相手の場を荒らします。D2フィールドを事前に除去しておけば勝利も近いでしょう。

 

今までのコントロールジョーカーズよりも、より相手のプレイに干渉できるような構築になっていますが、その分《あたりポンの助》で宣言するカードの選択や、どのカードの除去を優先するのか等考える事は多いです。

やや上級者向けのジョーカーズと言えそうですね。

 

いつも通り、紹介していないカードの詳細を書こうかと思ったのですが、今回は割愛。

基本的には横に並べやすいジョーカーズを主に採用して《ジョット・ガン・ジョラゴン》や《ジョジョジョ・マキシマム》の発動を補助できるようにしています。

トリガーも、相手の攻撃を止めやすいクリーチャーを採用しました。

 

ちょっと今回はこんな感じで許してください。

 

欠点

《あたりポンの助》が重要なウェイトを占めているので、プレイヤーの知識が問われるデッキになります。

また、そのポンの助が出る前に勝負が終わる危険がある速攻デッキは天敵です。

 

そしてポンの助の効果の都合から、4枚積みのカードが少ない上級者のコントロールデッキを相手取る場合かなりきつくなります。むしろテンプレ通りのデッキの方が戦いやすいというものです。

 

その辺りはしっかり考慮してデッキの調整をすべきでしょう。

 

まとめ

だれか腕に自信のある方、このデッキをベースに調整したもので勝ってみてください。

そんな感じで、かなり可能性を感じるデッキです。

 

私ジョーカーズ関連のカードはほとんど手元に残っていないので、もしジョーカーズを使っている方は是非。

 

 

以上。上級者デッキ大好きポフルでした。