ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《"RED"ダスター》考察 ―なんかこう、すごく惜しい子【デュエルマスターズ】

キズナ強化月間。駆け足過ぎて一ヵ月残り3分の1残した状態で終わるのではないかとひそかに心配しているポフルです。

いや、それまでに新情報くらいは来るかもしれないですが。

 

今回考察するのは、キズナプラス持ちの《"RED"ダスター》です。

 

……一応、なるべく良いところにスポットを当てて考察するというのが私の密かな方針だったりするのですが、今回ばかりは難しそうです。

 

 

 

カード情報

 

"RED"ダスター

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー6000

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

 

考察

ひとまず言いたい事としては、

パワーを参照する火力にはそこまで期待できない

という事ですね。

 

火文明のキズナプラス持ちでW・ブレイカーですが、火力の範囲が6000とやや貧弱です。この火力がどんなデッキに刺さるのかを考えれば……評価もまぁわかりますよね。

 

この子以上に火力の範囲が狭い《ランド覇車 ガンブルマン》が何故評価が高いのかと言えば、コスト軽減と軽減した時のコストと比べたパワーの高さ、コスト軽減の方法の緩さがその評価の秘訣だったりしますが、ダスターはそのどれも持ち合わせていませんね。

 

挙句、闇文明に《アラン・クレマン》というクリーチャーが出てきてしまった事も向かい風です。

www.dmasters-pohu.com

 


アラン・クレマン

闇文明 マフィ・ギャング

コスト6 パワー8000

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)

 KP-相手のクリーチャーを1体破壊する。


 

あちらは同じコスト6にしてパワー8000。破壊するクリーチャーに制限もなく、挙句単体でも回数制限の無いキズナコンプ。ダスターの不憫な事。

 

刺さるデッキに刺さる事は間違いないです。

上手くキズナの力で使い回してやれば、軽量のデッキに対してはそれなりの強さを発揮できるでしょう。ただ、その刺さる相手が限定的だという事を考えると、使う必要は出てくるのだろうかと言った感じですね。

 

どうしても使うなら、パワー低下のランプ達との併用が必須になりそうです。

 

www.dmasters-pohu.com

 

ランプと一緒に使えばその火力の範囲を11000にまで伸ばす事ができます。12000にまで届ければ御の字なんですけれど。

……しかしここでも立ちふさがる《アラン・クレマン》。ランプが闇文明なことも考えれば同じ文明の《アラン・クレマン》使った方がという事になるのは明白です。

 

 

他の強力なKP能力を使うために使うなら、最軽量のキズナプラス持ちを使えば良いという結論になります。とにかくそのコストの重さと限定的な除去が災いして、数あるキズナ関連のカードの中でもダントツの使いにくさを誇る……と言っても良いでしょう。

 

 

言いたい放題に言ってしまいましたが、パワー6000以下のクリーチャーを主に使うデッキ相手ならいい仕事をする事は事実として書いておきましょう。トッキュー8ではこの子の除去に助けられた人もそれなりに多い筈です。また、キズナビートダウンにおいて色合わせ兼打点として採用したい場合もあるかもしれません。

それらを踏まえると、もしかしたら……くらいですかね。

使いたいなら、この子へのたくさんの愛を持って私以上に考察してあげてください。

 

まとめ

とにかく扱うのが難しい子で、活躍させたい場合は流行のデッキを把握し、自身の火力の範囲がどんなデッキに刺さるのかを考える事は必須です。

 

はっきり言って、この子を使いこなすのは修羅の道です。それでも扱いたいという方に対して、少しでもこの記事が役に立てばと思います。

 

以上。火文明のキズナの明日はどっちだ(2回目)。ポフルでした。