ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マイト・アンティリティ》考察―キズナを繋ぐのに必須疑惑【デュエルマスターズ】

 

というグランセクトで非公認でたら、龍装バスターにボコボコにされました。ポフルです。

知ってた。

流石にジャック・アルカディアス採用型には勝てぬ。

 

という出だしではありますが、現在キズナ強化月間。

出し惜しみしていた《マイト・アンティリティ》の考察に移りましょう。

一応グランセクトなのでセーフ。

 

 

カード情報

 


マイト・アンティリティ

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー8000

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを2体、自分の墓地からマナゾーンに置く。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-コスト4以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

考察

自然のキズナプラス持ちSRですね。キズナプラス持ちとしては珍しく、キズナプラス及びKP能力以外にも効果を備えています。

 

NEOクリーチャーとしては珍しく、6コストにしてパワー8000と良好のコストパフォーマンスですね。"RED"はこの点でもアレさらに、墓地のクリーチャーを2体マナゾーンに置くことができ、キズナプラスと、あらゆる点で自然文明らしいクリーチャーですね。

 

マナ加速効果は、クリーチャーを多く並べたいキズナ関連との相性が良いです。積極的に狙っていきたいところですね。

KP効果について

下準備が必要とは言え、出ただけで2マナの加速。良好なコストパフォーマンスとそれだけでもなかなか良いクリーチャーではありますが、注目したい点はやはりKP能力です。マナゾーンからコスト4以下のクリーチャーを呼び出す効果を持ちます。

 

コスト制限によって小型のクリーチャーしか出せないとはいえ、単純に踏み倒し能力は強力ですね。

更に使い回しの出来るKP能力なので、《グスタフ・アルブサール》のように何かしら工夫すれば無限ループに持ち込む事も不可能ではなさそうです。

ただし、アルブのように自身を踏み倒す事はできないので、その無限ループの構築難度は高めですね。一応色々なやり方が考案されてはいますので、興味があれば調べてみるなり考案してみるなりするのが良いでしょう。私もコッツナで偶然考える事ができたので、考える事自体は容易かもしれませんね。デッキという形にするのが難しそうですが。

 

キズナ能力、及びキズナコンプとの相性は抜群です。

特にコスト4以下のキズナ及びキズナコンプ持ちとの相性は最高の一言です。

コスト4以下のキズナ持ちをアンティリティの効果で出せば、キズナ能力でアンティリティの効果を発動し、さらにクリーチャーの展開ができます。さらにキズナ能力を出す事を繰り返せば、自身のマナゾーンにあるキズナ能力持ちをすべてバトルゾーンに出すという事ができますね。

そしてキズナ持ちを展開した後、キズナコンプ持ちである《超越の使い 蒼転》または《ラッシュ"ATK"ワイルド》を出せば、展開したキズナ持ちのKP能力とアンティリティの効果をすべて一度に使う事ができます。

 

 

キズナを扱うビートダウンの「数並べる事によって爆発力があがる」という点を強力にサポートする能力になりますね。

 

今まではキズナプラスの「攻撃しなければならない」「単体では一回きりの能力」というキズナプラス特有の使いにくさが災いして、かなり難しいカードになっていましたが、カードプールの増加に伴いキズナやキズナコンプという相性の良いカードが出てきた事により、かなり使いやすく強いカードになったのではないかと思いますね。

 

自然文明として

自然のキズナコンプ持ちは《バードリアント》のみです。

バードリアントのKP能力はグランセクトらしい「パワー12000以上のクリーチャー」をサポートする能力になっているので、他のキズナデッキとは少し違うデッキになってしまいます。パワー度外視の小型のクリーチャーを並べるキズナデッキとの相性はやや悪いです。

 

その事もあり、自然文明単色で小型クリーチャーによるキズナデッキを組む場合、《マイト・アンティリティ》は必須カードとして考えて良いでしょう。

自然単色でなくとも、混色する際に自然のカードを扱いたいのであれば、そのデッキのエース、もしくはサポートそして扱う事も十分考えられますね。

墓地肥やしができる為、前半のマナ加速能力との相性が抜群な水及び闇。キズナコンプクリーチャーである蒼転との相性が良く、さらに蒼転の弱点である打点の低さを解決できる光文明。同じく《ラッシュ"ATK"ワイルド》の相性が良く、《バング"BNG"ドンゴ》で多少の墓地肥やしもできる火文明……と、すべての文明との相性が良いですね。

 

 

 

……今後要考察部分と言えますが、

キズナデッキを組む際、混色する場合には必須カードとして考えてもいいのかもしれません。

 

そう考えても良いくらいに、キズナ関連の能力そのものとのシナジーが強いですね。

 

まとめ

必須カード疑惑が出てきましたが、そのくらい他のキズナ能力とのシナジーが強いカードです。

マナブースト、展開能力、打点そのすべてがビートダウン及びキズナ関連能力と噛み合っている為、自然文明に限定せずともキズナプラス能力持ちの中で一番の汎用性と言えるかもしれませんね。

コスト6という点もなかなか良い感じです。アルブのような重さもなく使いやすいです。

 

今後のキズナ関連カードとは切っても切れない関係にあるのかもしれません。

 

 

以上。非公認大会の参加賞金券をこの子に貢いだポフルでした。

衝動買いに近かったけれど実質タダでしたし。いいですよね。