ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《集器医 ランプ》《夜の集器医 ランプ》考察―ランプは二度目だけどももう一度【デュエルマスターズ】

闇が絡むキズナデッキではほぼ必須だと思われるこの子ですが、彼女はちょっと嫌がってました。ポフルです。

うーん。わからん。

 

《集器医 ランプ》と《夜の集器医 ランプ》。これまでに引き続きキズナトリガーの考察になります。

 

この子達がどんな風に強いのか、改めてのものも含めて確認していきましょう。

 

 

カード情報


集器医 ランプ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト5 パワー1000

■S・トリガー

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分クリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP―バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-5000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)



夜の集器医 ランプ

闇文明 マフィギャング

コスト4 パワー1000

■S・トリガー

キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分クリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP―このターン、相手クリーチャーすべてのパワーを-1000する。


 

考察

集器医ランプ単体考察

 

www.dmasters-pohu.com

 基本的に言いたい事はここに詰めてあります。

ここに書いてない事と言えば、キズナ関連の能力でこの子の効果を使い回す事ができれば、相手の大型クリーチャーも葬る事ができるという、KP能力特有の利点がわかりやすいクリーチャーだという事ですね。

そもそもパワー低下能力自体、一部耐性をすり抜けて破壊してくれる能力になるので、それを連打できることはかなり嬉しい点になってくれるでしょう。

《煌龍 サッヴァーク》や《赤攻銀 マルハヴァン》による破壊耐性はすり抜けてくれます。

夜の集器医ランプ単体考察

パワー低下が全体になった代わりに、数値が-1000とかなり控えめになってしまいました。コスト4とより軽い事は利点ですが、普通にトリガーしてもほとんどの場面で役立たずです。

なんども使い回す事前提の能力だと言えますね。

 

もしくは、《希望の親衛隊ファンク》等の永続的なパワー低下を出しておいて、この子をトリガーさせてスリップダメージで倒すという使い方もあるでしょうか。

 

幸い《アラン・クレマン》や上記《集器医 ランプ》、《グスタフ・アルブサール》とトリガーした時に発動したい能力はたくさんあるので、その辺りとの組み合わせを意識しつつ、刺さりそうなときは自身のパワー低下を選ぶという使う方が主になるでしょう。

 

闇のキズナトリガーとして

前者は効果が優秀なトリガーとして、後者は軽いKP能力起動要員としてなかなかに優秀な能力を持っています。

どちらの能力もパワー低下と、一度場に出した後にキズナ関連で使い回してあげれば相手の場を壊滅に持っていく事も夢ではありません。

 

闇のKP能力は、《アラン・クレマン》の確定除去、《凶鬼82号 スタフ》のハンデス、《グスタフ・アルブサール》の蘇生と、闇らしく強力な物が多く、それらの効果を出ただけで起動できるというこの子達は、かなり嬉しい能力である事に間違いないでしょう。

 

当然、アルブサールループの始動要員としても優秀なので、アルブループではコンボ要員兼除去札として縦横無尽に活躍してくれそうです。

 

光のシャインたちは、その軽さと防御能力を目当てに他文明に出張される事がありそうだと書きましたが、こちらはパワー低下能力の強力さの割にはそこそこ軽いという面が評価されて出張する機会がありそうです。闇文明の強力なKP能力目当てで闇文明を入れたいという場合にも採用しやすいですね。

軽さのシャイン。盤面荒らしのランプ。どちらを取るのかはプレイヤーの好みでしょうね。

 

まとめ

強力な効果を持ちつつ、コストもそこそこ軽いという事でなかなか汎用性の高い2体だと言えそうですね。夜の方はやや使いにくいですが、何度も使い回してあげれば相手の場のウィニーくらいは全滅させる事ができそうです。

 

以上。しかし我らが彼女。腕が何本もあるのでかわいいというわけが分からない理屈で納得したようです。ポフルでした。

もうわからん。