ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《足跡の絡み 汰弧》考察―守り向けのようなキズナクリーチャー【デュエルマスターズ】

 

ポフルです。

……このブログでは、ちゃんとシンプルに殴るビートダウンを紹介した後で、応用編としてそういう面白デッキを紹介しようと思ったんですが……。

脳内おかん「先に応用編出来てどうすんの貴方!!!!」

 

……なるべくシンプルを目指して、《足跡の絡み 汰弧》を考察したいと思います。

 

 

 

 

カード情報

 


足跡の絡み 汰弧

光文明 メタリカ

コスト5 パワー5000

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。


 

考察

シールドを増やすKP能力のキズナクリーチャーですね。

そのままでは《奇石 クローツ》に負けてしまうのでうんたらかんたら。

 

キズナコンプが殴る度にシールド追加、キズナ能力持ちが任意でシールド追加……と、防御面ではかなり頼りになるクリーチャーになりますね。単体で使う場合には使いにくさが目立ちますが、キズナ関連との併用で良い仕事ができそうです。

 

ライバルはむしろクローツよりも《気高き魂 不動》な気がしますね。

 


気高き魂 不動

光文明 メタリカ

コスト6 パワー6500

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。

■自分のクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地以外のゾーンに置かれるとき、かわりにバトルゾーンにとどまる。


 

1コスト上になりますが、NEOクリーチャーが殴る時のシールド追加、そして破壊以外への耐性を自軍全体に付与します。

 

キズナコンプクリーチャーは全てNEOクリーチャーです。もう少し言うなら、キズナプラス持ちクリーチャーもすべてNEOクリーチャーなので、自軍の攻撃時にシールドを増やす能力持ちと考えた場合には不動の方が優秀ですね。ついでとばかりに《テック団の波壊Go!》やプチョヘンザ等の厄介な全体除去耐性を付与できる事も、軽量クリーチャーによるビートダウンがメインになりがちなキズナにとっては追い風です。

 

不動と比べた時に汰弧が優る点は、攻撃時の効果では無いキズナ能力に対応する点でしょう。

特にS・トリガー持ちキズナクリーチャー達との相性は良く、安定して相手の攻撃を受けとめる事が可能になります。

 

と、差別化について語ってみましたが、どちらも採用するという選択肢も十分にありですね。対ビートダウンの汰弧、自身が攻める時に心強い不動と、お互いが欠点をサポートしてくれそうな予感です。

2体の効果でシールドの増える数も2倍と、防御面はガッチガチですね。メタリカ的にはラビリンスのサポートにもなるので中々良い感じです。

 

 

この手のシールド追加カードにありがちな「相手がシールドに一切触らないタイプのデッキだった時に腐る」という点を、キズナ関連であることがしっかりカバーしてくれている事も評価点ですね。

 

フィールドにKP能力持ちクリーチャーをしっかり並べる事ができていれば、それらクリーチャーの能力を使う選択肢が出てくるというのが、ライバルとの最大の差別点と言えるでしょう。

 

まとめ

単なるシールド追加能力として見た場合、色々と劣る部分が多く感じます。

上手くキズナ持ちである事を活かしてあげればなかなかの輝きを見せてくれるでしょう。

 

以上。普通のビートダウンとは。ポフルでした。